【一点豪華主義のすすめ】格好良い一点投下の着こなしについて

お洒落は全身気が抜けない

残念ながらお洒落というものは全身に気を遣うことになる。

もちろんそういう決まりがあるという訳ではないのだがひとつひとつのアイテムだけでお洒落は確定しない。

ここがお洒落の面白さでもあり複雑な所。

着まわしも効いてデザイン性も高い定番の〇〇を買ったとする。しかしそれだけで格好良く、お洒落にキマる事はない。

そう、それだけでは格好良くならないのだ。

トップスもボトムスも髪型も靴も分量の少ない小物だって少しに見えて全体のバランスに影響を与えている。

例えばシャツの首もとからのぞくインナー。その少ない分量や色、形さえも印象に関わってくる。ボタンを閉め少しだけ見える場合でさえも。

インナーTシャツについての考察

【インナーTシャツの選び方】色かたちによる印象の違い
インナーの重要性 インナーとは? インナーウェア(英語:innerwear)は、衣類の内側の着る下着のことを...

しいて言うならば手を抜いても良いのは見えない部分だけ。

気持ちの面を重視する人もいてここすら手を抜かない人もいる。

このように、われわれは全身でおしゃれをしている。

一点豪華主義は格好わるい?

では、お洒落に見せるために全身を高価でこだわりあるものにしなければならないのだろうか?

そんなことはない。

一点豪華主義。

使い古された感はあるがこういったお洒落の考え方がある。

全身の中で一点のみに価格やブランドなどこだわりの比重を持ってくる手法。

言葉自体のイメージはおそらく悪い。一般的にいうと全体の組み合わせは無視して一点高価格のアイテム(ブランド)を投入する。

時計だけ高価であるとか靴が限定品でとても希少性があるとか。

もちろんお洒落は自由である。どんな合わせ方やセレクトをしても良い。

しかし、最終的にはバランスがありき。一点のこだわりアイテムが着こなしのなかで活きているかどうか。それが重要になってくる訳である。

そう、服に着られてはいけない。

【シンプルなおしゃれとは?】シンプルコーディネートに必要な要素
シンプルなおしゃれとは? さりげなく無駄がなく洗練されており、服でシンプルを体現できている状態。 これが自分...

こだわりの一点投下でおしゃれをつくる

前述した通り、ある一点にブランド服や希少な服を着たからといって着こなしが格好良くなるわけではない。

ではどうしたら一点豪華主義をおしゃれにできるのだろうか?

こだわりアイテムを主役にして着こなす。

これに尽きるだろう。

ブランド価値が高いものや希少な限定品、高品質なものやシルエットが素晴らしいものであったり。つまりこだわりの一点を最大限に活かすべきである。

主役アイテムとクセ

一点豪華なアイテムたち。

高級時計やハイブランドのスニーカー。

大きな特徴としてはクセがあるという所。稀にシンプルなアイテムもあるが大概はデザインが効いていたり主張がつよかったりと着こなすにも一工夫いるものが多い。

これらは脇役を使い引き立てることで必ず光る。むしろ主役以外の服の使い方が重要なのである。

ポイントとしては

1. テイストを合わせる→ スポーティな時計にカッチリ真面目なスタイルを組み合わせてはバランスが取れない。もちろんあえてそうする場合もあるがシンプルな着こなしで進めていくのなら同テイストでいくのがセオリー。ましてや今回はクセがある主役アイテムたち。

2. サイズと色→ 当ブログでは何度も同じ事を言っている。自分自身に言い聞かせている面もあるがおしゃれはサイジングとカラーでほぼほぼ決まる。ここさえ整っていればあとは「好み」の枠まで持っていく事ができる。

以上クセのあるこだわり主役服の着こなしについて。

脇役服のセレクト。一点投下のこだわりはこれで引き立つ。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!