【ジーンズの良い色落ちとは?】550時間目 アーペーセープチスタンダードデニム( a.p.c petitstanderd denim)

a.p.c ジーンズの色落ち

アーペーセーのジーンズは色落ちが良い。

これは多くの記事や情報、ブログの穿きこみ考察などでも言われてきたことだ。

かくいう自分も色落ちが良いからアーペーセーのデニム(ジーンズ)を選び穿いている。

デニムの良い色落ちとは何なのか?

自身が愛用しているa.p.cデニムの色落ちとともにじっくりと見ていこう。

 

アーペーセーとそのデニムの種類について

【アーペーセーとデニムの種類】良シルエットジーンズどれを選ぶ? a.p.c petit standerd denim
a.p.c(アーペーセー)プチスタンダード。 自分が現在メインで着用しているジーンズである。 a.p.c  ...

アーペーセーのデニムジャケット(ジージャン)色落ちについて

【ジージャンの色落ち】アーペーセーデニムジャケット250時間目(a.p.c denim jacket)
ジージャン(デニムジャケット)が好きだ。 無骨で短い丈と生地がもたらすザラ感、細かいディテールと本当に格好良い。 ...

デニムにおける良い色落ちとは?

良い色落ちとはどんなものを指すのだろう?

それは、その該当するデニムが最終的に「自分好みの色」になるかどうか。

これに尽きると考えている。

そして、大事なのは人によって良い色落ちの意味や考え方が全く違う所。

例えば誰かがあるデニムを「良い色落ち」と言ったとする。

しかし別の誰かにとってもそれが「良い色落ち」だとは限らない

あくまで自分好みの色落ちにする事。

それが「良い色落ち」の本当の意味である。

アーペーセーデニムの色落ち

自分好みの色落ち

では「自分好みの色落ち」にはどういったものがあるのだろう?

そこには様々な方向性がある。

たかが色落ちではない。

色落ちこそがデニムがデニムたる所以である。

例えばジーンズ(ジーパン)の元祖リーバイス501XX。

中でも1960年代中期の色落ちが至高という人がいる。

一方で激しい色落ちのデニムは苦手で淡く綺麗なブルージーンズが服に合わせやすい。

このようにキレイな色落ちを好む人。

そもそもリジットの状態が良いから色落ちはさせたくない。

こういう好みの方もいるだろう。

つまりは皆んな違う色落ちを欲している。

色落ちの方向性

色落ちの方向性について大まかに4つに分類すると。

1. ざっくりとした縦落ち→ ヴィンテージ501のような

2. シャープな色落ち→ ジャケットなどきれい目な着こなしに合わせるハイブランド系

3. 柔らかい色落ち→ 赤耳以降の501

4. リジット→ 色落ちさせたくない。(もはや色落ちではないが)

これに青みの強さや生地の厚さ、環境などその他諸々が関わって構成される。

皆んな自分が欲しい色落ちを考え服に合わせたり好みのデニムを選択しているという事。

「たかがジーンズの事なのに」そう思う人もいるだろう。

しかし、一度ハマれば奥が深い。

藍色デニムの色落ちの世界。

a.p.cデニムの色落ちと特徴

さて肝心のapcデニムの色落ちの種類はどんなものであろう。

思うにシャープな色落ちでありながらざっくりしたタテ落ちの要素もふんだんに含まれる。

シルエットやブランドの背景から考えると意外なほど風合いのある色落ちを見せてくれる。

こんな所がデニムフリークからも指示がある理由と言えるだろう。

実は個性的な色落ち。

こういった特徴。

色落ちと経過について早速みていこう。

プチスタンダード(プチスタ)ジーンズ穿き込み550時間目の色落ち

【現状と着用環境】

a.p.c(アーペーセー) プチスタンダード。

略称プチスタ。

550時間経過・未洗い(ノンウォッシュ)・ロールアップ穿き。

このジーンズにおける目指す色落ちの方向性はメリハリ強く濃淡をつけ、ヒゲやハチノスのアタリを重視したもの。

このように考えている。

しかし黄みが強い色落ちが好みでない為、穿き込みの後半では洗濯の頻度を上げて小綺麗な方向性で穿き込みたいと思っている。

洗わずに穿き続けると青みがキレイに出ない為そちらにも注意を払う。

現状まだまだ濃い青。

プチスタンダードの色落ち

写真ではわかりづらいが、購入時の黒に見える様なリジット状態から全体的に1ランク青くなってきている。

ノンウォッシュの期間を長く取りヒゲとハチノスをしっかりつける。

糊が残っている固い状態のままシワが定着するまで穿き続けできるだけ洗わない。

色々な情報と意見を総合すると約6ヶ月(週3、4回の着用で1000時間目安)はノンウォッシュで定着させるのがセオリーではないだろうか。

デニムにおけるハチノスの色落ち

ハチノスはくっきり。

生地が硬いのでダメージで穴が開きやすく注意が必要。

ここはノリが効いていればある程度必ず出る。

タイトに穿くほど細かいハチノスになっていくしシワもしっかりついてくる。

後ろから見た際に目立つ箇所でもある為しっかり進めていきたい。

膝部。タイトなサイジングやシルエットにより強くアタっている。

デニムの膝の色落ち

裾部。自然な擦れは良いがダメージは極力つけたくない。

裾はシングルステッチ

ほぼロールアップで穿いているためアタリは無し。

裾上げは着地からプラス5センチで切ってある。

縮みは2から5センチの間で想定されるが読み切れない(個体差もある)ので長めに切っている。

洗う前のクセと洗った後のクセが縮みによりズレるので検証もしたいと考えている。

また、ロールアップの折り目から生地が切れたという事はよく耳にする。

ノンウォッシュで穿いているためデニム地が硬く切れやすいのである。

ノリの効いた固い状態での折り目やロールアップ部は特に注意。

折り目を毎回変えるなどでダメージを与えないようにい穿いている。

今後も色落ち、所感についてまとめ書き進めていきたい。

自身が思う「良い色落ち」を目指す。

色落ちを妥協しない。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!