【シンプル白文字盤のアナログチープカシオ】MQ-24-7B2LLJF購入レビュー

チープカシオとは?

チープ(cheap):安い、安価である事を意味し、安っぽい、安かろう悪かろうなどネガティブな意味合いも含まれる。

であれば自身も所有している「チープカシオ」は安価なカシオの時計という事になる。

ちなみに元々チープカシオというモデル名やシリーズ名自体はは存在しない。

カシオはG-SHOCKをはじめとする機能的でタフな時計に定評がある日本のメーカーで、そのカシオの低価格帯時計がチープカシオと呼ばれているにすぎない。

四角型G-SHOCKからみるカシオの歴史

G-SHOCK。その名前すら知らないという人はなかなかいない。 それほどに有名、それほどに定番な時計。 ...

このチープカシオ。シンプルな外観や必要最低限の機能を持ち合わせている事もあり各SNSでも人気を博し有名人や幅広い層に支持されている。

「流行している」から発展を遂げ定番アイテムになっているといって良いだろう。

そして今回、数あるチープカシオの中から自分が選んだのがMQ-24-7B2LLJF

MQ-24-7B2LLJF

MQ-24-7B2LLJFはチープカシオの中でも非常に評判の良い代表作。

究極にシンプル。究極にベーシック。それを体現している究極の実用時計。

チープカシオ購入レビュー

購入直後の状態がこちら。

箱がいかにもチープな雰囲気を醸し出す。

もちろん良い意味で言っている。安いだけではない理由をじっくりと述べていく事にする。

「安いから」だけで買ってはいけない

服の購入理由 服を買う場合、そこには必ず購入理由が存在する。 様々な服の購入理由 シルエットが良い ...

早速開封していこう。

チープカシオ開封と付属品

本体に取扱説明書兼保証書(メーカー保証1年)と必要最低限。

余分な箇所にコストはかけないといった所。

肝心の時計はいかがなものだろう?

その特徴とスペックについて早速見ていく事にする。

特徴とスペック

シンプルなアナログ白文字盤

まずは文字盤。

【チープカシオ購入レビュー】定番MQ-24-7B2LLJFについて

白地に大きめの文字は視認性が高い。数字の書体はHANDEL GOTHIC(ハンデルゴシック)。

通常、ここまで文字が大きいと主張が過ぎてしまうのだがシンプルな白地と相まって非常にすっきりとして見える。

一目見た感想は

全然チープじゃない。

期待は高まるばかりであった。

スペック

続いてスペックついても確認していこう。

MQ-24-7B2LLJFのスペック
精度:平均月差±20秒

材質:樹脂(ケース・ベゼル・バンド)

ガラス:ガラス樹脂

サイズ:38.8×33.8×7.8mm

質量:20g

防水:日常生活防水

電池規格:SR621

電池寿命:約2年

本体は20gと非常に軽い。その為着用時のストレスが軽減され腕が疲れない。手元で細かい作業をする時でも邪魔にならないのも特徴。

黒のウレタンバンド

バンドはつや消しブラックの樹脂ベルト。

調節の穴も多くの箇所に開けてあり、微調整が可能。

薄手のボディ

非常に薄手で装着時の一体感が抜群。

薄い・軽いはモノを使う上で大きなメリットである。

チープカシオ のサイズ感

見た目も実にスマート。男性でも腕が細い〜普通の太さの方なら問題なく装着できるだろう。

コンパクトサイズである為女性でも違和感なく使う事ができる。

ゴツい時計がご所望ならやはりG-SHOCK

ジーショック(G-SHOCK)には様々なモデルがある。 種類も膨大でいくつあるか数えるのも困難なくらい。 G-S...

時刻合わせ

時刻あわせはリューズを引っ張り行う。

薄型の時計

側面からの写真。非常に薄型で小ぶりなリューズがデザインを邪魔しない。

黒色ボディとシルバーのコントラストも綺麗。

リューズを引っ張っると針が止まり、回して時刻が合う。

押し戻すと時刻刻みが開始されるシンプル構造。

無駄な機能は一切なし。

ミニマルデザインに極みはここにあった。

選んだ理由とおすすめポイント

では数あるシンプルウォッチの中から、このMQ-24-7B2LLJFを選んだ理由についても詳しく確認していく事にする。

薄くて軽い時計

主な選択理由は下記。

● コンパクト

● 視認性

● 白文字盤

● モノクロ

● アナログ

● シンプルデザイン

● ナイロンまたは樹脂バンド

小ぶりで視認性が高く文字盤、バンドも含めたシンプルデザイン。ありそうでないミニマルヲッチはこの品番しかなかったと感じている。

もちろん他にも近い条件のものもあっただろう。

例えばタイメックス(TIMEX)のキャンパーSEIKO5の各種モデルを選んでナイロンバンドに変更するなど。

もちろん他のチープカシオのモデルも。

さらにプレーンなタイプが好みであればこちらのMQ-24-7BLLJFも良いだろう。違いは文字(数字)の大きさ。こちらの方が小さいためさらにシンプルに見える。

しかし今回最大の決め手となったのはMQ-24-7B2LLJFならではの少しだけ個性的なデザイン

クセのある文字の大きさと書体が効いておりただのシンプルな時計では収まらない。

通常は安いデザイン→凝っていない・品質がわるい

とマイナスに作用する事が多いのだがこのチープカシオ(MQ-24-7B2LLJF)に関しては全く逆(プラス)に転じている。

CASIOの定番

白黒のみで構成された統一感。ごく薄型のボディとディテール。デイト(日付)すらないシンプルな白文字盤。

余分な装飾がなく削ぎ落とされた時計

これがチープカシオMQ-24-7B2LLJFの最大の特徴でありおすすめポイントとなっている。

これがありそうでない。大概の時計は装飾が加えられていたりロゴで主張していたりとシンプルと言い切れるものは少ない。

最後に価格について。

購入時の箱にも記載があるとおり定価は2900円(税別)。

それでも十分安いのだが自身はamazonで購入しさらに安価で見つける事ができた。

モノとして十分価値があるの加え安価で手に入るとはなんとも有益な時計である。

チープカシオ。もう安かろう悪かろうではない。

洗練された究極のチープはここにあった。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!