sponsored link

【Tシャツに合う時計】半袖のコーディネートと時計の選び方

Tシャツ。

 

夏の主要アイテムで、これからの季節に登場の頻度も高くなっていく代表トップス。

 

ヘインズのパックTと種類

【ヘインズ(Hanes)パックTの種類】3-pack・ジャパンフィット ・ビーフィーTの特徴と用途について
ヘインズのTシャツ。 だれもが知る定番中の定番。 なかでも、パックTシリーズはヘインズにおける代表作で評価も高く、名品ぞろい。 3pack-T、ジャパンフィット(Japan Fit)、ビーフィーT(BEEFY-T)は非常に有名。 ...

 

UNIQLOのスーピマTについて

【スーピマTの特徴】ユニクロ(UNIQLO)のスーピマコットンクルーネックTシャツについて
スーピマコットンクルーネックTシャツ。 皆さんご存知UNIQLO(ユニクロ)のTシャツで、毎年マイナーチェンジをされながらも繰り返し売られている大定番。 このスーピマコットンクルーネックTシャツ(スーピマT)今回、改めて...

 

今回は夏の必需品、Tシャツとそれに合わせる時計についての考察。

 

 

Tシャツと時計

夏のメインアイテムであるTシャツ。

 

 

暑くなるに従い一枚で着る機会もふえていく所だが、その際によく一緒に使われる小物が腕時計

 

なぜなら、半袖のTシャツを着用した場合腕元ががら空きになるから。

 

 

半袖と腕周りの小物

半袖を着用する際に使う腕周りの小物。

 

もちろん、ブレスレットやバングルなどを用いる方法もあるが、どうしても「飾り」としての意味合いが強い。

 

そこで時計の出番である。「時間を見る」という実用面を持ちあわせている為、自然に着用することが可能。

 

いつ着ける時計なのか?

【時計の選び方と着こなし】いつ付ける時計なのか?
腕時計。ほとんどの方はその日の気分や着こなしによって様々なものを身につけているのではないだろうか? 出典:pinterest 時にはコーディネートのアクセントに。時には着こなしの主役に。 今回はお洒落(おしゃれ...

 

 

Tシャツに合う時計の選び方

Tシャツに時計を合わせる際どういったものを選べば良いのだろう?

 

半袖コーディネート特有の時計との相性や組み合わせなど、項目に分けて考えていきたい。

 

【Tシャツに合う時計】半袖コーディネートと時計について

 

 

Tシャツと時計のテイストを揃える

時計といってもその出自や雰囲気、テイストは様々。まずはそこを見極めTシャツに合わせていく。

 

大きく分けていくとすれば、シンプルスポーティハイテク

 

細かく言えば無数にカテゴライズできるのだろうがここでは大まかに分類。

 

身に着ける時計をそのテイストに沿わせることにより馴染ませていくのがひとつの基本。

 

 

シンプル

落ち着いたデザインや小綺麗でシンプルなTシャツに合わせるのであれば時計も「シンプル」なものから選びたい。

 

例えばベーシックな三針やクラシック顔のパイロットウォッチ、ミリタリーウォッチのようにごくシンプルなアナログ時計。

 

 

[インターナショナル ウォッチ カンパニー][メンズ] IWC マーク16 Ref.IW325501 2010年 [並行輸入品]
IWC(アイダブリューシー)

 

 

 

コーディネートもミニマルに整えられ、バランスのとれた着こなしをつくりやすい。汎用性がもっとも高いのはやはり「シンプル」な時計。

 

究極のシンプル、チープカシオMQ-24-7B2LLJFについて

【チープカシオとは?】シンプルな白文字盤のアナログウォッチとカシオスタンダードMQ-24-7B2LLJF(MQ-24-7B2LLJH)について
あらゆる場面で気兼ねなく、飽きる事なく、そしてさりげなく普段づかいできる腕時計が欲しい。 そんな気分で様々調べ、一本の時計を購入した。 今回は低価格ながら非常に人気の高いカシオスタンダード(チープカシオ)について。 チープカシ...

 

 

スポーティ

次は「スポーティ」に分類できる時計。主にアナログのものを中心に見ていきたい。

 

そもそもTシャツはスポーツアイテムである。

だから、シンプルでスポーツテイストがつよい時計は当然相性が良いことになる。

 

中でも使いやすいものと考えるならば、ダイバーズやクロノグラフ。

 

 

 

 

オメガ OMEGA シーマスター アクアテラ クロノ 自動巻き メンズ 腕時計 231.50.44.50.01.001 ブラック 腕時計 ハイブランド オメガ mirai1-526650-ah [並行輸入品]
ノーブランド品

 

機能的でありながら適度なデザインと主張があり、無地のTシャツと組み合わせても存在感を示してくれる。

 

ボリュームがありごつめのフォルムをもつものも多い為夏のTシャツコーデにはしっくりはまるだろう。

 

 

ハイテク

最後に取り上げるのは「ハイテク」要素のある時計。
 
主張のあるロゴTやストリート色のつよいデザインなどの場合、デジタルや特徴的なフォルムのハイテクウォッチがマッチする。
 
ボリュームのあるデジタル時計の代表G-SHOCKや未来的なデザイン。このあたりはあえて主張のつよいTシャツに合わせることによりお互いを引き立てることができる。
 
 
Apple Watchをはじめとするスマートウォッチもこのハイテクカテゴリに分けられるだろう。
 
 
 
 
 

 

もちろんシンプルな無地や控えめのロゴ・デザインのTシャツにあわせてもかまわないが、デジタル表記や未来的なデザインをもつものも多く、個性的なTシャツにあわせていくのも面白い。

 

デジタルウォッチの代表作G-SHOCKについて

【G-SHOCKの種類】四角型(スクエアタイプ)から始まったジーショックと歴史
G-SHOCK。その名前すら知らないという人はなかなかいない。 それほどに有名、それほどに定番な時計。 今回はそんなGショックの種類と歴史について見ていきたい。 G-SHOCKのはじまり 1981年。 CASI...

 

このようにテイストを沿わせる事で着こなしはまとまりやすい。

共通していえる事といえば着こなしの主役を決めて合わせていくという事。

 

 

メイン(主役)を決める

例えば、「主張がある時計が主役」

や「ロゴの効いたTシャツが主役」など。

 

このように、コーディネートの主役を想定し構築する事で着こなしはまとまりやすい。

だから、前述したように時計とTシャツのテイストを見極め組み合わせる必要がある。

 

必ず同じにしないといけない訳ではないがテイストを揃えることによってその他のバランスが取りやすく、自由が効くようになる。

 

 

 

カラー

 色のバランスがまた重要。どんなにテイストや他が整っていてもカラーバランスが整っていない場合よくもわるくもとにかく目立つ。

 

Tシャツに鮮やかな黄色を用い、パンツに原色の緑、赤色の時計を選んだとすればデザインがどうとかの話ではなく、色にしか目がいかない派手派手コーデとなるだろう。

 

 

 

 

もちろんこれはこれで格好良い。合わせやすいかというと、少し別の話。

 

対して黒などのベーシックカラーならばほとんど気にすることなく組み合わせることができる。

 

汎用性が高いという部分ではやはりこちら。

 

オールブラックのG-SHOCKについて

【オールブラックのジーショック】5600系黒色スクエア型のシンプルモデルDW-D5600P-1FJについて
ジーショック(G-SHOCK)には様々なモデルがある。 種類も膨大でいくつあるか数えるのも困難なくらい。 G-SHOCKの種類と歴史について という訳で、そんな中から好みのモデルを選ぶのも一苦労。 モデル指定であれば...

 

しかし、だからといってただベーシックカラーを使えば良いという事ではなく、時計のカラーをTシャツを含む全体に合わせるという事。

 

逆に派手色の方が好ましい場合もある。だからカラーコーディネートは面白い。

 

カラーコーディネートについて

【カラーコーディネート】おしゃれに見える色使いとは?
カラーコーディネートの重要性 色の着こなし、使い方はサイジングに並び非常に重要な項目。 サイジングについての考察はこちら 色の着こなしにもセオリーはあるはず。ここから押さえていく。 もちろん複雑に色を取り入れ、一般的...

 

 

フォルムで選ぶ

 時計にもフォルムがある。要素としては文字盤の幅、厚み、かたち。

幅に関しては小さければ華奢でかわいらしい印象になるし、大きければ無骨でタフな印象を与える。

 

ごく薄のシンプル時計チープカシオ

【チープカシオとは?】シンプルな白文字盤のアナログウォッチとカシオスタンダードMQ-24-7B2LLJF(MQ-24-7B2LLJH)について
あらゆる場面で気兼ねなく、飽きる事なく、そしてさりげなく普段づかいできる腕時計が欲しい。 そんな気分で様々調べ、一本の時計を購入した。 今回は低価格ながら非常に人気の高いカシオスタンダード(チープカシオ)について。 チープカシ...

 

 

厚みに関してもクラシックでフォーマルな時計の場合は薄さもあり上品。厚手であればスポーティでタフに見えるだろう。

 

機能を重視した時計には厚みのあるモデルも多い。

 

 

かたちに関しては丸型、スクエアタイプ、変形型など見た目そのものに直結する。

ベーシックなのか、装飾的なのか、無骨なのか。

 

これらを、Tシャツの種類や見せたい印象にあわせて組み合わせる。

 

 

 

Tシャツと時計のコーディネート

シンプルなTシャツであればあるほど時計の比重は高くなるため、自動的に存在感は高くなる。

 

シンプル

下記はとにかくシンプルに組み合わせたTシャツコーディネート。

 

 

出典:kurumani.com

 

モノトーンに沿わせ黒バンドに白文字盤の時計であくまでスマートにまとめている。

 

金属ブレスと中程度のボリューム

ネイビーTシャツにブレス仕様のややボリュームのある時計の組み合わせ。

 

出典:otokomaeken.com

 

ハイテクスニーカーの主張に負けないように存在感のある時計を合わせ、あくまでTシャツはダークトーンのカラーでバランスを取りながらコーディネートをまとめている。

 

派手な時計

主張のつよい派手な時計を使用したコーディネートの場合。

 

出典:pinterest.jp

 

ゴールドの時計。

 

通常コーディネートを組むにあたりかなりの難易度。しかし、完全脇役のシンプル白Tシャツ、カラートーンを合わせたベージュパンツ、スニーカーで時計を引き立てている。

 

時計の派手さを悪目立ちさせずコーディネートする好例。

 

まとめ

以上のようにTシャツに時計を組み合わせる場合は時計が目立つ事を前提に考える。

 

時計を主張させるかカラーバランスでまとめきるか。

フォルムによって上品、カジュアルに振り分け全体をそれに合わせていくのも良い。

 

Tシャツと時計。

あたりまえにお互いを引き立たせる。

そんな関係。

 

 

タイトルとURLをコピーしました