【Tシャツに合う時計】半袖コーディネートと時計について

Tシャツと時計

Tシャツ。

夏になればほとんどの方がメインで使うようになってくるアイテム。

【Tシャツ選び】用途と体型に合わせた選び方
お洒落におけるTシャツ Tシャツはファッションアイテムの中でも非常に重要な位置を占めるアイテムである。 なぜだろ...

Tシャツコーディネートの際によく使われる小物といえば時計

なぜなら半袖であるTシャツを着用した場合腕元はがら空き。

そのままだとバランス的に寂しいコーディネートになりやすい。

その際ブレスレットやバングルなどを使う人もいるが装飾要素がつよい為敬遠する方も多い。

そこで時計の出番である。

「時間を見る」という実用性を伴った時計は自然に着用できる小物の代表だといえる。

今回はTシャツとそれに合わせる時計。こちらについて掘り下げていこう。

Tシャツに合う時計の選び方

Tシャツに時計を合わせる際どういったものを選べば良いのだろう?

半袖コーディネート特有の時計との相性や組み合わせなど、項目に分けて考えていきたい。

【Tシャツに合う時計】半袖コーディネートと時計について

テイストを揃える

時計といってもその出自や雰囲気、テイストは様々。まずはそこを見極めTシャツに合わせていく。

ざっくりと分ければクラシックスポーツハイテク

細かく言えば無数にカテゴライズできるのだろうがここではざっくりと分類。

基本的にはTシャツのテイストに寄せた時計を選ぶのがセオリーであるといえる。

基本Tシャツはスポーツアイテム。

シンプルながらスポーティな時計はもともと相性が良い。

例えばダイバーズ。

 
 
カジュアルでラフなデザインTにハイテクのGショックは鉄板。
 
シンプルすぎる時計が合わない場合逆に主張のつよいものを合わせると馴染む場合
も多い。ポップな装飾にゴツいハイテクを合わせるなど。
 
 
 

素材重視の上品な無地Tにはやはりシンプル時計。

クラシック顔のパイロットウォッチやベーシックな三針ならばとことんミニマルにコーディネートしたい。

このようにテイストを沿わせる事で着こなしはまとまりやすい。

共通していえる事といえば着こなしの主役を決めて合わせていくという事。

例えば、

主張がある時計が主役。

ロゴの効いたTシャツが主役。

など。

コーディネートの主役を想定し構築する事で着こなしはまとまりやすい。

だから時計とTシャツのテイストを見極め組み合わせる必要がある。

カラーバランス

 色のバランスはこれまた重要。どんなにテイストや他が整っていてもカラーバランスがわるければとにかく目立つ。

Tシャツに黄色、パンツに緑で時計を赤で選んだのであればデザインがどうとかの話ではなくて色にしか目がいかないコーディネートとなるだろう。

出典:adidas.jp

対して黒などのベーシックカラーの時計ならば気にする事はない。汎用性という意味ではこちらに軍配があがる。

オールブラックのG-SHOCKについて

【オールブラックのGショック】DW-D5600P-1FJについて
Gショックの選び方 Gショックには様々なモデルがある。 ここまで数があると選ぶのも一苦労。ある程度条件を絞り決めてい...

しかしだからといってベーシックカラーであれば良いという訳ではなく、大事なのはTシャツに合わせる事。

派手色の方が好ましい場合もあるから面白い。

時計は腕のアクセント。カラーは印象を大きく左右する。

カラーコーディネートについて

【カラーコーディネート】おしゃれに見える色使いとは?
カラーコーディネートの重要性 色の着こなし、使い方はサイジングに並び非常に重要な項目。 サイジングについての考察...

フォルムで選ぶ

 時計にもフォルムがある。要素としては文字盤の幅、厚み、かたち。

幅に関しては小さければ華奢でかわいらしい印象になるし、大きければ無骨でタフな印象を与える。

ごく薄のシンプル時計チープカシオ

【チープカシオ購入レビュー】定番MQ-24-7B2LLJFについて
チープカシオとは? チープ(cheap):安い、安価である事を意味し、安っぽい、安かろう悪かろうなどネガティブな意味合...

厚みに関してもクラシックでフォーマルな時計の場合は薄さもあり上品。厚手であればスポーティでタフに見えるだろう。

クロノグラフをはじめとする機能を重視した時計には厚みのあるモデルも多い。

かたちに関しては丸型、スクエアタイプ、変形型など見た目そのものに直結する。

ベーシックなのか、装飾的なのか、無骨なのか。

これらをTシャツと見せたい印象にあわせて組み合わせる。

Tシャツと時計のコーディネート

シンプルなTシャツであればあるほど時計の比重は高くなるため、自動的に存在感は高くなる。

下記はとにかくシンプルに組み合わせたTシャツコーディネート。

モノトーンに沿わせ黒バンドに白文字盤の時計であくまでスマートにまとめている。

出典:kurumani.com

ネイビーTシャツにブレス仕様のややボリュームのある時計の組み合わせ。

出典:otokomaeken.com

ハイテクスニーカーの主張に負けないように存在感のある時計を合わせ、あくまでTシャツはダークトーンのカラーでバランスを取りながらコーディネートをまとめている。

出典:pinterest.jp

ゴールドの時計。

通常コーディネートを組むにあたりかなりの難易度。しかし、完全脇役のシンプル白Tシャツ、カラートーンを合わせたベージュパンツ、スニーカーで時計を引き立てている。

時計の派手さを悪目立ちさせずコーディネートする好例。

以上のようにTシャツに時計を組み合わせる場合は時計が目立つ事を前提に考える。

時計を主張させるかカラーバランスでまとめきるか。

フォルムによって上品、カジュアルに振り分け全体をそれに合わせていくのも良い。

Tシャツと時計。

あたりまえにお互いを引き立たせる。

そんな関係。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!