【リーバイス501 90年代 USA製の色落ち】淡いブルーデニムを目指す

デニムといえばリーバイス501

リーバイス501。

言わずと知れたデニムの基本、ジーンズの教科書そのものと言っても良いだろう。

出典:https://www.levi.jp

自分はデニム好きがきっかけでお洒落(ファッション)に興味を持った。

だから501のおかげで今ここにいるようなものである。

「たかがジーパン」ではあるが自分にとっては「たかが」で済ます事もできない。

ジーンズに思い入れがつよいと言った方が良いだろう。

お洒落のきっかけはデニム

【お洒落(おしゃれ)のきっかけ】デニムと出会う
自分がお洒落(おしゃれ)に目覚めたきっかけはデニムだった。    デニムと出会う それはまだ自分が学...

今回はそんなジーンズにおける永遠のベーシック。リーバイス501と自分が所有する90年代ものの色落ちについて見ていく事にする。

501は時代によってかたちを変える

デニムの基礎であるリーバイス501。

現在に至るまでずっと同じという訳ではなく製造された年や地域、企画などによってそのかたちを変える。

【リーバイス501 90年代 USA製の色落ち】淡いブルーデニムを目指す

変遷や違いについては本当に膨大で細かい話になる為ここでまとめるのは難しい。

少しだけ触れさせてもらうと大まかにはディテールとシルエットの違い。

リベットやステッチなど、ディテールに関しては以前必要だったものが省略され技術の進歩によって細かい部分の補強や機能性が増していった。

シルエットに関しては、昔になればなるほど太いシルエットだったが時代が進むにつれて細身のものへ変化していった。

単なる労働着からファッションを意識したものに変化していったといえる。

つまり、同じリーバイス501でも時代やモノによって仕様が異なるという事。

90年代リーバイス501(米国製)の色落ち 

現在所有のリーバイス501は5、6年ほど前に古着でリジットに近い状態で購入したもの。

あまり深く考えず気が向いた時に穿いていた。

トップボタン裏の刻印は553で米国工場の証

トップボタン裏の刻印は553で米国工場製と確認できる。

トップボタン裏の刻印が5–というように500番台であれば米国の工場で生産されてものになる。

今となっては希少になっていくばかりの米国製501。

色落ちの現状と着用環境

色落ち状況と着用環境について

全体的に青く色落ちしている

現状と着用環境

ジーンズ:リーバイス501

着用時間:1600時間

洗濯:数しれず(2、3回穿くたび洗っている)

色落ち方針:メリハリにはこだわらずフラットな色落ちを

着用環境:ロールアップ穿き・室内8割

ファーストウォッシュまで半年空け。二度目の洗濯からは2、3度穿いたら洗うを繰り返している現状。

青み重視のクリーンな色落ちを。

ヒゲ、ハチノスも気にしない。アイスブルーの淡い色合いまでダメージ無しで進めていこう。

 

リーバイスはとにかく色落ちしない(もちろん穿き方もあるだろう)。とてもゆっくり。デニムを所有してここまで頻繁に洗いながら穿くのは初。

リーバイスレギュラー501の色落ち

ヒゲは出ない。

ノリが落ちた状態で穿き始めているしかなり洗っているので当たり前だろう。

ウエスト28インチ、縮みきった状態で手のひらが入る程度。フィットはほどほど。それもありキツイヒゲはできない。

リーバイス501の色落ち

座りが多い為バックだけやたらに落ちている。

洗い方、穿き方に関係なくパッカリングはよく出ている。たまに乾燥機に放り込む事もあるがその影響も考えられる。

適当に穿き適当にすすめる色落ち。

色落ちにこだわらない

生地的にはいわゆるタテ落ちするわけではないし、セルビッチもないので特有のアタリも出ない。

裾もシングルの為チェーンステッチのようなうねるパッカリングは期待出来ない。

薄い色落ちとアイスブルー

そもそも、このデニムにおいては色落ちにこだわっていない

逆に言えばそういう意味でこだわっている。

自然に穿き込み、色を薄く(アイスブルー)柔らかい色落ちにしていきたい。

このように90年代リーバイスを地味に穿きつつ色を落としている人は少ないのでは?

ヴィンテージリーバイスというと66から赤耳ぐらいまでのモデルを指す事が多いだろう。そちらに比べるとこの90年代リーバイスはセルビッチも無いし中途半端とも取れる。

しかし米国製らしいなんともラフで素朴なつくり。

「このころの生地は良い」とも聞く。期待しつつしっかり穿き込みきれいなアイスブルー(薄い色落ち)ジーンズに仕上げたい。

色落ちの続きはこちら→

【薄色のアイスブルーデニムに育てる】リーバイス501(90年代米国製)2000時間目の色落ち
きれいな薄い色に色落ちさせたい 90年代の米国製(メイドインUSA)リーバイス501を穿き込み色落ちを進めている。 ...

穿き方を手にするものに委ねその姿を変える。

いつの時代も好きに穿きその人らしく楽しめる。

それがデニムの懐の深さ。

リーバイス501を穿こう。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!