【クルーネックとVネックの違い】どちらが良い?ネックスタイルについて

クルーネックとVネック

クルーネック→ 丸首のネックライン。 クルーとは「船の乗組員」という意味で、もともとその船員(クルー)が着ていたセーターが語源。曲線的でカジュアルな印象に見えやすい。

出典:wear

Vネック→文字どおりV字のえりあき、V字型のネックライン。シャープでキレイな印象になりやすい。

出典:wear

見ればわかる。そう言われそうな所だがこれまた奥が深い。まずこのネックラインによって同じ形や同じサイズのシャツでも与える印象は大きく変わる。

2つの異なるネックスタイルによって着こなしがどう見えていくのかいくのか確認していきたい。

Vネックがしっくりこない理由

クルーネックとVネックのTシャツやカットソー。皆さんはどちらが好みだろう?

自分はクルーネックの方が好きだった。

【クルーネックとVネックの違い】どちらが良い?ネックスタイルについて

どちらかというと線が細いのもありほどほどに首が詰まったもの着ることが多い。クルーネックの首元が着込むことによりクタってくるくらいが丁度良い。

Vネックに関してはなんとなく苦手で似合わない、しっくりこない。胸元が開く為艶っぽい着こなしになりそうでなんとなく敬遠していた。

しかしこの「なんとなく」が曲者で後述するがVネックの服がしっくりこないのには明確な理由があったのだ。

クルーネックとVネックの見え方(似合う・似合わない)の違い

クルーネックがキレイに見える(似合う)タイプ→ 面長・首が長い・細身の人はクルーネックで首元が詰まっている方がキレイに見える。首元のフラットな曲線により引き締まって見える。

Vネックがキレイに見える(似合う)タイプ→ 丸顔・首が短い・がっしり体型の人はVネックの方がキレイに見える。胸元のV字により縦のラインが強調されすっきりと見える。

このように見え方(似合う・似合わない)の違いがあり、加えて肩幅や胸周りの要素なども絡み印象が決まる。

肩幅と胸周り→ 肩幅と胸周りが大きい人はVネックが似合う。Vによって縦ラインが強調される為すっきりとした印象を与える。逆にクルーネック(特に首元の詰まりがきついタイプ)の場合は窮屈に見えやすい。

肩とお洒落(おしゃれ)の関係についての考察

【いかり肩となで肩に似合う服】肩とお洒落(おしゃれ)の関係性
肩とお洒落(おしゃれ) ファッションにおける肩と服について。 ここでの肩とは一般的に言ういかり肩となで肩の事である。...

自分に似合うネックタイプを見つける

では自分に当てはめて考察を進めていく。

丸顔、首は長めでどちらかといえば細身。肩幅は大きめで骨ばった体型。

なんとも要素が多く複雑な状態。このような場合どちらのネックタイプがキレイに見える(似合う)のだろうか?

実際に着て、観察し比較していった所、答えは条件付きでどちらも使える。

◯ 首元が詰まっていないクルーネック

首元がつまっているクルーネックを選ぶと肩幅のみが強調され窮屈に見える。ほどよく開きのあるネックがキレイに見える。

◯ 浅いVネック

深いVネックの場合体型が骨ばった体型が強調され貧相に見える。浅いVならば肩幅が胸元への視線移動で緩和され程よく見える。

以上の2点の条件によりクルーネックもVネックも合わせる事が可能。

似合うVネックの白Tシャツ

もちろんこれ以外着れない訳ではないが条件に沿ってTシャツやカットソーを選べば体型にフィットしカバーしながらスッキリ見せることができる。

 

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!