【安いから買う】注意すべき服の購入理由

服を買う際の理由

服を買う時、そこには必ず理由がある。

シルエットが良い

〇〇が着ていて真似をしたい

コレクト(収集)したい

持っているパンツに合わせたい

自分に似合いそう

新しいものに挑戦したい

デザインが格好良い

季節感を出したい

服の数が足りない

直感

理由は様々あるだろう。

そんな中で、該当の服が「安いから」という理由で買う場合がある。

実はこれが非常にくせもので、この理由にこそ十分注意が必要なのだ。

安いから買うプチプラに要注意

【男性にとってのファストファッション】プチプラの有効な使い方
ファストファッションとプチプラについて ファストファッションとは? 流行を取り入れた衣料を大量生産により安価に販...

ただより高いものはない

誰かが言っていた。「ただより高いものはない」

これはどういう事を意味しているのだろう?

無料(お金がかからない)のものがお金のかかるものより高い。

わかるようなわからないような深い言葉。

只より高いものはない (タダよりタカいものはない)

一時的には、無料無償であったり、非常に安価であったりするものは、後になって相応又はそれ以上の対価を支払うことになるものである、世の中は、都合良くできているものではないという戒め。

出典:ja.wiktionary.org

つまり、お金のかからないものや安いものは、手にする時は安く済んでも、手にした後で別の労力や支払いが生じたりするもの。

そういう事を言っている。

無料で手に入れたものなのに余計なメンテナンス費用がかかってしまったり、別のオプションを用意しないと使えないものだったり。

ざっくりいうと安く手に入れたのに逆にお金や無駄が生じて使えないという事。

なんと残念な状態だろう。これはぜひとも避けたい所。

モノを手に入れる時にはただ手にする事に終始することなく、入手した後にどう使い、どう作用するかのイメージが重要になってくる。

「安いから」で買う服について、さらに掘り下げていきたい。

数を増やさないにも通ずる

【服の数を増やさない】自然な着まわしの方法
着まわしの考え方 着まわし : 服やパンツの組み合わせを変える事で装飾品を異なる状態に見せる事。近年の節約志向に押され...

「安いから」で服を買う際に陥る状態

安いからで服を買う場合、下記の状態になっていることがある。

吟味しない

サイズが合わない

好みではない

品物の状態がわるい

最悪部屋着にすれば良い

なんとなく

そこまで気に入っていない

皆様も一度は心あたりがあるのではないだろうか?

自分もよくあった。

安いから買った後どうなる?

「安いから」買うとどうなるのだろう。

考えるに、最終的にはその服を着なくなる(使わなくなる)事が非常に多い。極端な場合、一度も着ないでしまう人もいる。

安いから買う→着てみる(or 一度も着ない)→しっくりこない→着なくなって置物

の王道パターン。

「安いから」以外に価値を見出している場合は別の話になる。

例えば、好みのデザインがあり、挑戦してみたいが価格が高く躊躇していた。これが安く見つかったとする。つまり「デザインが好き」で「挑戦したい」から買う。

こういった理由の場合、安く買ったとしても長く愛用できる事が多い。

もちろん服を買う事自体が目的になっている人もいるため、「安いから買う」自体がいけない事とも言い切れない。自分は服を消費することで経済を回し、社会貢献しているという人かもしれない。

直感も大事にしていきたいし、買う事自体は自由である。でもせっかく手に入れた服を使わないなんて、寂しい。

そう考えている。

「安いから買う」に要注意。吟味して愛用していきたい。

「安いから」難しいUNIQLO

【UNIQLOだけでお洒落に見えるのか?】本当は初心者向けでないユニクロについて
UNIQLO(ユニクロ)。皆さんご存知じ日本のカジュアルウェアを代表するブランド。 1949年柳井正氏が山口県宇部...

着ない服は買わない

【ミニマルなお洒落の考察 】着ない服を買わないメリット
ミニマルとは? ここ数年でミニマルというワードをよく聞くようになった。 ミニマルとは? ミニマルの意味...

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!