【デニムは何にでも合う?】本当は難しいジーンズの着こなしについて

デニムは何にでも合う?

「デニム(ジーンズ)は何にでも合う」

よく使われているフレーズ。

お洒落をするにあたりジーンズが万能という意味で使われている。

しかし本当にそうなのだろうか?

本当は難しいデニムの着こなし

確かに、デニムはスニーカーや革靴にブーツ。

トップスであればスウェットやシャツ。ジャケットにだってほぼほぼどのアイテムとも組み合わせる事ができる。

とりあえずジーンズを穿いて手持ちのシャツやスニーカーと組み合わせる。

そうすれば適度なまとまりがあり「変ではない」様に見える。

さらに、デニムはトレンドにとらわれる事のない定番服。流行にかかわらずいつでも使用可能のおまけつき。

デニムは何にでも合うように思える。

流行にとらわれないリーバイス501

【リーバイス501 90年代 USA製の色落ち】淡いブルーデニムを目指す
デニムといえばリーバイス501 リーバイス501。 言わずと知れたデニムの基本、ジーンズの教科書そのものと言っても良...

何でも合うと皆んなに都合が良い

しかし、それは「無難に組み合わせることが出来ておかしくない」だけであって「格好良くてお洒落である」という事とは少し意味が違うと考える。

何にでも合うという言葉についての妙な違和感。

受けとる側に対して誤解を与える表現でもある。

たしかに「何にでも合う」方が都合が良い。

売る方も困らないし買う方も。

意味あいもポジティブで気持ち良い。

デニムの着こなしこそ難しい

しかし実際の所、何にでも合うはずのデニムを適当に組み合わせても絶対に格好良くならない。お洒落にもならない。

何故なら、お洒落を決める要素はもっと細かくて不確定要素に溢れているから。

だから着こなしやらカラーやら似合う似合わないやら様々な方向から考察しているのだ。

パーソナルカラー(似合う色)について

【パーソナルカラーと自己診断(セルフチェック)】男性にも知って欲しい似合う色
お洒落(おしゃれ)における色の話。 お洒落を効果的に表現していくには色(カラー)の要素は絶対に外せない。 そ...

似合わないをなくす

【なぜ服が似合わない】お洒落な服を着ても似合わない理由を本気で考える
服が似合う人と似合わない人の違い 着ている服が似合っていない。 お洒落をして格好良くありたいと思っている人にとっ...

実際にデニムを使ってコーディネートしていく際、パーカやスニーカーを使ってみてもラフすぎるというか子供っぽく見えたり逆におじさんっぽく見えてしまったりする事がある。

ここで思うのは、仮に着こなしがラフすぎたとしても「違和感はない」という所。

おじさんっぽく見える

【おじさんくさい格好に見える原因】おじさんっぽい服に年齢は関係ない
おじさんに見える格好 お洒落やファッションにおける「おじさんくさい」や「おじさんっぽい」とはどういう状態を指すのだろう...

つまり、デニム(ジーンズ)は何に合わせてもおかしな組み合わせになりづらい。

しかし同時に「お洒落」に見せるのも難しい服だと言える。

いつもギリギリ合格しているような状態。

変ではないという状態。

ジーンズを格好良く見せるには

デニムには様々な種類がある。

スリムやワイド、ストレート、そしてブーツカットなど色々なかたちや装飾、カラー。

また、色落ちの仕方までもが種類によって違う。

元々、それを一緒くたに「何にでも合う」とくくる事自体、都合が良すぎる考えだった。

そのように考えている。

しかしだ、そこを何とか格好良く着こなしたい。

それにはまずジーンズの種類に合わせた組み合わせをする。

かたちがそれぞれ違う訳だ。だから全体のシルエットをジーンズのかたちに沿わせて組み合わせていく。

サイジングがキマればお洒落は完成する

【サイジングと着こなし】サイジングがキマればお洒落(おしゃれ)は完成する
サイジングが良いとは? よくファッションの記事やサイトで「サイズ選びが大事」などと目にすることがある。 アイテム...

色もそう、どんなにサイジングやシルエットがキマっていても赤・青・緑・黄色といったカラフルコーディネートではごちゃごちゃと悪目立ちする。

【カラーコーディネート】おしゃれに見える色使いとは?
カラーコーディネートの重要性 色の着こなし、使い方はサイジングに並び非常に重要な項目。 サイジングについての考察...

着こなしを語るのにおいて、デニムはカジュアルアイテムだからドレス要素を取り入れていけば格好良い。そういった理論や考えがある。

様々なファッション指南のサイトでもよく語られている内容。

実際に参考にしている人も多いだろう。

確かにカジュアルテイスト全開のデニムにラフなパーカとカラフルスニーカーを合わせてはどうしても子供っぽい装いになる。

それを白シャツやモノトーンのスニーカーなどキレイな要素でバランスを取ってあげるという手法。

自分もよく使っている。

というより基本すぎて自然にそうなっているし使わない訳にいかない。

身の回りのお洒落な人は意識しなくともコーディネートのバランスを取っているのだ。

絶対に基本は押さえている。または身体で覚えている。

デニムの着こなしにおいてもここは変わらない。

カジュアルな組み合わせだけで格好良く見せる

しかし、カジュアルアイテムだけでも格好良いお洒落をつくりたい。

アイテム自体は変えず着こなしやセレクトで全体を変えていく。

その方法を考えていこう。

下記のとおりいくつかにまとめてみた。

● シルエット→ ゆったりシルエットのジーンズならAシルエットで着こなしたい。

スリムシルエットのデニムならトップスはゆったりとYシルエットで着こなしたい。

思いっきりメリハリをつける。

中途半端は見た目もぼんやりする。

● 色柄→ 色柄については徹底して無地。色も基本はモノトーンで選ぶ。

ジーンズ自体装飾やカジュアルなアイテムなのだから他を抑えてデニムの素材感や色を活かす。

● アイテムを減らす→ 余計なものはつけない。アイテムが増えるほど元からあるカジュアル要素は増えていく。

デニムは派手なものだと認識しそのものを引き立てる様組み合わせする。

黒Tシャツとデニム(ジーンズ)の着こなし 

色柄は絞りメリハリをつけたシルエットを構築すると全体の印象は大きく変わる。

Tシャツにデニム。パーカにジーンズだとしてもラフには見えない。

白Tとジーンズについて

【白Tシャツにデニム】一枚で格好良い着こなしについて
白Tシャツとジーンズ 白色Tシャツとジーンズ(デニム)。 それは究極のシンプルコーディネート。 この究...

デニム(ジーンズ)は万能ではない。

着こなしによって万能となる。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!