【夏でも長袖シャツ】半袖シャツを着ないメリット

長袖シャツは1年中使える

ビジネスやフォーマル、カジュアルにだって皆んなシャツを着ている。

夏でも長袖シャツを着るメリット

シャツは一年中使える数少ないアイテムのひとつであり、夏の暑い時期でも使うことができる。

今回はそんな万能な長袖シャツについて。

少し違った視点から見ていこう。

カジュアルシャツについて

【カジュアルシャツについて】シャツを着るメリット
カジュアルファッションにおけるシャツ 皆んなが着ているシャツ。 色々なシチュエーションにおいて使われる。よく使わ...

シャツが万能な理由

一般的なシャツはビジネス等で着る場合Yシャツと呼ばれる事が多い。

Y(ワイ)シャツという呼び名は英語のwhite shirt(ホワイトシャツ)から来たもの。

であるからYシャツは白シャツ。色付きはカラーシャツと呼ぶのが本来のところ。

結果全部Yシャツと呼んでるしその方がわかりやすいのは承知のうえである。

何が言いたいかというと、シャツ(Yシャツ)はフォーマル、ビジネス由来のものなのだからカジュアル使いをしてもキレイに着こなす事ができる。

これがカジュアルシャツが万能的である理由。

夏に長袖シャツを着る意味へと繋がっていく。

夏に半袖シャツを着ない

ではなぜ夏でも半袖シャツを着ないというのか。

実際に夏は暑い。

我慢するということなのか?

もちろん、半袖のトップスを着るのは普通だ。

その方が涼しいから。

夏の半袖シャツでいうと、Yシャツ、ポロシャツ、ハワイアンシャツ、ボーリングシャツ、ワークシャツ、等々たくさんの種類がある。

あくまで選択肢として、その半袖シャツを着ない。

どんなメリットがあるのだろうか?

半袖シャツを着ないメリット

ドレスシャツの基本は長袖→ 本来シャツは肌着としてつくられたものでジャケットの下にインナーとして着るのが正式。もちろんジャケットの袖を汚さぬ為長袖が使われる。

これを活かしカジュアルでも長袖シャツを着ることでキレイな印象をつくる。

ただでさえ夏はスニーカー、ショートパンツ、サンダルとカジュアルアイテムに溢れている。そこを差別化してトップスには長袖シャツを使うことにより上品に寄せる。

腕まくり→ 当然そのまま着ては暑い。

そのため腕まくりをして折り目をアクセントにしたり、くしゃくしゃと捲り上げてラフさを出す。表情やシルエットの微差をつくるのに長袖シャツは便利。

リネンシャツなど薄手の素材を選び腕まくりの素材感もコーディネートの一部にする

通年使える→ 着まわしを重視。

ひとつの服をどこまで着回せるかを考えるのも面白い。

シャツは生地や厚さにもよって通年使えるアイテム。他の季節でも着まわしに使い、少ないアイテムでも多くのコーディネートをつくる事が可能になる。

コストカットした分で夏に重要なアイテムを揃えるのも良いだろう。

ここで述べているのは着こなしの切り口のひとつ。

夏の長袖シャツを取り入れることで1コーディネート増える。

長袖シャツの使用でコーディネートを増やす

例えばショートパンツに袖まくりした長袖シャツを合わせる。

カジュアルすぎないショートパンツのコーディネートを組むことができる。

軽く腕まくりした長袖シャツにくるぶし見せのパンツ。

足元は涼しげなサンダル。

上品ながら夏らしいスタイリングも可能になる。

以上のように長袖シャツを使うことによりレパートリーを増やす事ができる。

ただでさえ夏のコーディネートはマンネリしがち。

そこを打開する。

ショートパンツを穿かない

【夏なのにショートパンツを穿かない】夏のロングパンツコーディネートについて
ショートパンツを穿かない この記事を書いているのは7月下旬。 暑さも増しまさに夏本番。 街行く人は半袖シャツに...

半袖を着ない視点。

夏の長袖シャツを最大限に使う。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!