【クールグリースと種類】ワックスよりもグリースをおすすめする理由

ヘアスタイルとグリース

髪型(ヘアスタイル)。

全体の印象を大きく左右し一度決めると簡単には変えられない。

【おしゃれはヘアスタイルから】髪型がキマらないとお洒落もキマらない
シンプルなお洒落とヘアスタイル シンプルなお洒落(おしゃれ)がしたい。そう考えている。 シンプルなお洒落とは? ...

髪型をキメるにはもちろん見せたいスタイルにカットする事から始める。

しかし、それと同じぐらい大事になってくるのがスタイリング

以前の自分はワックスを使用していたのだが全くもってしっくりこなかった。

色々なスタイリング剤を試していくうちぴったりなものが見つかる。

それがグリース

グリースとは?

グリース:液状の潤滑油や液状潤滑剤に増稠剤をまぜたものを指し水分を多く含み流動性のある半固形のもの。

スタイリングのための整髪料には他にもヘアワックスやスプレー、ジェルやヘアクリームなどたくさんの種類がある。

しかし、なかでもよく比較されるのがワックスとグリース。

ワックスではなくグリースをおすすめする理由

自分がワックスではなくグリースを使っているのには理由がある。

主に下記の二点。

つけやすい半固形タイプ

 ワックスに比べグリースが優っている点それは髪つける時のしなやかさ。

試したことがある人はご存知かと思うがワックスは基本的に固形タイプで硬い使用感のものが多い。油分も多く手のひらでよく伸ばし上手に髪になじませる必要がある。

よくもわるくもスタイリングが頼りとなる。

それが上手くいかなければワックス自体のべたつきや重みでスタリングはくずれてしまう。整髪が大事ということ。

一方のグリースは水分が多く流動性のある半固形。

整髪というより濡らすイメージで撫でつけたりくしゅくしゅと馴染ませるだけで整髪できる。とにかくつけやすい。ワックスのように一部だけ多めにつけてしまったりが無い。

かといって整髪力自体も十分ある。コームでかっちりキメるスタイルにもきっちりと使うことができる。

中にはしなやかなワックスもあるだろうがグリースのしなやかなつけごごちにはかなわない。

艶がある

ワックスの場合、メインで使用されるのがマット(つや消し)タイプ

固形タイプの特性のせいか「艶あり」のものが非常に少ない。

髪質による向き不向きもあるかと思う。自分の場合もともと艶がない髪質。よくいえばマットなタイプなのだろうがパサパサとしてしまいまとまりが無い。

グリースのつややかで馴染ませやすい使用感に助けられている。

以上からワックスにはない「つけやすさ」「馴染みやすさ」「艶」がグリースにはある。

自身の髪質との相性をみながらぜひ試していただきたい所である。

ハードワックスならばしっかり整髪はできるのだが、艶のあるタイプを使っても数時間もすると乾いて、ただのベタつきに変わる。

「これじゃダメだ、なんとかならないか」

そう感じ、グリースを使用してみたのが始まり。

クールグリースについて

ではなぜ数あるグリースの中でもクールグリースを選ぶのか?

それは整髪力と水溶性による使い勝手が抜群だから。

つけやすく艶があるのに整髪力は十分で水溶性のため洗い流すのも容易。

同じクールグリースでも様々種類があり用途や髪質によって適当なタイプを選ぶ事ができる。

クールグリースの種類

クールグリース

① 水色の「クールグリースG」

② オレンジ色の「クールグリースR」

③ 黒色の「クールグリースXX」

④ ニワトリが目印の「クックグリースXXX」

セット力は①→②→③→④の順番で高くなる。

もっとも定番として売れているのはクールグリースG(水色のタイプ)。

シリーズのなかではセット力(整髪力)はもっとも控えめで髪馴染みが良く自然な濡れ感。グリースの特性を活かしている。

爽やかなライムの香りも特徴。

クールグリースR

ちなみに自分がメインで使用しているのはこちらのクールグリースRと後述するクックグリースXXX。

このクールグリースR、取り回しの良さは水色のクールグリースGとほぼ同じ。

 クールグリースR

特徴としてはこちらの方が少しだけホールドが強い。

下から数えて2番目の整髪力のタイプでそれでもキープ力はしっかり備えている。

ほのかなアップルの香り。オールラウンドに使える。

UEVO(ウェーボ)ハードグロスとの併用

もし、グリースのみのホールドに物足りなさがあるのならばハードワックスの併用をオススメする。

下記のUEVO(ウェーボ)のハードグロスなら艶を保ったままワックスの効果が得られる。ホールドが強いのに艶ありのタイプは非常に珍しい。

ツヤありのワックス

しかし、やはりワックスはワックス。

つけすぎるとスタイリングした髪が寝てしまう為分量に注意し使用する。

自分が使用する際はまずクールグリースを全体に馴染ませてから部分的に揉み込んで立ち上げる。

クールグリースに1:1の割合で混ぜて使っても良い。きっちり整髪して作り込みたい方にはこちらがおすすめ。

クックグリースXXX

ワックスはいっさい併用せず、さらに強い艶とキープ力が欲しい場合はこちらがおすすめ。

クックグリースXXX

クックグリース

激しいモヒカンスタイルを連想させるニワトリのパッケージ。

色もインパクトがあり鮮やかな黄色。

パインのほのかな香りがする。

このクックグリースXXX、実は見た目の派手さとは違い実際に使ってみると実に使いやすい。クールグリースGとクールグリースRの艶と整髪力をグッとつよくしたイメージ。

つける分量でサラッと濡らす感じを出したり、多めにつけて流すことで男っぽいスタイリングも可能。

自由度が非常に高い。

 
 
 
 

クールグリースXX

クックグリースXXXよりわずかにセット力を抑えたもので選ぶならばクールグリースXX。
 
 
クールグリースXX
ブラックでシックなデザイン。艶は控えめでバランス良く使う事ができる。
 
 
セット力は十分ながら水溶性の取り回しやすいクールグリース
透明色。ほんのり甘いバナナの香りが特徴。
 
 
 
 
これらのクールグリースはセット力が高いものも含め全て水溶性
容易に洗い流す事ができる。
 
 
 
ツヤと整髪力の融合。万能なグリースで理想のスタイリングを。
 
 
 
スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!