【スラックスをカジュアルに穿く】お洒落な人は当たり前に穿いている

スラックスのイメージ

スラックスといえば。

● スーツのズボン

● 折り目のあるパンツ

● ビジネスカジュアルの服装の人が穿いているパンツ

一般的イメージはこんな所だろうか。

あまりお洒落に興味がない人からしてみればスラックスは「ビジネスで穿くようなパンツ」ぐらいにしか思わない。

このスラックス。

使いこなす事によりコーディネートがグッと幅を持ち構築しやすくなる。

これはカジュアル服での扱い方が革靴と酷似しているから。

カジュアルだからこそ使いやすい革靴

【デニム(ジーンズ)に革靴】カジュアル使いの着こなしとコーディネート
デニムにはスニーカーを合わせる。 当たり前にそうしているし相性から考えても鉄板な組み合わせ。 何故ならジーンズは...

今回はそんなスラックスとカジュアルにおける着こなしについて見ていこう。

スラックスとは?

スラックス(slacks):「ゆるい」と言う意味を持つ。

ゆとりのあるウールやコットン地の薄手のパンツでフォーマルやビジネスで使われる事が多くスーツのズボンも一般的にはこう呼ばれる。

元は女性用のズボンを指していたが今となってはもちろん男性用のものもスラックスと呼ばれている。

やはりイメージされるのはスーツのズボン。

ビジネスやそれに準ずるビジネスカジュアルなどにはマッチするものの、普段使いをするには少し難しく感じてしまう。

ビジネスカジュアルについて

【ビジネスカジュアルは曖昧】どこからどこまで許される?
曖昧なビジネスカジュアル その機会はある時急におとずれる。 「服装はビジネスカジュアルで」 ビ...

身近に感じているジーンズやチノパンに比べかしこまった作りのスラックス。

はたしてカジュアルにおいて使えるアイテムなのだろうか?

さっそく掘り下げて見ていこう。

お洒落な人はスラックスが万能である事を知っている

実はカジュアルにおいてのスラックスはお洒落の幅を広げ、着こなしそのものを格上げできる貴重かつ重要なアイテム。

しかしお洒落な人だけがこういう事を知って着こなし、格好良くキメている。

今まで穿いた事のない人にとってのスラックスは折り目付きでかしこまっているし、素材的にかっちりしたものも多い。

だからハードルが高い。

出典:pinterest

何より、スラックスそのものがよく分からないから穿けない。

もちろん合わせ方も分からない。

しかし、本当は非常に便利かつ簡単に使うことができる。

そうスラックスは初心者が思っているより簡単。

スーツのズボンだし難しいのでは?

実際に穿いてみるまではそう感じていた。

しかし、スーツのズボンにも使われるものだから組み合わせやすい。

キレイに穿くパンツだからこそ着こなしやすいのだ。

その理由について見ていこう。

スラックスの着こなしが簡単な理由

1. きれいなイメージ構築が容易→ カジュアル寄りになりやすいコーディネートにスラックスを取り入れるだけできれいな雰囲気が作れる。

ラフなアイテムで全身を固めたとして、それでもスラックスを1点投入すればきれいにコーディネートする事も可能。

2. スニーカーにも合わせやすい→ カジュアルといえばスニーカー。

特にコンバースを始めとするローテクとの相性が非常に良い。

お互いの特性がミックスされ、きれいなスラックス、スポーティかつカジュアルなスニーカーを両方引き立てる。

スラックスのコーディネートは簡単

3. スタイルを良く見せることができる→ 折り目(クリース)により縦ラインが強調され、足長見せの効果がある。

「きれい」を象徴するディテール。スラックスには余計な装飾や不要なパーツは無く、足のラインもスッキリと見せる事ができる。

以上、蓋を開けてみるといつも穿きなれたデニムより、着こなしという点では使いやすい部分が多々ある。

スラックスを使ったコーディネート

ナイロン系フードブルゾンとカットソーにスラックス。

スラックスの着こなしとコーディネート

スウェットやパーカ、Tシャツなどのカジュアルアイテムと合わせることでかえってバランスよくまとまる。

ジーンズやチノパンなどあわせがちな所に折り目つきのスラックスを差し入れることでキレイな印象に。

出典:wear.jp

スラックスであればワイドパンツを取り入れてもすんなりと使う事ができる。

カラーの絞り込みとパンツ以外をコンパクトにサイジングにする事ですっきりとまとめている。

スラックスはカジュアルの着こなしにおける名バランサーである。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!