【アウターにお金をかけるべきか?】アウターの選び方と価格の重要性について

アウターウェアの選び方

アウターとは?

アウターとは?
アウターウェア(outerwear)の略で外側に着用する上着のこと。コートはもちろん厳密にはジャケットやスウェットシャツのようにトップスとして外側で使用しているものの事を指す。

つまりはインナーの上に着る服(上着)のこと。

出典:wear

ではそのアウター、普段どのように選んでいるのだろうか?

気に入ったもの、吟味し選んだものを身につける人。はたまた室内に入ってしまえば脱ぐし安いもので十分と選ぶ人。

このように人によってその基準は様々。

今回はそんなアウターの選び方とその大事な中身について考えていく。

アウター選びの条件と価格

アウターの選び方

アウターを決める場合、ある程度の好みや用途などの条件を絞ることにより希望のものが見つけやすくなる。

アウターにお金をかけるべきか?

さっそく項目を絞り見ていく事にしよう。

ブランド

好みのブランド、方向性や歴史、ネームヴァリューも所有欲に影響する。

人によっては特定のブランドで服を選ぶ事だけでスタイルがまとまることさえある。だからブランド先行で選んだって良いではないか。

機能性

アウターとして選ぶのであれば、防寒・保温・防水・着心地など機能的に優れたものが好まれる。

なにしろアウターは外側に着るもの。だからスペックで服を選ぶのもひとつ。透湿性はどうだ、フィルパワーはどうだ、こだわりはじめればキリがないが選ぶ楽しみも増える。

デザイン

デザイン自体は好みが分かれる所。だからパッと見の直感で選ぶという方法がある。

見た目が好きなものを選んでいるのだから実は後悔が少ない。

好きなものはすき。

ジージャンのデザインが好きだ。それで選んだって良い

【デニムジャケットの着こなし】ジージャンとコーディネート考察
デニムジャケットは定番服 デニムジャケット(ジージャン)は定番服である。 外に出れば皆んな多用な着こなしでデニム...

素材

同じかたちやデザインに見えたとしても素材や質感が違えば印象は大きくかわる。

良い素材は良デザインとイコールである。

流行

せっかく選ぶなら流行の服から決めるのもひとつ。旬のアイテムであれば品揃えも十分で、豊富な選択肢からセレクトする事ができる。

新鮮な気持ちで楽しむ流行アウター。

以上のようにそれぞれの基準でアウターを選び決めていく。

しかし、この中でブランドや機能、デザインを優先して選ぼうとした場合にどうしても超えられない壁が現れる。

それが価格。

お金をかけるかどうかで選択肢が限定されてしまうという事。

アウターにお金をかけるべきか?

ではアウターにはお金をかけるべきなのだろうか?

安いアウター

もちろん安価で非常に優れた服も存在する。 

安かろう悪かろうとも言い切れず、むしろ価格が高いからイコール良いものと決めるのは非常に危険。

しかし、安価な服を着こなす場合「たくさんある中から良品を選ぶ目」や「組み合わせを工夫する力」が必要になるケースも多く、着こなしの難易度はたちまち上がる。

安価な服(プチプラ)の着こなしについて

【男性にとってのファストファッション】プチプラの有効な使い方
ファストファッションとプチプラについて ファストファッションとは? 流行を取り入れた衣料を大量生産により安価に販...

安価なアウターを選ぶことで逆に難しくなるということ。

安価なものは難しい。UNIQLOは上級者向け

【UNIQLOだけでお洒落に見えるのか?】本当は初心者向けでないユニクロについて
UNIQLO(ユニクロ)。皆さんご存知じ日本のカジュアルウェアを代表するブランド。 1949年柳井正氏が山口県宇部...

という事で。アウターにお金をかけるべきか?

の2択に迫られた場合の答えとしては

答え:かけるべき

と考えている。

もちろん、ZARAやUNIQLOをはじめとした低価格帯で選ぶアウターの中には有用なものもたくさんある。

しかし、現実的にはもう少し金額を上げて探さないと巡り会えない良品というものも存在している。

だから選択肢を広げたい。

アウターにお金をかけた方が良い理由についてくわしく見ていこう。

アウターにお金をかけた方が良い理由

目立つ

まず大きな理由として考えられるのはアウターは外から見て非常に目立つという点。単純な話に聞こえるかもしれない。

しかし「目立つ」という部分に比重をおく価値は確かにある。

アウターの場合、デザインやブランドによる特徴、ディテールなど他のアイテムでは気づきにくい部分まで簡単に見て取れる。

物理的に面積が大きいのも理由のひとつで、素材の質感やつくりも含め見たままに分かってしまう。

当然、見えない部分に高価でデザインが効いたものを使ったとしても見えない為効果は薄い。見えない所こそ本当のお洒落という考えもわかるがそれはまた別の話。

注意。安いからの理由で服を買う事について

【安いから買う】注意すべき服の購入理由
服を買う際の理由 服を買う時、そこには必ず理由がある。 シルエットが良い 〇〇が着ていて真似をしたい ...

アウターと着こなし

仮にお洒落に思える人がいたとしてアウターを着用していたとする。

その場合あくまでアウターがあってのお洒落。アウター自体が全体におけるほとんどの印象を決めてしまう。

なにしろコーディネートのおおよそ半分をアウターが占めるのだから。

アウターを長持ちさせる

以上のように同じ金額をかけるにしてもアウターにはそれ相応の効果があるという事。

だが、ただ高いものを買えば良いという意味ではない。

例えば1万円のアウターを毎年買うくらいなら3万円のアウターを3年以上使う。5万円のアウターを5年以上使う。(もちろんモノによっては難しいが)

一生モノについて

【一生モノが欲しい】ずっと使える服の条件
服の一生モノについて 一生モノとは? 一度手にしたらずっと(一生に渡り)使えるもの。 こういったものがある...

そうすることによりデザインや機能性、ブランドの価値とフルに楽しみ、メンテナンスさえも楽しみに変え、お洒落は充実したものになっていく。

アウターにお金をかける。それはただの消費ではなく、選択肢を増やし長きにわたり服そのものを楽しむことである。

 
 
 
スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!