sponsored link

【ケリーウーレンミルズのリブニット購入レビュー】Kerry Woollen Mills のフィッシャーマンクルーネックセーターについて

理想のローゲージニットを探していた。

 

しかし、これがなかなか見つからない。何故なら良いものは非常に高価、安価なものは質感がいまひとつ(妙に薄手であったり化繊が混紡されていたり)でしっくりこないものばかりだったからである。

 

混紡素材は毛玉に注意

【毛玉になりにくい素材と条件】ポリエステルは?毛玉ができる服とできない服について
毛玉が好きな人はいない。 無ければない方が良いもの。 このように考えている。 なぜなら毛玉ができた場合、服としての美観は損なわれる。一般的には生地が傷み劣化が進んでいるものとみなされるから。 今回は、そんな毛玉について。...

 

ローゲージニットは選択肢こそあれど「これ」というものに出会うのが難しい。

 

ローゲージニットのブランドと種類について

【ローゲージニット(セーター)の種類とブランド】無地・リブニット・ケーブル編みの特徴について
ローゲージニット。 見た目にもあたたかい冬の必携アイテム。 今回は季節感あるざっくり編み、ローゲージニットについて。自分が購入する際あまりに種類やブランドも多く、選ぶのにとても苦戦した。 その種類やブランド、それぞれの...

 

これがハイゲージニットであればもっと見つけやすいと考えている。

シンプルで高品質なものが多いのとUNIQLOのファインメリノを代表とするように安価な良品も多いからだ。

 

そんななか様々探し、ようやく条件に合うローゲージニットを購入する事ができた。

 

選んだのはケリーウーレンミルズ(kerry woollen mills)のリブクルーネックセーター。

 

さっそく確認していく事にする。

 

 

ケリーウーレンミルズのフィッシャーマンリブクルーネックセーター

まずはケリーウーレンミルズについて。

 

ケリーウーレンミルズ(Kerry Woollen Mills)について

ケリーウーレンミルズ(Kerry Woollen Mills)はスコットランドで創業。

 

 

1904年、イーディ家によって買収された事を機にアイルランドに地を移しその歴史は現在も続いている。

 

ファインウールから織物と糸の生産をしており、伝統に忠実なつくりはアイルランドだけでなく世界中で指示を集めている。140年の歴史がある老舗中の老舗。

 

英国の老舗ブランドbarbourのbedale

【バブアー(barbour)とは?】ビデイルSLスリムワックスジャケットとサイズ感について
秋冬通して使えるショートミドル丈のジャケットを探していた。 そんな中、常に候補にあがっていたのがバブアー(Barbour)のワックスジャケット、ビデイル。 今回はそんなバブアーの歴史とワックスジャケットについて。購入にいたっ...

 

伝統と歴史あるジョンストンズのマフラー

【ジョンストンズカシミヤマフラーとストールのサイズ(大きさ)選び】Johnstons of Elginの幅はマフラーサイズにするか中判大判ストールが良いか?
マフラーやストールを選ぶ際、デザインや素材はもちろんアイテムの特性上サイズ、幅(大きさ)にこだわるべきだと考えている。 サイズによって印象は大きく変わり、用途そのものも変えていくだろう。 出典:johnstons ...

 

フィッシャーマンリブクルーネックセーター

数あるケリーウーレンミルズのニットの中から自分が選んだのはシンプルなリブ編みのクルーネック。

 

 

ケリーウーレンミルズのニットにはアラン編みとも呼ばれるケーブルタイプもある為そこでも悩む事になった。

 

 

選び抜いた結果、今回はフィッシャーマンズリブクルーネックセーターに決定。

 

出典:https://wear.jp/

 

さっそく確認していこう。

 

ピュアニューウール

ケリーウーレンミルズのニットはEU認定であるオーガニックトラスト社に認められたピュアニューウールのみを使用。

 

購入のフィッシャーマンズクルーネックセーターもニューウールを使用した贅沢なつくり。

 

ブリティッシュウール使用のタグ。

 

ピュウールは1年以内に刈り取られたもの99.7%以上使い、ウールマークライセンスを所有するメーカーの製品である事が条件となっている。

 

通気性、耐久性に優れ、非常に暖かいという特徴をもっている。化学肥料や化学薬品を使わずに育てられた羊から採れる為、本来の毛色を活かした最小限の処理での染色が施され自然にやさしいつくり。

 

厳選されたピュアウールのみが使用されたセーターは当然質感も素晴らしい。

 

リブニット

ケーブル編みではカジュアルすぎる。無地であればシンプルすぎる。

リブ編みのニットはその中間にあたり非常に汎用性が高い。

 

 

しっとり適度な柔らかさ。広すぎず狭すぎずのリブ幅がちょうど良い。ハイゲージであればキレイすぎるデザインになりやすいがこれならばカジュアル使いにも適度に振る事ができる。

 

サイズ感とシルエット

 

 

ボディはやや丸みを帯びたゆったりシルエットで袖は適度にスリム。着丈は袖丈に比べやや長めで短い着丈ものが多いニットの中では珍しい。

 

 

出典:https://wear.jp/

 

やや肩が落ちた感じが絶妙で、自然なシルエットをつくっている。

 

 

ラグランスリーブのローゲージニット

 

 

サイズ表は下記。

※ニット製品のため2〜3センチ程度の誤差は生じる

 

フィッシャーマンズクルーネック セーターサイズ表(センチ)

裄丈 S(36):78    M(38):80    L(40):82

身幅 S(36):51   M(38):54   L(40):57

着丈 S(36):62   M(38):65   L(40):68

 

身長169センチ細み体型の自分でM(38)をセレクト。

 

【ケリーウーレンミルズのリブニット購入レビュー】Kerry Woollen Mills フィッシャーマンズセーターについて

 

タイト〜ジャストサイズでのセレクトであればS(36)でもすっきり着る事ができる。しかし適度にゆとりをもって着用したかったのに加え、シャツを中に着る事も想定しM(38)を選択。

 

 

好みに左右されるが、あたたかみのあるローゲージニットではゆとりあるサイズ感で着用したいと考えていた。

 

サイズ・シルエットから見たニットの選び方

【ニット(セーター)とは?】素材・肩幅(サイズ・シルエット・ネック)・カラーから見たニット選びについて
秋冬を中心に出番も多く、活躍するのがニット製品。 しかしこのニットという呼び名、非常に広い意味を持つため分かりづらい。 今回はそんなニットとセーターについて。そもそもニットとは?セーターとは?意味と呼び名にふれながらニットの選び...

 

 

ラグランスリーブ

ケリーウーレンミルズのリブニットの特徴としてはラグランスリーブを採用している所。

 

斜めに入る切り替えが特徴で腕が動かしやすく、ゆるやかな肩のラインがリラックスシルエットを見せてくれる。

 

袖部。適度にタイトな為見ごろが多少ゆったりなつくりでも野暮ったさは無い。やや幅広の袖リブもしっかりと効いている。

 

 

まとめ

以上ケリーウーレンミルズのフィッシャーマンクルーネックセーターの特徴。

 

程よくカジュアルなざっくりと柔らかいローゲージリブニットで使いやすいシンプルデザイン。

 

肉厚で一枚でも非常にあたたかく、品質を踏まえコスト面でのパフォーマンスも非常に高いニットだといえる。

 

着こなしを考えた際には単体でもボリュームがある為細みのパンツとも好相性。コーディネートも組みやすい。

 

ローゲージリブニットがもつカジュアルテイストと暖かみが、ほどよいクセとなりコーディネートを飾ってくれる。

 

英国製ピュアウールのローゲージセーター。ざっくりニットの名品で冬を楽しもう。

 

タイトルとURLをコピーしました