【スプリングコートG2】キャンバス白スニーカーの名品を履く

ホワイトキャンバススニーカーを選ぶ

スプリングコート。

と言ってもステンカラーやトレンチ等の春物コートの事ではない。

ひとつは持っておきたいと考え選んだキャンバス白スニーカーのブランドとその靴の話。

白スニーカー(ホワイトスニーカー)についての考察はこちら

【白スニーカーの着こなし】履くメリットとコーディネートの考察
白スニーカー(ホワイトスニーカー)について モノトーンのスニーカーはシンプルにコーディネートをしていく上で重要な位置に...

スプリングコート(SPRING COURT)について

スプリングコート(SPRING COURT):1930年にパリのグリメゼンヌ家がラバーブーツを製造したのをきっかけに開発を進めテニスシューズを発表。このシューズが話題となり、1936年に「バネのように跳ねる」と「テニスコート」を意味するブランドスプリングコートは誕生した。

スプリングコートG2のスニーカー。白キャンバススニーカーの定番

代表作はG2クラシック。白のキャンバスタイプで有名なモデル。インソールのクッション性はまさに「バネのよう」。特徴としては靴底が二重構造で側面に通気穴が設けてあり(特許)ムレを防いでくれる。

取り外し可能なインソールはほのかにミントの香りが付けてあり(消臭効果)実に洒落の利いたディテール。

ジョンレノンやセルジュゲンズブール、ポールウェラー等ミュージシャンや俳優など幅広く愛用されてきた伝統的なスニーカー。

今回キャンバス白スニーカーが欲しくて選んだのだが試行錯誤しこのスプリングコートG2に行き着いた。

ではこのスプリングコートを選んだ理由について、掘り下げていこう。

スプリングコートを選んだ理由とポイント

 1. 春夏に使えるローカット→ 春夏メインに使うとすれば求めるのは爽やかなスニーカー。重苦しいものは季節的にも適さない。色は真っ白でくるぶしを出したり明るいソックスを見せてもサマになるものを。必然的にローカットが選択肢に入る。

出典:wear

 

2. コンバース以外→分はコンバースが好きである。もしコンバースで選ぶならオールスターならば生成りのハイカット。ジャックパーセルは白のキャンバス地。普遍的魅力があるこの2足で間違いない。しかし、定番で格好良いのは承知の上だが今回は少しだけセレクトをひねりたい。

3. キャンバス地と軽快なデザイン→ 春はもちろん、夏にも履くとなるとキャンバス地の清涼感が魅力的。サンダルまでは履きたくない微妙な気持ちを受け止めてくれる。スプリングコートは良い意味でいかにもなルックスとなっている。

4. キレイすぎないカジュアルすぎない→ 白スニーカー自体が清潔感があって夏にピタリとはまる。デザイン次第ではキレイにもカジュアルにも振れる。ちょうど真ん中あたりで汎用性があるものが欲しかった。適度に丸みを帯びたフォルムが特徴。

白スニーカーの着こなし

5. 流行に左右されない→ スプリングコートは詳しい方にとってはメジャーなブランドに当たるかもしれない。しかし、一般的にはそこまで浸透していない。セレクトショップでたまに置いてある程度。流行り廃りがない為長い目で気兼ねなく使える。

スプリングコートスニーカーのデザイン

 
 
 スプリングコートG2はフランスのスニーカー
 
 
 
 

サイズはフランス表記で40(25.0〜25.5センチ)を選択。これより大きい踵が浮きいてしまう。かといって小さいと甲がきつくなる為これ以上は落とせないジャストサイジング。

【参考マイサイズ】オールスターは7インチ。adidasガセルは7ハーフ(25.5センチ)を着用。

所有のスニーカーによる着こなしのローテーション

【靴は何足必要か?】靴から考える着こなしのローテーションについて
靴は何足必要か? 皆さまは靴を何足お持ちだろうか? 答えはもちろん皆それぞれ。 同じものを愛用するため2、3足...

インソールのクッションが見事ではきごごちはすこぶる良い。まさに跳ねるようにフカフカ。ローテクスニーカーだからと甘くみてはいけない。スプリングコートを着用し改めてそう感じている。

 

 
スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!