【クラークス(clarks)デザートブーツ】定番ブーツの特徴と着こなし

定番アイテムについて

定番と呼ばれる服やアイテムがある。モノとして歴史や背景があったり、ブランドの主力商品であったりロングセラーだったりする。ワードローブの中に定番アイテムを取り入れ、使っている人も多い。

リーバイス501・セントジェームスウエッソン・コンバースオールスター・Gショック。自分がよく使うアイテムだけ見てもまだまだある。無数にある定番アイテムたち。

定番アイテム。それは歴史と背景があり、何かしらデザインが良かったり使い易いアイテムだと考えられる。だからいつの時代になっても定番として定着し愛用されるのだろう。

定番はクセがある?定番イコールシンプルというわけではない

【定番とは?】ファッションの定番アイテムがシンプルであるという誤解
定番とは? ● 安定した需要があり流行に左右されない定番商品 ● いつどこにでもありだれもがするような事柄やありふれ...

定番クラークス(clarks)デザートブーツ

自分が愛用している定番アイテムのひとつ。

クラークスのデザートブーツ

クラークス (clarks)デザートブーツ:1825年に始まったブランドクラークス(clarks)。クラーク兄弟の4代目ネイサンクラーク氏が第二次世界大戦時ビルマ進中していた際、友人が履いていた軍靴を元に開発されたのが始まり。

まさに定番靴として長い歴史を持ち多くの人に愛用されている。

ミリタリールーツ(軍モノ)は機能的でデザインも美しい。シンプルを追求するとミリタリーに行き着くことは多い。

ミリタリールーツのアイテムと機能美について

【軍モノが格好良い理由】本当の機能美はミリタリーにあり
軍モノとは? 軍モノ。つまる所のミリタリーもの。 ミリタリー(military) ミリタリールック...

万能に使えるデザートブーツのデザイン

カジュアルすぎずキレイすぎず中庸的な作り。ほどよく丸みを帯びたデザイン。

黒のクラークスデザートブーツ

履いてみてまず感じるのは革が非常に柔らかく疲れにくい所。ブーツ全般で見受けられる重さがなく、スニーカーのように気軽に履く事ができる。

かといってジャケットやタイドアップ等キレイな組み合わせの際にも重宝するカバー範囲の広さ。

出典:zozo.jp

色としてはサンドベージュが定番カラーだが自分は服との組み合わせ、好みからブラックをセレクト。

履き込むことによスウェードのアッパーにアジが出てくるのも楽しみつつ履いている。

デザートブーツはどんなパンツでも合うか?

汎用性が高いこのデザートブーツ。

雑誌、サイトの記事やショップではジーンズ、チノパンの他にも様々なパンツ(ボトムス)に合うと紹介されている。

しかし、着こなしに関していえば、色々な服と組み合わせてもそれなりにまとまる(変ではない)ということであってどのパンツに合わせても格好良く決まる訳ではない。

例えばリーバイス501に合わせる。デザートブーツがジーンズに合うということであれば格好良いはずなのだが。

個人的な感想になるがデニムにこのデザートブーツの組み合わせはあまり簡単ではない。とてもフラットな組み合わせにつき、着ている人のスペックに依存してしまう所がある。

出典:mensbrand.rash.jp

デザートブーツの着こなしとコーディネート

ではどのように履きこなしていこう。

着こなす方法としてデニムを選ぶならリジットまたは細身を選ぶこと。ゆったりのパンツとあわせていけないわけではないのだがデザートブーツ特有のフォルムが隠れてしまいデザインを活かしきれない。

加えていうとロールアップや裾上げ調整を行いできるだけブーツを見せるように履く事。ハイカットスニーカーの合わせ方のようにかたちをスッキリ見せることができる。

クラークスデザートブーツ

定番ブーツを自分色で履きこなす。

スウェードの経年変化ともに着こなしも磨かれていくだろう。

 
 
スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!