【アーペーセーとデニムの種類】良シルエットジーンズどれを選ぶ? a.p.c petit standerd denim

a.p.c(アーペーセー)プチスタンダード。

自分が現在メインで着用しているジーンズである。

a.p.c  petit standerd(アーペーセープチスタンダード)

プチスタンダードデニムの穿き込み(色落ち)についてはこちら

【ジーンズの良い色落ちとは?】550時間目 アーペーセープチスタンダードデニム( a.p.c petitstanderd denim)
a.p.c ジーンズの色落ち アーペーセーのジーンズは色落ちが良い。 これは今までに多くの記事や情報、ブログの穿きこ...

【洗わずに穿けるか?】800時間目 アーペーセープチスタンダードデニムの色落ち(a.p.c petitstanderd denim)
ファーストウォッシュまでのジーンズの穿き込み デニムを自分好みの良い色落ちにするためには色々な穿き方がある。 その中...

A.P.C(アーペーセー)ブランドの成り立ち

A.P.C(アーペーセー):1987年ジャン・トゥイトゥが設立。

前年の1986年パリにて発表されたブランド名のA.P.Cは、生産と創造の工房(Atelier de Production)を意味する。

デザイナーの名と服のデザインを結び付けない事を意図し、30周年を迎えるこのブランドはフレンチベーシックと機能性を主としそこにストリートを落とし込んでいる。

音楽的な背景や反骨精神を感じさせるデザインも特徴であり非常に魅力的である。

アーペーセーのデザインは地味なのか?

自分が最初にa.p.c(アーペーセー)の服を見た時は正直あまり良さが分からなかった。

やけにシンプルな服に見える。ロゴもないしデザインが見えない。むしろ「地味な印象でパッとしない」ぐらいに思っていた。

価格的にも安いとは言えないしそれから当分の間このブランドについてはスルーすることになる。

今思えば早くa.p.c(アーペーセー)のプチスタンダードやプチニュースタンダードあたりに出会っていれば着こなしについてもう少し早く理解することができたかもしれない。

何故かというと非常にシンプルなデザインなのにシルエットが抜群に良いから。

シルエットの良いデニム

ここまで細身で綺麗なシルエットのデニムはそうない。

シンプルでシルエットが良いということ。

それは「他の服との着こなしが簡単になる」ということ

目指す所の「シンプルな引き算のお洒落(おしゃれ)」に近づくことができる。

【シンプルなおしゃれとは?】シンプルコーディネートに必要な要素
シンプルなおしゃれとは? さりげなく無駄がなく洗練されており、服でシンプルを体現できている状態。 これが自分...

a.p.c以前のジーンズ

a.p.c(アーペーセー)を穿くまでデニムのメインはリーバイス。501や505のレギュラーを色が薄くなるまで穿き潰す。リジットからじっくり穿いて自然に育てる拘りがあった。ヴィンテージはあこがれる所があったが高価であるしベーシックなものを新品から自分に馴染ませていくのが好きだった。

その前はリゾルトの林氏がいたドゥニームも色落ちさせるのが好きで穿いていた。その他も諸々試した。

【お洒落(おしゃれ)のきっかけ】デニムと出会う
自分がお洒落(おしゃれ)に目覚めたきっかけはデニムだった。    デニムと出会う それはまだ自分が学...

そして様々穿いてきた結果デニム(ジーンズ)中心のカジュアルな着こなしではしっくりこない自分がいた。

もちろんデニムカジュアルを非常に格好良く決めてらっしゃる方もいる。しかし自分がカジュアルにジーパンを合わせていくと何ともいえない普段着感が出てしまう。

「ジーパンは普段着だよ」

そういう声が聞こえてきそうである。

考えれば考えるほど普段着でカジュアルなジーパンは着こなしが難しいアイテムだった。「デニムは何にでも合う」という言葉に慣れてしまいこれに気づいていない人は案外多い。

【デニムは何にでも合う?】本当は難しいジーンズの着こなしについて
デニムは何にでも合う? 「デニム(ジーンズ)は何にでも合う」 よく使われているフレーズ。 お洒落をするにあたりジー...

それからデニム(ジーンズ)と着こなしについて試行錯誤し、細身でシンプルを基準にしながらも色落ちが良いデニムを探していった。

そして、ようやく自分の好みにフィットするa.p.c(アーペーセー)のデニムを手にする事になる。

アーペーセーのジーンズの種類とその違い

a.p.c(アーペーセー)のジーンズはシルエットによってタイプ分けされておりリジットで購入する場合はメインの3型の中から選ぶ事となる。

ニュースタンダード(new standard)→ 股上普通・ゆるやかなテーパードのストレートシルエット

出典:apcjp

タイトに穿けば細身のストレート。ルーズに穿けばバギーシルエットとサイジングにより幅広い着こなしが可能。プレーンに穿きたいのならばこれ。

プチニュースタンダード(petit new standard)→ 股上普通・ひざから下にかけテーパード

出典:apcjp

ニュースタンダードとプチスタンダードのいいとこ取りシルエット。ゆとりある股上で穿きやすくひざ下から絞りのしっか効いたテーパードはスタイルを良く見せてくれる。もっとも現代的なシルエットだろう。一本目で迷ったならこちらで間違いない。

プチスタンダード(petit standard)→ 股上浅め・スリムストレート

出典:apcjp

最大の特徴は股上の浅さ。スッと延びるスリムストレートはただただ美しい。一度バックからのシルエットも見て欲しい。他のジーンズでは感じ取れないものがそこにある。

以上3型のシルエット。どのシルエットもプレーンな表情を見せつつも個性的。しっかりと主張してくれる。

※以前はニューキュアというa.p.cにおけるスキニーにあたる型も存在したのだが現在は廃盤

この中から自分が選び、穿き込みを進めているのはプチスタンダード。決め手としては何よりもそのシルエットだろう。股上が浅く脚に沿う細身のストレート。

他のジーンズと穿き比べた際最もa.p.cらしさを感じる事ができたから。

a.p.cのデニムとプチスタンダードの特徴

プチスタンダードをはじめとするa.p.c(アーペーセー)ジーンズのバックポケットにはステッチが無い。ジーンズ本体に施される事の多いパッチやタブもない。そもそも目立ったデザイン自体が全くない。その潔さが格好良い。

無地でシルエットが良いという事は良いデザインと同じ意味を持つ。シンプルな上に着こなしの主役となれる服はなかなか見つからない。 

バックポケットにステッチが無い

バックポケットはステッチなし。飾りが無いゆえにデニムの存在感はなおさら引き立つ


装飾も最小限で極めてミニマル。シルバーのリベットとステッチはオレンジ。その他は余計に色を使ったりしない。映えるのはデニムの穿き込みによって生まれる色落ちのコントラストのみである。

ファッションだけに限った事ではないが装飾が効き過ぎているものというのは他との調和が難しくなるものが多い。

究極のシンプルこそデザインそのもの。

シンプルなデザインを穿こう。

 
 

 
 
スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!