【シンプルなおしゃれとは?】シンプルの見せ方について

さりげない。

無駄がなく洗練されている。

シンプルなお洒落を表現できている状態。

目指すところのお洒落である。

ではこの「シンプルなおしゃれ」をする為には何が必要なのだろうか?

掘り下げてくわしく見ていこう。

シンプルなお洒落をする為には

シルエット

サイジングが決まらないと、どんなに良いブランドで良いアイテムをセレクトしてもお洒落からは遠ざかる。ここがキマらないと格好良くはならない。服によって合わせやすいバランスは異なる為、全体でどういうシルエットになるか考え、揃える必要がある。

【サイジングと着こなし】サイジングがキマればお洒落(おしゃれ)は完成する
サイジングが良いとは? よくファッションの記事やサイトで「サイズ選びが大事」などと目にすることがある。 アイテム...

カラー

派手な配色、色の使いすぎは避ける。全身を3色以内で着こなす。無彩色(白、黒、グレー)を上手に使う。好きな服の色が自分に似合う色か確認しながら決める。

【白スニーカーの着こなし】履くメリットとコーディネートの考察
白スニーカー(ホワイトスニーカー)について モノトーンのスニーカーはシンプルにコーディネートをしていく上で重要な位置に...

無地を極める

柄物を選択肢からはずす。柄に頼らず服の素材、シルエット(サイジング)カラーリング、着こなしで表現する。他の要素が決まってないのに柄に頼るとバランスがくずれアラが目立つ。

体型にあった服を

細身体型なのに全身ダボダボのルーズシルエット、がっちり体型なのにピタッとしたタイトシルエットは選ばない。強みを生かす。細身ならば部分的にボリュームを持ってきて綺麗に見せる。がっちりならばスッキリ見せて細見えさせる。

以上はお洒落全般で重要な点であるが特に「シンプル」で考えるのであればここはシビアに行きたいところ。

シンプルに見せる

シンプルな着こなし

前述したことは着こなしをしていく上での基本である。しかし単に無地のものを着たり、3色に絞った着こなしをすれば格好良くなる訳ではない。

それなりに見えてくるのだが、普通止まりというか抜群なお洒落にはならない。(稀にハイセンスな方はいるがそれは例外)

色々な記事やサイトではの表面的な服の着こなしのみを解説している場合が多く、しっかりその通り合わせてるのに特にシンプルでまとめようとすると「まあまあ」にしか見えないことが多い。

プラス何が必要なのかというと。もっと色々な要素が絡んでくる。

髪型: シンプルな着こなしを目指していく場合に髪型に関しては特に注意したい。ここさえ押さえる事が出来ればほぼほぼお洒落になっている。(眼鏡、帽子などの小物使いは二の次で行きたい)

細かく言えばまだまだあるのだろう。複雑には考えたくないが、シンプルな着こなしを目指すのにも必要な要素は多い。

シンプルの見せ方にこだわる。

シンプルこそカラー選定が重要

【パーソナルカラーと自己診断】男性にも知って欲しい似合う色のセルフチェック
お洒落(おしゃれ)における色の話。 お洒落を効果的に表現していくには色(カラー)の要素は絶対に外せない。 そ...

シンプルな着こなしは髪型(ヘアスタイル)に依存する

【おしゃれはヘアスタイルから】髪型がキマらないとお洒落もキマらない
シンプルなお洒落とヘアスタイル シンプルなお洒落(おしゃれ)がしたい。そう考えている。 シンプルなお洒落とは? ...

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!