【ミニマルなお洒落の考察 】着ない服を買わないメリット

ミニマルとは?

ここ数年でミニマルというワードをよく聞くようになった。

ミニマルとは?

ミニマルの意味は日本の辞書においてはミニマム: minimum)と同じだが、英語圏では完全に区別して用いられる。ミニマルは形容詞、ミニマムは形容詞としてだけでなく名詞としても使われる。

形容詞としては、ミニマルは単に「必要最小限」「最も小さい/少ない」という意味で使われ、ミニマムは「ある定められた範囲における最小限」を指す意味で使われる。

出典:Wikipedia

最小限度。

少ない要素。だが必要なものはある状態。

それが「ミニマル」。

ミニマルなお洒落

なんとなく格好良い響きにだまされているのだろうか?それとも本当に洗練された格好良い状態を指すのだろうか?

考察を進めていこう。

ミニマリストについて

ミニマリスト。最小限度の状態(ミニマル)を指向し生活する人のことである。

モノの数を絞り生活したりファッションを楽しんだり、ライフスタイル全体を構築していく。

ひとくちにミニマリストと言っても程度の違いはある。

例えば本気のミニマリストに関してはその絞り込みがすごい。

生活に必要な服に関してもとにかく数を絞っていく。

ライフスタイルを考える事にも繋がる

【お洒落とライフスタイル】普段の生活とファッションは繋がっている
普段の生活とファッションに関連はあるか? ある。 そう考えている。 お洒落とライフスタイルの関係 ...

ミニマルが最優先。

ミニマリストのファッション

例をあげるとシャツをビジネスとカジュアル兼用で使用したり同じ靴やパンツを必要数揃え着る際に迷わない様選択肢を制限したりする。

もはやデザインを楽しむ等のレベルではなく実用性と数の絞り込みを目的に服を買っているようなもの。

お洒落をしないという考え方にも近い

【お洒落をしない】人がお洒落(おしゃれ)をしなくなる理由
世の中にはお洒落(おしゃれ)をする人とお洒落をしない人がいる。 そもそもお洒落とは? 洒落(しゃれ):垢抜け...

かなり振り切ってはいるもののシンプルなライフスタイルを目指しモノを大事に使うという点は非常に現代的。エコでもある。

なんとなく服を選び、買う事で満足してしまったり着ないで捨ててしまう。

このような無駄を徹底的に無くす。

ミニマリストに学ぶ所は多い。

着ない服を買わない理由とメリット

自分はお洒落をするにあたり着ない服は買わない様にしている。

こだわりのようなもの。だからひとつの服を選ぶ際じっくりと調べ、買う前から組み合わせを複数考えたりもする。

ファッションの楽しみ方としては比較的「スロー」な方の考え方だろう。

何故着ない服を買わないのか?

● 好みがはっきりしている

● お金は有限

● 捨てるのが嫌い

● モノを大事に使いたい

以上の理由から。

これはどんな服でも妥協なく納得して選びたい。愛着を持ちたい。そういった思いから来ている。

最終的には散々悩んで買わない事もあり、価格の高い安いに関係なく店頭の商品やネットの画面とにらめっこしている。こんな事もよくある。

着ない服を買わないメリットについて。

● 管理できる→ 分量が少なければクローゼットの服の状況把握が容易。メンテナンスにも手が回る。

● 着まわし→ もともとある服の着まわしを活用するようになる。腕が磨かれるだろう。

● コスト→ 不要な出費がない。処分するコストもかからない。他の費用にまわす事ができる。

以上のように着ない服を買わないメリットは多い。

ミニマリストではない

ミニマリストの数を絞ったファッション感や自身のモノを買わない考え方について進めてきた。

しかしただモノを減らす事に追求しすぎるのはいけないと考えている。

大事なのはそこに遊び=楽しみがあるかどうか。

例えばミニマリスト的には数量の絞り込み自体が遊びであるし、自分であればモノを愛着をもって使いたいという部分が楽しみになっている。

合理的に服を選ぶのも良い。しかしお洒落をするのであれば感覚を大事にしていきたい。

≒(ニアリーイコール)ミニマリスト。

最小限だけでは終わらない。引き算し残った部分を楽しむ事。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!