sponsored link

【A.P.C(アーペーセー)のデニムと種類】どれを選ぶか?ジーンズ定番3型の違いについて

A.P.C(アーペーセー)のジーンズ。良シルエットでエイジングの評価も非常に高いデニムである。

 

かくいう自分もA.P.Cのジーンズを穿き込んでおり、それを実感していた。

 

【アーペーセー(A.P.C)プチスタンダードデニムの色落ち】ジーンズ5000時間穿き込みによるエイジングと経年変化
アーペーセー(A.P.C)のジーンズ。 自身が愛用しているプチスタンダード(petite standard)のデニムもついに5000時間を経過した。色落ちのよさ、綺麗なシルエットを両立した魅力的なデニムであると痛感している。 ...

 

今回はそんなA.P.Cのデニム(ジーンズ)の種類とモデルごとの違いについて。

 

 

A.P.C(アーペーセー)について

まずはA.P.C(アーペーセー)について。

 

A.P.C(アーペーセー)とは?

A.P.C(アーペーセー)は1987年ジャン・トゥイトゥが設立したブランド。

 

前年の1986年パリにて発表されたブランド名は、生産と創造の工房(Atelier de Production)を意味している。

 

 

出典:apcjp.com

 

デザイナーの名と服のデザインを結び付けない事を意図しており、フレンチベーシックと機能性にストリートを落とし込んでいる孤高のブランドである。

 

音楽や反骨精神を感じさせるデザインも特徴的があり非常に魅力的。

 

A.P.C(アーペーセー)のシンプルなデザイン

しかし、最初にA.P.C(アーペーセー)の服を見た時は正直言って良さがあまり分からなかった。

 

やけにシンプルに見え、ロゴもないしデザインに大きな特徴もない。

 

「地味な印象でパッとしない」そのようにさえ思っていた事を覚えている。

 

価格的にも安くない所とデニムの存在を把握していなかった事もあり、A.P.Cについては当分の間スルーすることになっていく。

 

シルエットの良いデニム

 

自分がA.P.C(アーペーセー)のデニムを手にする前、メインで着用していたのはリーバイスのジーンズ。

 

501や505のレギュラーを色が薄くなるまで穿き潰したり、リジットからじっくり穿いて自然に育てるのを楽しんで穿き込んでいた。

 

【リーバイス501 90年代 メイドインUSAの色落ち】淡いブルーデニムを目指す
リーバイス(Levi's)の501。 言わずと知れたデニムの基本、ジーンズの教科書そのものと言っても良いだろう。 自分はデニム好きがきっかけでお洒落(ファッション)に興味を持った。 だから501のおかげで今ここにいるよ...

 

 

ヴィンテージであればリーバイスの66、リゾルト以前に林氏がデザイナーをつとめていたドゥニーム(DENIME)もよく着用し、いわゆるデニム沼に順調にハマっていった訳である。

 

 

そして、様々ジーンズ穿いていく中、ようやく自分好みにフィットしエイジングするA.P.C(アーペーセー)のデニムに出会っていく事になる。

 

では、そのアーペーセーデニムとその種類ついて、確認していく事にしよう。

 

A.P.Cジーンズ(デニム)の種類とモデルごとの違い

A.P.Cのジーンズ(デニム)はシルエットによってタイプ分けされており、リジットで購入する場合はメインとなるニュースタンダード(NEW STNDARD)、プチスタンダード(PETIT STANDARD)、プチニュースタンダード(PETIT NEW STANDARD)3型の中から選ぶ事になる。

 

ニュースタンダード(NEW STANDARD)

まずは、もっとも古くからある定番ニュースタンダード(NEW STANDARD)。

 

出典:apcjp

 

ニュースタンダード(NEW STANDARD)のシルエットと特徴は下記。

 

ニュースタンダード(NEW STANDARD)の特徴とシルエット

● やや太めのストレートシルエット

● わずかにテーパード

● 股上標準からやや深め

 

タイトに穿けば細みのストレートとなり、ルーズに穿けばワイドシルエットで使用できる絶妙な型番。サイジングにより幅広い着こなしが可能な定番モデルである。

 

 

プチスタンダード(PETIT STANDARD)

ニュースタンダードの次に展開されたモデルがプチスタンダード(PETIT STANDARD)。

 

出典:apcjp

 

プチスタンダード(PETIT STANDARD)のシルエットと特徴は下記。

 

プチスタンダード(PETIT STANDARD)の特徴とシルエット

●細みのストレートシルエット 

● ややテーパード

● 股上浅め

 

最大の特徴は股上の浅さで、スッと延びるスリムストレートはただただ美しい。

 

バックシルエットは最高で自分がしる限りもっとも後ろからのシルエットが綺麗なジーンズだと思っている。

 

 

プチニュースタンダード(PETIT NEW STANDARD)

最後はプチニュースタンダード(PETIT NEW STANDARD)。

 

出典:apcjp

 

プチニュースタンダード(PETIT NEW STANDARD)のシルエットと特徴は下記。

 

プチニュースタンダード(PETIT NEW STANDARD)の特徴とシルエット

●細みのテーパードシルエット 

● テーパード

● 股上標準から深め

 

ニュースタンダードとプチスタンダードのいいとこ取りともいえるシルエット。

 

プチスタンダードよりも股上はやや深く穿きやすく、かといってニュースタンダードよりもタイトでシルエットは美しい。

 

ひざ下から絞りのしっかり効いたテーパードはスタイルをきれいに見せてくれる魅力的なモデルであろう。

 

もっとも現代的で良い意味でフラット。非常に使い勝手の良いシルエットなのがこのプチニュースタンダード。

 

 

アーペーセーデニム(ジーンズ)どれを選ぶ?

以上定番3型のシルエットと特徴。

 

いずれのシルエットもプレーンな表情を見せつつしっかり主張がある名品。

ではこの中からどれを選んでいこう?

 

アーペーセーらしく細みかつスタンダードなものをお好みの方であればいいとこ取りのプチニュースタンダードがおすすめ。

 

 

スリムタイプが苦手適度なゆとりののあるタイプを所望するのであれがニュースタンダード。

 

 

アーペーセーらしい細みと股上の浅さを活かしたシルエットを楽しみたいのであればプチスタンダードが良いだろう。

 

 

自分の場合はこの中からプチスタンダードを選択。

 

色落ちを考え細み、好みのシルエットを考慮した為入手する事にした。

 

他のジーンズと比べた際に最もa.p.cらしさを感じる事ができたのもその理由。

といってもそれぞれ非常に魅力的である為じっくりと選んでいただきたい。

 

A.P.Cデニム(ジーンズ)の種類とまとめ

プチスタンダードをはじめとするa.p.c(アーペーセー)ジーンズのバックポケットにはステッチが無い。

 

ジーンズ本体に施される事の多いパッチやタブもない。そもそも目立ったデザイン自体が全くない。その潔さが格好良い。

 

無地でシルエットが良いという事は良いデザインと同じ意味を持つ。シンプルな上に着こなしの主役となれる服はなかなか見つからない。 

 

 

バックポケットにステッチが無い

 

バックポケットはステッチなし。

飾りが無いゆえにデニムの存在感はなおさら引き立つ

 

装飾も最小限で極めてミニマル。シルバーのリベットとステッチはオレンジ。その他は余計に色を使ったりしない。映えるのはデニムの穿き込みによって生まれる色落ちのコントラストのみである。

 

ファッションだけに限った事ではないが装飾が効き過ぎているものというのは他との調和が難しくなるものが多い。

 

究極のシンプルそのものがデザインとなっている。

 

良デザインを穿こう。

 

タイトルとURLをコピーしました