【キャンディデザインアンドワークスのキーホルダー】candy design & works Kendrickのカラビナとキーリング

鍵を持って移動する際、そのまま裸で持ち歩く事はあまりない。

鍵自体が大切なものであるし第一、そのままでは失くす恐れがある。

その為バッグに入れたり、ポケットに入れたり、キーホルダーに取り付けて持ち出したりと工夫する訳だ。

今回はそんな鍵の収納や持ち運びの際に重宝、良デザインのキーホルダーとブランドについて。

キャンディデザインアンドワークス(candy design & works)のキーホルダー

今回選んだキーホルダーはキャンディデザインアンドワークス(candy design & works)のもの。

   

   【キャンディデザインアンドワークスのキーホルダー】candy design & works Kendrickのカラビナとキーリング    

キャンディデザインアンドワークス(candy design & works)

まずはキャンディデザインアンドワークス(candy design & works)について。

出典:its12midnight.com

2010年より神戸にて設立。

素材の本来の良さや加工による荒さを表現し利便性だけにこだわらない経年変化を含めた物の良さを追求するブランド。

どこかアジのあるものやヴィンテージから着想を得た小物類など魅力的なアイテムを数多くリリースしている。

created by Rinker
CANDY DESIGN&WORKS(キャンディデザイン&ワークス)
¥2,860 (2019/11/20 21:26:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
CANDY DESIGN&WORKS(キャンディデザイン&ワークス)
¥2,200 (2019/11/20 21:26:46時点 Amazon調べ-詳細)

経年変化を想定したものづくり。それだけでも惹かれるものがあった。

くわしく見ていこう。

ケンドリック(Kendrick)

今回購入したのはこちらのケンドリックというモデル。

いわゆるカラビナ型のシンプルなキーホルダーで素材は真鍮。使い込むことによる経年変化にも期待したい。

サイズ・寸法

サイズスペックはこちら。

W25mm・D68mm・H5mm

適度なサイズのカラビナ

手のひらに収まり、ベルトループにも無理なく引っ掛けられるサイジング。

使い勝手にも優れた大きさにまとまっている。

デザイン

50年代後半にアメリカの自動車メーカーによる販促用キーフックがベースとなっており何処かレトロな雰囲気が感じ取れる。

さりげない刻印。デザインが行き過ぎず程よいさじ加減。

平べったい部分と曲線のコントラスト。三角リングは備え付け。

削ぎ落とされたデザインで無駄がない。非常にミニマルなキーフックである。

フック部

構造は実にシンプル。

フック部はバネを引っ張って開閉。

スプリング式で下にひっぱる事で開閉、一般的なカラビナのように押し込むだけではないので最初は少し慣れが必要。

ベルトループにカラビナ

ベルトループに引っ掛けた状態。

サイズやデザイン含め適度な主張。大きめのベルトループにも無理なく収まる。

ニッケルとブラス

色はニッケル(シルバー)とブラス(金)、そのミックスの3種類から選ぶことができる。手持ちのアイテムや好みで選択することも可能。

小物の金具の色を揃えたい人もいるだろう。バッグやベルトの金具が金(ゴールド)ならブラス。銀(シルバー)ならばニッケルといった具合。

created by Rinker
CANDY DESIGN&WORKS(キャンディ デザインアンドワークス)
¥2,200 (2019/11/20 21:26:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
CANDY DESIGN&WORKS
¥2,200 (2019/11/20 21:26:47時点 Amazon調べ-詳細)

自分は手持ちアイテムとの兼ね合いと好みからニッケルを選択。

created by Rinker
CANDY DESIGN&WORKS(キャンディ デザインアンドワークス)
¥2,200 (2019/11/20 21:26:48時点 Amazon調べ-詳細)

LYMAN(ライマン)Screw Lock Key Ring

そして、スクリューロック式のキーリングであるLYMAN(ライマン)。

DIYセンターで売っているキーリングでも用途としては十分なのだろうが、せっかくデザインも見て選んだキーホルダーであればリング部にもこだわりたい。

デザイン

その希望を叶えてくれるのがこのLYMAN。

パッケージもお洒落。D型のシンプルなキーリング。

スクリューロック

この形がありそうでない。スクリュー部分を回しねじ込んで留める。

単純でありながら見た目にも美しく機能的。

1セットにつき3個。少ないようにも感じるがキーホルダーに取り付けする際にリングがおおすぎるときれいに収まらずもたつく場合も多い。

必要最低限の仕様ともいえる。

ニッケルとブラス

ニッケルとブラス、そしてふたつのミックスの3種類、好みで選べるのも嬉しい。

ケンドリックとの組み合わせ

KendrickとLYMANを組み合わせた状態。

キーホルダーのキーリングは3個まで

キーリング3個を取り付けして丁度よいバランス。

見た目にもぴったり。スクリューロック部とカラビナ本体のグリップ部が同じ模様なのも良い。

まとめ

以上、キャンディデザインアンドワークスのカラビナキーホルダーとキーリング。

小物類はいざ探すとなかなか見つからない。極端にブランド色が濃いものであったり、逆に安価だけれどもシンプルすぎたり。

だから、このキャンディデザインワンドワークスのようなブランドは希少。小物、「ちいさいもの」だからこそ妥協しない。

機能もデザインもゆずれない。こだわりの小物を選ぼう。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!