【デニムジャケット(ジージャン)】いつからいつまで着る?

デニムジャケットを着れる時期

デニムジャケット(ジージャン)はどの時期に着る服だろうか?

春や秋によく着られているが実際の所はどうなのか。どのぐらいの気温で着られる服なのか。しっかりと考察していきたい。

ジージャンの保温性

この記事を書いているのが3月。

地域にもよるが最高気温が10度前半から15度を超えるぐらいの時期。

少し早いかと思ったがデニムジャケットで外出する事にした。

ジージャン(デニムジャケット)はいつからいつまで着れるか

これは寒い。しかもインナーが薄手のカットソーだけでは尚更厳しい状態。

残念ながら用事も早々に帰宅することにした。

早めの時期に着用してみて感じた点。

それはデニムジャケットに保温性は無いという事。とにかく風を通すし寒い。

冬場はライニングが付いているものでなければ着用は厳しいように感じた。

では夏はどうだろう?

夏。ジーンズを夏場に色落ちさせるため毎日穿いたこともあるが蒸し風呂状態である。今度は逆で生地が厚すぎる。高オンスのデニムジャケットは尚更暑い。

どうやらデニムは気温に対する機能性を持ち合わせていない。

ベクトルとしては「丈夫」という所に特化しており、だからこそ無骨で格好良いともいえる。デニム特有の魅力。

デニムジャケット(ジージャン)の色落ち考察はこちら

【ジージャンの色落ち】アーペーセーデニムジャケット250時間目(a.p.c denim jacket)
ジージャン(デニムジャケット)が好きだ。 無骨で短い丈と生地がもたらすザラ感、細かいディテールと本当に格好良い。 ...

ジーンズ(a.p.c プチスタンダードジーンズ)の色落ち考察はこちら

【ジーンズの良い色落ちとは?】550時間目 アーペーセープチスタンダードデニム( a.p.c petitstanderd denim)
a.p.c ジーンズの色落ち アーペーセーのジーンズは色落ちが良い。 これは今までに多くの記事や情報、ブログの穿きこ...

気温による着こなしとデニムジャケットのインナー

ジージャンを着る場合、気温としては最高気温で15度から20度前半までが丁度良い。

時期で考えると春は3月下旬から初夏の5月がデニムジャケット着用のピーク。その他の時期についても見ていこう。

6月に入っても着る事はできるが梅雨の雨に注意が必要である。デニムは濡れて無用に色落ちるするし他の服への色移りにも気をつけねばならない。

そうこうしているうち今度は暑い夏がやってくる。条件限定で着る事ができるがそちらについては後述する。

秋は9月の中ごろから冬が始まる11月まで。最高気温の目安で15度を下回るまでは通常どおり着用可能。

その以外の時期についてもインナーアイテムの入れ替えやジャケットボタンの着脱、レイヤードの工夫によって快適に着る事ができる。

デニムジャケットの着こなしにおいてビジュアル的にも機能的にもインナーの使い方が非常に重要だといえる。

気温別の適正インナー

デニムジャケット(ジージャン)の気温別適正インナーについて。

最高気温ごとにどのインナーを選べば良いか、確認していこう。

【最高気温15度前後

パーカ→ 首元をフードで覆うことで冷たい空気を防ぎ保温することができる。レイヤードの際はフードに厚みのないものだと襟周りがゴワつかない。

ニット→ しっかり保温できるものを。しかし着膨れして見えるのでサイズや厚手・薄手にも注意。

【最高気温15度から20℃未満】

薄手のスウェット→ 厚さとデザインのバランスがとれたものを選ぶ。

カットソー・シャツ→ デザインはもちろん、裾の長さによって印象が変わる為気をつける。

【最高気温20度以上】

Tシャツ→ ネックにも注意。Vネック等開きがあるものだとさらに涼しく着ることができる。

【最高気温10度未満(真冬)

アウターオンアウター→ デニムジャケットをインナーとして使いコート等アウターの中に着る手法。きれい目のコートを程良くカジュアルダウンさせる組み合わせで真冬のマンネリしやすいコーディネートに変化をもたらす。

このようにデニムジャケットは気温により様々なインナーと組み合わせて着用が可能。

インナーについての考察

【インナーTシャツの選び方】形と色による違いについて
インナーの重要性 インナーとは? インナーウェア(innerwear):衣類の中に着る下着の事、インナーとも呼ばれる...

ジージャンの季節(シーズン)

ジージャンに向いている季節についてはどうだろう?

早速確認していこう。

デニムジャケットは春のコーディネートにとても向いている

青を基調としたデニムのカラーリングが爽やかな印象を与え新たな環境を迎える春にぴったり。

色落ちの進んだデニムの色も淡色が映える季節感にも沿って見える。

暑さからもジージャンを着れないイメージのある夏。

しかし青色が持つ清涼感を活かし気温の低い日を中心に着用可能。

出典:pinterest

春夏であればウォッシュがかかった明るい色のジージャンが映える。

その際、ボトムスは黒やネイビーのダークトーンパンツが合わせやすい。

上下の濃淡で爽やかなデニムが強調されるクリーンな着こなし。インナーの白Tも効いている。

肌寒さを感じる秋。

そしてジージャンの深いインディゴが映える秋。

気温的にもジャケットを羽織るに適した季節はレイヤードのバリエーションを使いジージャンを着こなすことができる。

セットアップが有効なのもこの季節

【デニムセットアップと着こなし】上下デニムがお洒落(おしゃれ)に見える人の共通点
デニムのセットアップについて セットアップとは ファッションにおけるセットアップとはトップスとボトムスを上下セットで...

寒さも進みジージャン一枚だけでは厳しい冬。

インナーで厚手のニットを使用したりライナーのあるジャケットを使う事で着用可能。

真冬であればアウターオンアウターの着こなしでインナーとしてコーディネートするのもひとつ。

デニムジャケットのアウターオンアウター

【アウターオンアウター】デニムジャケット(ジージャン)をインナーで着る
アウターオンアウターとは? アウターオンアウター。 文字通りアウターの中にアウターを着るという事。 ...

このように前述した気温による着こなしと併用することにより全ての季節でデニムジャケットを楽しむ事ができる。

デニムジャケットはいつからいつまで着れるか?

つまる所デニムジャケット(ジージャン)はいつからいつまで着れるのだろうか?

この問いに対しては

インナーの調節とレイヤードによって真夏以外は着用できる。

という事になる。

デニムジャケットはインナーによってその印象を大きく変える。

気温に合わせつつ表情豊かに着こなしていきたい。

ジージャンの着こなしについて

【デニムジャケットの着こなし】ジージャンとコーディネート考察
デニムジャケットは定番服 デニムジャケット(ジージャン)は定番服である。 外に出れば皆んな多用な着こなしでデニム...

様々な着こなしによりデニムジャケットを楽しもう。

ジージャンはオールシーズンジャケットである。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!