sponsored link

【Uniqlo U(ユニクロユー) スウェットシャツ】普通に見えてクセがある良デザインについて

Uniqlo U について

Uniqlo U(ユニクロユー)とは?

 

UNIQLO(ユニクロ)の様々ああるラインのなか、デザイナーであるクリストフ・ルメールのチームによるコレクション。これがUniqlo U(ユニクロユー)。

 

「ベーシックな服に革新を」のコンセプトは実に興味深い。

 

 

 

ユニクロユーは個性的

ユニクロユーのアイテムにはプレーンで何にでも使いやすいアイテムが少ない。

 

ビッグシルエットや丈が短かったり半端なもの。部分的にデザインが入っているものが多く表面上はシンプルだが実は個性的である。

 

毎回必ずといっていいほどチェックしているUNIQLO U(ユニクロユー)。今回の2017秋冬コレクションについても色々と確認する事ができた。

 

感想としてはシンプルに見えて、やはりクセが強い。

 

特にアウターとニット類。パンツ(ボトムス)は一見してわかりやすいのだが、トップスに関しては着てみないと非常にわかりづらい。

 

袖が長いのに身丈が短いものや、かなりのオーバーサイズシルエットなど、上級者でなければ着こなせそうにないものがほとんど。使いこなせれば上品で格好良くみせる事ができるのだろだろう。

 

UNIQLO以上に上級者向けなのだろうか?

 

ユニクロの服は上級者向け

【UNIQLOだけでお洒落に見えるのか?】本当は初心者向けでないユニクロについて
UNIQLO(ユニクロ)。皆さまご存知じ、日本のカジュアルウェアを代表するブランド。 UNIQLO(ユニクロ)について 1949年柳井正氏が山口県宇部市にて創業。90年代前半から急成長を遂げ今となっては日本のみならず世界的なブランドとな...

 

 

スウェットシャツ(長袖)+E について

Uniqlo U の2017秋冬。数あるアイテムの中、今回はこの1種類のみ購入。

 

スウェットシャツ(長袖)+E

 

名称も平凡なスウェットシャツ。ご覧の通り普通の長袖クルーネックスウェット。そう言いたい所なのだがパッと見に反して細かく特徴があり非常に使える。

 

という事で購入に至ったユニクロユーのスウェット。その特徴とデザインについて掘り下げていく。

 

 

 

スウェットの特徴とデザイン

着丈長め

Mサイズの着丈は67センチ。これは同タイプのスウェットに比べ長い。(参考:無印良品Mサイズ65センチ)もともとスウェットという服自体、着丈が短いものが多い。

 

そのため着丈に関しては特に気にして選ぶべき部分である。着丈が長いことによって重ね着をせずとも一枚で着こなしやすく、ジャケットやコートなどのアウターを羽織った際にもバランスを取りやすい。加えていうと現在の流行との調和も取れる。かといって過度なビッグシルエットではない。

ラグランスリーブも特徴

 

胸から下の直線的なボディ

肩から胸まわりまではゆったりシルエット。そこから下にかけてはストレートなシルエット。長めの着丈と相性が良いかたちをしている。これにより体型のカバーしつつスッキリ着れる。

 

 

アームホールと袖丈

袖丈はジャストの丈感。

 

 

着丈に合わせると袖丈も長くなりがちだがあまりに長い場合、アウターを羽織った際に袖口がダブつく。その心配がなく冬のインナーとしても長期的に使える。

 

 

ボディ側面の処理

リブになっている。蛇腹状で伸縮するため動きやすくスポーティなディテール。

ヴィンテージやアメカジ、古着が好きな方はよくご存知のチャンピオンのリバースウィーブの仕様もコレ。

 

 

出典:champion

 

 

そういえばリバースウィーブも他のものよりボディは直線的なシルエットでアームホールは程よく太くカーブしている。

 

リバースウィーブ

リバースウィーブ
誕生は1934年。発案者は、創業当初からのスタッフであるサム・フリードランド。従来のスウェットシャツが洗濯後、激しい縮みを引き起こしたため、その原因となるタテ織りを横向きに変え、縮みを解消させることに成功。さらに、着心地の良さを追求すべく、両脇にリブ編みを施した。結果として、激しい動きにもスムーズに対応しうる、ゆとりのあるシルエットが成功。4年後には特許を所得し、今日に至るまでデザインを一貫いている。

出典:weblio

 

 

 

上品

素材はフレンチテリー。厚手ながらスウェット特有の粗野な雰囲気が無い。前V(首元のV字ガゼットの事)もなくプレーンな表情。この辺はユニクロユーらしい上品さがプラスに作用している。

 

以上、一見普通に見えるのにシルエットとディテールから醸し出される普通ではない雰囲気。

 

細部を理解し選ぶことができた。

 

「安いから」だけで服を選んではいけない

【使わない服を増やす注意すべき服の購入理由】「安いから」で服を買ってはいけない
服の購入理由 服を買う場合、そこには必ず購入理由が存在する。 様々な服の購入理由 シルエットが良い 〇〇が着ていて真似をしたい コレクト(収集)したい 持っているパンツに合わせたい 自分に似合いそう 新しいものに...

 

 

2色買いで白も購入。青みがかった不思議な色合い。これで敬遠している人もいるかもしれないがオフホワイト(黄みが強い白)が多いスウェットの中この色みは希少。

 

写真ではわかりづらいかもしれないが青みが強い白

 

UNIQLOの定番ジップアップパーカについてはこちら

【UNIQLOフルジップアップパーカ】ユニクロのパーカだけでお洒落に見えるのか?
ジップアップパーカとは パーカ(parka):首の根元に帽子(フード)が付いている上着。もともと普及していたクルーネックのスウェットシャツの応用として広まっていったのがはじまり。 ジップアップパーカはそんなパーカのボディにジップ...

 

着こなし

着こなしのイメージとしてはスラックスやテーパードパンツ、ワイドパンツなどでキレイにまとめてシルエットを活かし、定番靴やアウターと上手にコンビさせる使い方。

 

【カジュアルで穿くスラックス】着こなしが簡単な理由とコーディネート例
スラックスとは? スラックスのイメージ スラックスといえば。 ● スーツのズボン ● 折り目のあるパンツ ● ビジネスカジュアルの服装の人が穿いているパンツ 一般的イメージはこんな所だろうか。   お洒落に興...

 

秋はトップスとしてパンツや他の服との調和をつくり、冬はインナーで身丈、袖丈を活かして着まわす。

 

ユニクロユーのスウェットシャツ。普通に見えて普通じゃない。さりげない個性を着こなす。

 

 

タイトルとURLをコピーしました