sponsored link

【ワイドテーパードジーンズのブランドと種類】ゆったりシルエットのテーパードデニムを探す

デニムを選ぶ際には、様々にポイントを絞って決めていくことが多い。

 

例えば、色落ちやデザイン、それにディテール。

 

所有のA.P.Cジーンズの穿き込みとエイジング

【アーペーセー(A.P.C)プチスタンダードデニムの色落ち】ジーンズ5000時間穿き込みによるエイジングと経年変化
アーペーセー(A.P.C)のジーンズ。 自身が愛用しているプチスタンダード(petite standard)のデニムもついに5000時間を経過した。色落ちのよさ、綺麗なシルエットを両立した魅力的なデニムであると痛感している。 ...

 

そして、セレクトの際欠かす事ができないのがジーンズそのもののシルエット。

 

今回は、数あるジーンズのシルエットの中でも、ゆったりとしながらも使い勝手の良いワイドテーパードについて。

 

そのブランドと種類について見ていく事にする。

 

 

ワイドテーパードのジーンズ

個人的な見方ではあるがワイドテーパードのジーンズ自体、デニムの王道というよりは脇役扱いであると感じている。

 

 【ワイドテーパードジーンズのブランドと種類】ゆったりシルエットのテーパードデニムを探す

 

その証拠にワイドテーパードデニムを定番アイテムとして取り扱っているブランドは非常に少ない。

 

たとえばリーバイスの定番501もテーパードではあるが、ワイドシルエット訳でもなくあくまでミディアムの範疇だと考える。

 

定番501レギュラーについて

【リーバイス501 90年代 メイドインUSAの色落ち】淡いブルーデニムを目指す
リーバイス(Levi's)の501。 言わずと知れたデニムの基本、ジーンズの教科書そのものと言っても良いだろう。 自分はデニム好きがきっかけでお洒落(ファッション)に興味を持った。 だから501のおかげで今ここにいるよ...

 

 

以前、ゆったりとしたテーパードデニムが欲しくてあれこれ探していた際にも、これというブランドや型を見つけることができなかった。

 

実に探しがいのあるシルエット、デニムカテゴリーだと言える。

 

 

ワイドテーパードとは?

まず、ワイドテーパードとはどんなシルエットを指すのだろう?

 

ワイド→ 広い・大きい

テーパード→ 次第に細くなっていく

 

腰回りからふとももまではゆったりと太く膝部から裾にかけて細くなるシルエットの事。

 

出典:shop.dieci-cafe.com

 

このように、きれいなカーブを描きつつ裾部に絞りが入っていく。

 

ただのワイドよりも裾の絞りのおかげですっきりとして見え、腰回りは締め付けずリラックスして着用できる為汎用性は高い。

 

 

ブランドと種類

では、そのテーパードデニムのブランドと種類について。ピックアップしてみよう。

 

 

リーバイス(Levi’s )550・560

ジーンズの王道リーバイス。しかしそのメインラインとなると、ワイドテーパードのモデルはほとんど見つからない。やはり定番シルエットとして捉えられていないと考えられる。

 

そんな中。数少ないワイドかつテーパードのかかったモデルが550と560。

 

出典:https://www.levi.jp/home

 

550は深い股上にややテーパードのリラックスシルエット。

 

 

後述するシルバータブの前身とも呼ばれるのがこちらでリーバイスらしくないシルエットが新鮮に映る。

 

そして、続く560はさらにきつく絞りをかけたワイドテーパード。

 

出典:https://www.levi.jp/home

 

同じルーズシルエットでも、テーパードがはっきりしている方が使いやすいように思う。

 

 

いい意味でらしくないリーバイスのマイナーな2型。

 

 

リーバイスシルバータブ バギー(Levi’s silver tab Baggy)

1990年代に登場したリーバイスのコンテンポラリライン。スケーターなどのストリートスタイル中心に人気を博したモデル。

 

出典:levi.jp

 

なかでも「バギー(buggy)」はワイドテーパードのバランスが取れたシルエットの定番。

 

 

ルーズながら使いやすい人気モデルで、復刻版もリリースされている。

 

リーバイスの3本はいずれもストリート色がつよく、クセがあるのも特徴。

 

どちらかというとルーズフィットを活かし、ラフに穿きこなすイメージ。

 

 

ヤエカワイドテーパード(yaeca )

YAECA(八重日)。8を重ねるとかいてヤエカ。

 

出典:dicexdice.com

 

デイリークローズを追求し、必然的にシンプルなデザインを形にしたブランド。

 

カジュアルななかにも上品な雰囲気をもつヤエカのアイテム。

 

そして、そのYAECAの定番といえばワイドテーパードのデニム。

 

【中古】ヤエカ YAECA DENIM PANTS WIDE TAPERED デニムパンツ ジーンズ テーパード コットン 10-12W インディゴ 30 メンズ 【ベクトル 古着】 220713

 

メンズ・レディース問わず非常に高い人気を誇り、上品かつリラックス感のあるシルエットが魅力。

 

シンプルなテーパードデニムが好みであれば条件に合致してくるだろう。

 

CIOTA

CIOTA(シオタ)は株式会社シオタが立ち上げた岡山のアパレルブランド。

 

出典:http://www.ciota.jp/

 

原料選別から生地、織り、デザイン、縫製までの工程をすべて自社で行う事が可能で徹底したこだわりを持つ。

 

そんなCIOTAのインディゴスビンコットンを使用したワイドテーパードデニムはたくさんの支持を得ている名品。

 

出典:http://www.ciota.jp/

 

ワイドテーパードどまんなかの綺麗なシルエット。ワイドながら洗練されたデザインがたまらない。

 

バギーなどワイドカテゴリの幅広い展開が特徴の注目ブランドである。

 

 

テンダー130(TENDER130)

TENDER Co.(テンダーコー )は1900年代前半の蒸気機関時代のワークウェアをコンセプトにした、デザイナーのウィリアムクロールによる希有なブランド。

 

以前の記事でも紹介しているため詳しくはこちらそちらもご覧いただきたい。

 

【テンダー130購入レビュー】こだわり抜いたディテールTENDER Co.のデニムと特徴について
次の一本は、今まで選んできたデニムと違ったもので選びたい。 そう思っていた。 スタンダードなリーバイスの501 細みのシルエットA.P.Cプチスタンダード 候補としては、しっかりとした生地による風合いのある色...

 

自身でも所有しているテンダーの130はワイドテーパードど真ん中のシルエットでゆったりとしていながら非常に美麗なかたち。

 

 

 

ディテールのこだわりもたまらない。じっくりと穿き込みたい名品である。

 

 

 

ハツキ(HATSKI)ワイドテーパードデニム

2016年スタートのデニムを中心としたブランド。

 

自然の色彩を彷彿とさせる8月をテーマに、HATSKIが考えるあたりまえの「ふだんぎ」を展開している。

 

出典:locals-only.jp

 

ブランドの要、デニムにも非常に定評があり、ワイドテーパードのジーンズも秀逸。

 

ナチュラルなシルエット。気負わずに着用する事ができる。

 

まさに上質な「ふだんぎ」。

 

 

オーディナリーフィッツ(Ordinary Fits) 5POCKET ANKLE DENIM 

オーディナリーフィッツ(Ordinary Fits)は、デザイナーの児玉氏によりジーンズで有名な岡山は児島で2008年に始まったブランド。

 

出典:ordinary-fits.com

 

「いま10年後ずっと先もFITする自分だけのORDINARYを」をコンセプトにデニムの聖地でスタートしたブランドらしくジーンズにも定評がある。

 

なかでも5POCKET ANKLE DENIMは程よいゆとりを保ちながらも綺麗なシルエット。

 

 

絶妙なアンクル丈が着こなしを支えてくれる。岡山デニムならではの経年変化にも期待が持てるだろう。

 

 

まとめ

以上ワイドテーパードデニムのブランドと種類について。

 

数多くジーンズを扱っている老舗ブランドでもこの「ワイドテーパード」に関しては、手をつけていないメーカーも多い。

 

逆に歴史の短いデニムブランドこそ積極的に発表している部分もよく目立つ。

 

だから面白く探しがいもある所。

自身の好みに合ったワイドテーパードを探そう。

 

リラックスとスタイリッシュの融合はここにある。

 

タイトルとURLをコピーしました