sponsored link

【アウターにお金をかけるべきか?】選び方と高価な(金額の高い)アウターを選ぶ意味について

服選びにおいてアウター決めは非常に重要なものである。

 

しかし同時に、アウターは服のなかでも高価格帯アイテムとなる。だから慎重にえらんでいく必要があるだろう。

 

今回はそんなアウター選びの際、お金をかけるべきか否かについて。

 

選び方と高価(金額の高い)なアウターを選ぶ意味について。考察をすすめていこう。

 

アウターと選び方

アウターとは?

そもそもアウターとはどういったものを指すのだろう。

 

アウターとは?
アウターウェア(outerwear)の略で外側に着用する上着のこと。コートはもちろん厳密にはジャケットやスウェットシャツのようにトップスとして外側で使用しているものの事を指す。

 

アウターとは、インナーの上に着る服(上着)のこと。

 

出典:wear

 

アウター選ぶ場合、吟味し気に入ったものを選ぶ人、手に入れやすいものを割り切って選ぶ人など、選び方は人それぞれである。

 

では、さらに深掘りして、アウターを選ぶ際の条件と価格に対する考え方についても見ていこう。

 

 

 

 

アウターの選び方

アウターを選ぶ場合好みや用途など、条件を絞って決めることにより希望のものは見つけやすい。

 

【アウターにお金をかけるべきか?】選び方と高価な(金額の高い)アウターを選ぶ意味について

 

ブランド

たとえば、ブランドからアウターを選ぶ。

 

好みのブランドの方向性や歴史、ネームヴァリューは所有欲をかきたてる。

 

流行のブランドや特定のこだわり、コンセプトを持ったブランドなど、人によっては、特定のブランドで服を選ぶ事だけでスタイルがまとまる場合もある。

 

しかし、ブランドによっては非常に高価なものも多いため、今回のテーマであるお金をかけるかけない問題のなかに、ブランドで選ぶかどうかも大きく関わっている。

 

機能性

続いてのアウター選びのポイントは機能性。

 

寒い冬や雨の日にも安心して使えるもの。そうして考えた場合、防寒・保温・防水・着心地など、機能的に優れたものが好まれる。

 

なにしろアウターは外側に着るもの。だからスペックで服を選ぶのもひとつ。透湿性はどうだ、フィルパワーはどうだと、こだわりはじめればキリがないが選ぶ楽しみも増える。

 

デザイン

デザインからアウターを選ぶ。

 

デザイン自体は好みがもっとも分かれる所。

しかし、実は見た目が好きなものを選んでいる場合後悔は少ない気がしている。

 

好きなものはすき。直感で選ぶこともできる。

 

例えば自分の場合、無骨でワーク然としたジージャンのデザインが好きだ。それは理屈ではない。

 

【デニムジャケットの着こなし】ジージャンとコーディネート考察
デニムジャケットは定番服 デニムジャケット(ジージャン)は定番服である。 外に出れば皆んな多用な着こなしでデニムジャケットを着こなしている。季節的にも真夏・真冬を除きほぼオールシーズンで着用可能。 ジージャンは老若男女問わず着...

 

素材

そして、素材からアウターを選ぶ。

 

同じかたちやデザインに見えたとしても素材や質感が違えば印象は大きくかわる。

 

機能面からも柔らかい素材か?はたまた起毛素材?滑らかなものなのか?

 

自宅で手軽に洗えるものか?それともデリケートなのか?

 

用途によってアウターを選ぶ場合素材は超重要となる。

 

流行

トレンド(流行)からアウターを選ぶ。

 

せっかく選ぶなら流行から決めるというのも考えのひとつだろう。

 

旬のアイテムであれば品揃えも十分で、豊富な選択肢から好みのアウターをセレクトする事ができる。

 

世間の空気感や流れに乗るのも楽しい。

 

流行と量産型ファッションについて

【量産型ファッションとは?】皆と同じものを着ているのは格好悪いのか
量産型ファッション。 一度は聞いた事があるであろうフレーズ。 今回はファッションにおける量産型スタイルについて。 量産型ファッションとは? では、量産型ファッションとはどんなものを指していうのだろう。 量産型ファッ...

 

価格(金額)で選ぶ

以上のように様々な基準でアウターを選び決めていく。

 

しかし、上記のなかでもブランドや機能性、デザインを優先して選ぶ場合にここで価格の問題が立ちはだかる。

 

アウター選びも金額がすべてではないがお金をかける事で選択肢が増えるのは事実。

 

アウターにお金をかけるべきになのだろうか?

 

 

アウターにお金をかけるべきか?

アウターにお金をかけるべきか否か。

安価なアウターから選ぶ場合と高価なアウターを選ぶ場合を比べながら考察していこう。

 

価格の安い(安価)アウター

まずは価格の安いアウターについて。

 

安価で非常に優れた服も存在する。 安かろう悪かろうとも言い切れず、むしろ価格が高いからイコール良いものと決めるのは非常に危険。

 

実際、UNIQLO(ユニクロ)をはじめとしたロープライスながら品質も必要十分で使い勝手の良い服は多く存在する。

 

しかし、同時に注意も必要で、安価な服を着こなす場合「たくさんある中から良品を選ぶ目」や「組み合わせを工夫する力」が必要になるケースも多い。

 

よくもわるくも「無難」「フラットな印象」を与える可能性が高いため簡単ではないと感じている。

 

安いからだけで服を買う

【使わない服を増やす注意すべき服の購入理由】「安いから」で服を買ってはいけない
服の購入理由 服を買う場合、そこには必ず購入理由が存在する。 様々な服の購入理由 シルエットが良い 〇〇が着ていて真似をしたい コレクト(収集)したい 持っているパンツに合わせたい 自分に似合いそう 新しいものに...

 

実は難しい、UNIQLOは上級者向け?

【UNIQLOだけでお洒落に見えるのか?】本当は初心者向けでないユニクロについて
UNIQLO(ユニクロ)。皆さまご存知じ、日本のカジュアルウェアを代表するブランド。 UNIQLO(ユニクロ)について 1949年柳井正氏が山口県宇部市にて創業。90年代前半から急成長を遂げ今となっては日本のみならず世界的なブランドとな...

 

価格の高い(高価)アウター

上記に述べたとおり、価格が安い事は魅力だが、ことアウターに関しては高価なものを選ぶメリットが多分に存在する。

 

一番の理由は選択肢が広がるから

そして、高価なアウターを選んだとしてもその効果はとても大きく有益である事

 

以上から

アウターにお金をかけるべきか?このように問われた場合個人的には、

 

答え:お金をかけた方がよい

 

と回答する。

 

 

 

アウターにお金をかけた方が良い理由

ではアウターにお金をかけた方が良い理由について深掘りしていこう。

 

もちろん、前述したUNIQLOをはじめ、低価格帯で選ぶアウターでも有用なものは存在する。

 

しかし、アウターに関してはもっと選択肢を広げたい。「安いから」買うのではなく、好みやデザイン、機能や素材など、各条件すべてにおいてできるだけ良いものを選ぶ。

 

では具体的な理由について確認をすすめていく。

 

目立つ

アウターにお金をかける最初の理由。それは

 

アウターが目立つから。

 

なんとも単純な話になるが、これがあなどれない。

 

アウターは外側に着るトップス。必然的に面積も大きくなるし、季節感、デザインなど見てすぐ分かる。

 

真冬の主役アウターであるダウンは存在感も大きい

【デサントオルテラインのマウンテニア購入レビュー】水沢ダウンとは?定番モデルの機能とシルエットについて
寒い冬の主役アウターといえばダウンジャケット。高い防寒・保温性を誇るヘビーアウターの代表選手である。 しかしダウンというアイテムは選択肢も多く、様々なブランドから展開されている為セレクトに悩まされる。 そんななか絞り込み、ようや...

 

目立つ部分なのだから当然効果も大きくなる訳である。

 

もちろん見えない部分に高価でデザインが効いたものを使うのも素敵だ。

 

しかし面積が小さいし目立たない為、当然効果は薄い。見えない所こそ本当のお洒落という考えはわかるが、玄人の為の考え方な気がしている。

 

アウターが印象を決める

続いての理由、それははアウターは見た目の印象を大きく左右するから。

 

例えば、お洒落にみえる人がいる。

その場合、間違いなくアウターのセレクトや着こなし方に凝っており格好良い。

 

コーディネートのおよそ半分を占めるし、目向かいやすい上半身をすっぽり覆うアウターが全体の印象を大きく左右するのは当然の事だろう。

 

長期に渡り使用できる

以上のように、同じ服にお金をかけるとしても、アウターに重きを置くというのはそれ相応の効果があると考える。

 

例えば一万円のアウターを毎年買うくらいであれば、3万円のアウターを3年以上使う。

 

5万円のアウターを5年以上使うといった具合(もちろんモノによっては難しいが)。

 

条件次第にはなるが少し高価でも吟味し妥協なく選んだアウターであればじっくり長期的に気に入って使用できるだろう。

 

ここにアウターのお金をかける意味が詰まっている。

 

まとめ

以上アウターの選び方とお金をかけるか否かについて。

 

良質のものを見極め妥協なく選ぶ事により、デザイン・機能・価値を手にする事ができる。

 

これが、前向きな意味でアウターにお金をかけるという事だと考える。

 

ただの消費ではなく、服そのものを楽しむひとつの選択肢。

 

さあアウターはどれにしよう。本気の1着を探すときは今である。

 

タイトルとURLをコピーしました