【サンダースミリタリーダービー 着用レビュー】特徴と着こなしについて

サンダースと代表作

Sanders(サンダース)→ンダースは1873年にウィリアムサンダースとトーマスサンダースの兄弟によりラシュデンにて設立。

イギリス国防総省(MOD)向けに供給されるレザーシューズ(UK製)のほとんどがサンダースの製品で約135年の歴史を持つノーサンプトンが誇る実力メーカーである。

ミリタリーダービーシューズはそのサンダースの代表作。

ミリタリーダービー(military derby)の特徴

丸みを帯びたフォルム

シンプルでキレイなルックスながら丸みを帯びたフォルム。

トレードマークであるトゥの3本ステッチ。

ミリタリーダービーの丸みを帯びたフォルム

このバランスがカジュアル使いを成立させるポイントでデニムなどにもよくマッチする。

ジーンズに革靴

【デニム(ジーンズ)に革靴】カジュアル使いの着こなしとコーディネート
デニムにはスニーカーを合わせる。 当たり前にそうしているし相性から考えても鉄板な組み合わせ。 何故ならジーンズは...

単なるストレートチップだとカジュアル使いにおいてはなかなか馴染まないのだがステッチの入り方やフォルム、外羽根仕様が良い意味で「くずし」をつくってくれている。

ミリタリーダービーのクラウンの刻印

フォーマルとカジュアルのまんなか。

守備範囲はじつに広い。

ポリッシュレザー

ツヤのある表面はカーフにウレタンコーティングされたポリッシュレザー。

この仕様はもともとはコードバンの代用としてはじまりつよい光沢と深く入る履きジワが特徴。

サンダースのポリッシュレザー

コードバンとの大きな違いとしては水につよい所。と傷ががつきづらい所。

手入れが最低限で済み、雨の日も遠慮せず履く事ができる。

使い始めの方が全体に渡りピカピカで、履き込むに従い部分的に光沢が落ち着いていくイメージ。

普段は履くごとにブラシでホコリを払う程度でたまに乳化性のクリームを入れてあげれば十分綺麗に扱うことができる。

実に機能的。

コマンドソール

ミリタリーダービーは英国ITSHIDEのコマンドソールを使用している。

ITSHIDEのコマンドソール

このソールの最大の特徴はとにかく頑丈な所。

履きはじめは特に硬く慣れが必要だが長期にわたり使う事ができる。

それもそのはずもともとは登山靴のソールとして採用されていたものでその高い性能からイギリス陸軍軍用靴のソールとしても使われるようになったもの。

コマンドソールすり減らない

1年以上使用しているかかと。

確かにすり減る気がしない。

「ソール交換なしで10年もつ」とも言われている。もちろん履き方によるのだろうが手入れ無精のひとりとしてはありがたい所である。

サンダースを使ったコーディネート

キレイなスタイルにもカジュアルな普段使いにも便利なサンダースのミリタリーダービー。

ダブルモンクのカジュアル使いについてはこちら

【カジュアルで履くダブルモンク】着こなしとコーディネート考察
ダブルモンクについて ダブルモンクとは? モンク:モンクストラップのシューズの事。 モンクストラップとは15世...

実際の着こなしとコーディネートについてもじっくり見ていこう。

ビジネススタイルでの着こなし

ガチガチにかたいドレスコードが求められる職場であればこのミリタリーダービーは適さない。

前述したようにフォルムは丸く、ステッチやコバのはりだしが効いておりカジュアル側に寄せたつくりとなっているからである。

もっとも力を発揮するのがビジネスカジュアルスタイル。

ビジネスカジュアルについて

【ビジネスカジュアルは曖昧】どこからどこまで許される?
曖昧なビジネスカジュアル その機会はある時急におとずれる。 「服装はビジネスカジュアルで」 ビ...

かっちりのスーツスタイルから少しばかりくずしの入ったスタイリングにこそマッチする。

ジャケパン、くるぶし見せカジュアルに寄せた分ダービーシューズが馴染む。

出典:pinterest.jp

チノパンでのキレイなスタイルやカジュアル素材を使用したスーツのコーディネートにも使えるだろう。

カジュアルスタイルでの着こなし

カジュアル使いでの革靴といえばまずデニムが思い浮かぶ。

自分もよく使う組み合わせでサンダースはジーンズとの相性が非常に良い。

スリムタイプのデニムを適当にロールアップし着くずしている。スニーカーであればラフになりすぎる場面でも革靴ならば小綺麗にまとまる。

ニットとコットンパンツにサンダース。

上品な組み合わせにも柔軟に溶け込む。

そんな靴。

出典:wear.jp

ミリタリーダービーを使うことでキレイすぎない絶妙なコーディネートでまとめることができる。

以上のように非常に幅広く組み合わせることが可能。

キレイすぎるものをカジュアルにみせ、ラフすぎるものを上品に見せる。

中庸的な魅力に溢れる靴。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!