【コンバースワンスター購入レビュー】日本製 converse one star J 名品レザースニーカーについて

コンバースが誇る名品ワンスター。

コンバースワンスター日本製とその着こなし

代表作のオールスター(チャックテイラー)やジャックパーセルの陰に隠れ少しマニアックな香りのする名作。

あまり興味のない方からすれば「サイドに星マークがあるコンバースの靴」であり、ほどほどに知られている普通のスニーカー。

しかしこのワンスター。

コンバースの歴史を語る上で欠かす事のできない重要なスニーカーである。

以前からとても気になっていたスニーカーで今回ようやく手にする事ができた。

ワンスターJ は革の質感も高い

定番スニーカー ワンスターの歴史と背景

1960年頃、プロバスケットボール選手たちの80%はコンバースのオールスターを使用していた。

選手たちは次第に機能性を求めるようになっていきそこで耐久性のある素材を使用し作られたのがレザー製のオールスター。

つまりワンスターの登場である。

しかしこのワンスターはたった4年しか作られなかった。

理由は製造上の問題。

ワンスターに使用しているスムースレザーの調達が困難となり、やむなく生産終了となる。

その短い製造期間ゆえ幻のスニーカーと呼ばれることになった。

それから当分の間生産されることなく1984年に復刻版が登場するまで沈黙を守っていた。

現在はワンスター自体そこまで珍しいものではない。たくさんの復刻や派生モデルも製品化され手にする事ができる。

当時のオリジナルという事になればそうそう目にできるものではないだろう。

しかし歴史に触れた上で履くということは非常に味わい深いもの。

早速現代のワンスターについて見ていこう。

ワンスターJ(レザー)の特徴

ワンスターメイドインジャパン

ワンスター日本製の復刻版。今回購入したモデルである。

インソールにメイドインジャパン(made in japan)の記載が見て取れる。

1984年より都度復刻のモデルを出して来たワンスター。

日本企画のモデルに関してはあのムーンスターが手がけ、その品質には定評がある。

現在はワンスターJというモデル。

ワンスターの星

ひとつ星が与えるインパクト。

クラシックな佇まいで派手すぎずシンプルすぎず定番品の風格がただよう。

ワンスターの耐摩耗ソール

アウトソールは耐摩耗仕様。

ガシガシ使いたい自分にとっては好都合。スニーカーは飾るものではなく履く為のものなのだ。

日本製とインドネシア製の違い

購入時、違いを知った上で日本製もしくはインドネシア製を選ぶつもりであった。

このふたつについては見分ける事が可能。

日本製とインドネシア製の見分けが可能な箇所
ヒールパッチ:ロゴの違い

シュータン(ベロ):ロゴ(表記)の違い

インソール:カップインソール採用か否か

上記のとおりディテールから見分けることはできるのだが遠目では正直わかりにくい(特に正面からでは)。

ワンスターのヒールパッチ

まず最も目立つ部分であるヒールパッチ。

日本製はご覧のALL STAR表記、インドネシア製はONE STARのヒールパッチとなる。

ちなみにオリジナルのものは基本的にALL STARのヒールパッチ仕様。

そもそもワンスターという名前自体後から付けられたもので元々はレザー仕様のオールスターがワンスターと呼ばれていった歴史がある。

ワンスターのシュータン

シュータン。

このシュータン部分、オールスターのそれと異なりかなり厚手。クッションが効いておりしっかりと足を保護してくれる。

日本製がALLSTAR表記、インドネシア製がONE STARの表記となっておりわかりやすい。

そしてもう一点の違いはインソール

日本製はカップインソール無し。インドネシア製の方はカップインソールを採用している。

オリジナルに近いのは日本製だが、履き心地はカップインソール有りの方が良いだろう。

まあ、履き心地を重視する方はワンスター以外のスニーカーを選ぶ気がするしよく履かれているオールスター(カップインソールなし)を想像していただければ着用感覚は分かっていただけるだろう。

色々と検討した結果、作りの精度とオリジナルに近いディテールから今回は日本製をセレクトした。

※現在インドネシア製は在庫が残っているもののみ、日本製の方が手に入れやすい状況

コンバースに代表される白ソールのスニーカーについて

【白ソールの黒スニーカー】ホワイトソールがもたらす効果について
黒スニーカーと白ソール 黒はコーディネートを引き締める。重厚感があり靴に用いる事で下半身の印象が安定する。 ゆえに黒...

サイズ感

購入検討時にサイズ感の情報収集と確認を行ったが情報が錯綜していた。

ワンスターに限らずスニーカーのサイズ感にはいつも惑わされる。

これにはいくつか理由があってひとつは適正サイズの感覚が人によって大分違うという所。

そしてもう一つは靴のサイズというものが足長(〇〇センチという表記)だけでなく足幅や甲の高さ、かかとの大きさなど多面的であり本当のジャストサイズを測るのが難しい所である。

しかしそうも言ってはいられない。

今後ワンスターを購入する方のためにも自身のサイズ感とスニーカーのサイズ選択についてしっかりまとめておきたい。

ワンスターのサイズ感について

ワンスターJのUS6 1/2(25.0)を選択。

ワンスターJの場合日本人向けなのもあり足幅がオールスターに比べ明らかに広い。

かなりぴったりサイズにはなるがUS6でも履ける程。

下記にマイサイズをまとめてみた。

スニーカーのマイサイズ

マイサイズ:足長実寸25.0・甲ふつう・幅狭

コンバースオールスター US7 1/2→オールスターは幅狭スニーカーの代表格。基本少し大きめを紐でしばって履く方も多い。このサイズてわずかにゆとりがある適正サイズ。ハーフサイズ下げても履ける(許容)がかなりピッタリのサイジングとなる。

アディダススタンスミス・ガゼル US7 1/2(25.5)→ジャスト履き。これより小さいとキツくて履けない。かといって大きいとかかとが浮いてしまうだろう。よってジャストサイズ。

普段〇〇センチだからこのモデルなら〇〇センチ。

こう言いたい所だがインソール、紐の縛り具合、好みで随分変わる。

自分の場合、ゆるいサイズの靴が好きではないのと、インソールは使わないためジャストのサイジングを選ぶようにしている。

細身のスニーカーが良いならadidas gazelle(アディダス ガゼル)

【アディダスガゼル(ガッツレー) 購入レビュー】adidas gazelle 定番の細身スニーカー
adidas gazelle(アディダスのガゼル/ガッツレー) ガゼルは英語。ガッツレーはドイツ語読みである。 この...

コーディネートに映えるワンスター

色は使いやすいブラック。

上品なレザーの光沢と白ソールの厚みが効いており重くなりすぎないルックス。

スラックスできれいにまとめたりチノとモノトーンで揃えた着こなしにも合いそう。

ワンスターレザー

単体でも予想以上に映える。クラシックな格好良さとかわいらしい丸みのあるデザインのちょうど中間。

ヒールパッチにオールスターの文字

後ろからもしっとりとしたレザーの存在感。

今回は黒にして正解。カラフルなモデルも魅力的だが汎用性も重視して選んだ。あらゆる部位で白のデザインが効いており黒スニーカーでもインパクトは強い。

幻と呼ばれていたスニーカー。

現代の定番として履き倒す。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!