【セカンドウォッシュ後の色落ち】2300時間目 アーペーセープチスタンダードデニム( a.p.c petitstanderd denim)

穿き込みを進めているアーペーセーのプチスタンダード。

現在2300時間を経過し、いよいよ色落ちにメリハリがついてきたところ。

洗濯前のプチスタ全体像

しかし、一度のみの洗濯で穿き込んできた為、汚れの蓄積や黄ばみが気になってくる。

そこで、今回のセカンドウォッシュ。

2度目の洗濯前と後の色落ちについて、確認していく事にする。

前回までの色落ち

【ジーンズの良い色落ちとは?】550時間目 アーペーセープチスタンダードデニム( a.p.c petitstanderd denim)
a.p.c ジーンズの色落ち アーペーセーのジーンズは色落ちが良い。 これは今までに多くの記事や情報、ブログの穿...
【ジーンズの色落ちに意味はあるか?】1000時間目 アーペーセー プチスタンダードデニム(a.p.c petitstanderd denim)
デニムの色落ちは素晴らしい。 そう思ってジーンズを穿いている。 ジーンズの色落ちに意味はあるか? ...
【ジーンズの裾上げと色落ち】1300時間目アーペーセープチスタンダードデニム(a.p.c petitstanderd denim)
パンツ(ボトムス)の裾上げとは? 裾上げとは? パンツの裾を切って調整し適正な箇所に仕上げる事。丈詰めとも呼ばれ...

ジーンズのセカンドウォッシュ

以前、ファーストウォッシュ(初洗濯)について記事にしている。

a.p.c petit standerd のファーストウォッシュ

【ジーンズのファーストウォッシュ】初洗濯後の色落ちと縮み a.p.c petit standerd 1500時間目
ジーンズのファーストウォッシュ 色落ちを進めていくにあたり特に重要と言われているのがジーンズのファーストウォッシュ(初...

※ここでいうファーストウォッシュは糊を落としのみで行うものは除いている

ファーストウォッシュ(初回の洗濯)はただ汚れを落とすだけでなく、その後のしわの定着度合いを左右する。

そして、防縮加工されていないデニムであれば縮みを想定した洗いになるのが特徴。

セカンドウォッシュの意味

では、セカンドウォッシュ(2回目以降の洗濯)はどういった意味と効果を持つのだろう?

ファーストウォッシュに比べ、シワの定着や縮みに関する影響は小さくなり、純粋に「洗濯」の意味合いを持つようになる。

という事でセカンドウォッシュは汚れを落としデニムの状態をリフレッシュするのが主要の目的。

プチスタンダード2300時間目の色落ち

では、所有のa.p.c petit standerd セカンドウォッシュ前後の色落ちと2300時間目の進捗について、確認していこう。

a.p.c プチスタンダードの2300時間目の色落ち

セカンドウォッシュの洗濯方法については下記。

洗濯方法

洗濯方法:手洗い

洗剤:デニム用洗剤使用

諸条件:裏返しで行う・脱水は洗濯機・室内乾燥機使用

洗い方としては前回の初洗濯と同様、デニム用洗剤(ジェイウォッシャー)を使い揉み洗いをしっかりと行なった。

天候の関係で浴室乾燥機を使用し完了。

デニム専用洗剤と種類についてはこちら

【デニム用洗剤と種類】色落ちさせずに汚れのみを落とす専用洗剤について
デニムの色落ちにこだわりを持つ人は多い。 かくいう自分も好みの色落ちをさせる為、あれやこれやと考えつつデニムを着用...

セカンドウォッシュ前(洗濯前)とセカンドウォッシュ後

まずは洗濯前の全体像から。

セカンドウォッシュ前のアーペーセー のプチスタンダード

ヒゲは深く、膝の色落ちも目立つ様になってきた。膝より下はまだまだ濃色。

そして、洗濯後の状態。

全体的に色が落ち、特に膝まわりのシワ部分がくっきりと。

青色が綺麗に見えるようになったと思われる。

ヒゲ

ジーンズの顔であるフロントのヒゲ部。

ここの出方次第で色落ちの印象は大きく変わる。

洗濯前。

【セカンドウォッシュ後の色落ち】2300時間目 アーペーセープチスタンダードデニム( a.p.c petitstanderd denim)

くっきりとしたシワ。しっかりと濃淡がついてきている。

洗濯後。

セカンドウォッシュ後のヒゲと色落ち

デニム用洗剤の効果は絶妙で、濃色部分の落ちを最低限に抑える事ができる。ヒゲ部の擦れた部分だけが白く落ちていくイメージ。

随分と迫力のある表情になってきた。今後もさらに進めていきたい。

ハチノス

膝裏のハチノス部。

洗濯前、ハチノス部の色落ち

洗いを控えていたことでここにも深いシワが。

そして、セカンドウォシュ後の写真。

セカンドウォッシュ後のハチノス の色落ち

ハチノスのシワの部分はもちろんだが、ふくらはぎが全面的に落ちてきている。屈伸したときに擦れるからであろう。

太ももの裏側は色が残ったまま。このメリハリが見ていて愉しい。

バック

座りが多ければ擦れるし、しゃがむ事があればその人ごとのシワが寄る。

ポケットに必要な場合にのみ物を入れるがダメージも出やすいため極力詰め込んだりはしない。

個性が出やすいバックポケット付近。

洗濯前。

バックポケット付近の色落ち

2300時間経過した事もあり良い雰囲気。

角や縫い合わせの凹凸部を中心に擦れ、色落ちが進んできている。

洗濯後。

セカンドウォッシュ後のバックの色落ち

座りの箇所(臀部)が全体的に落ちてきている。

擦り切れてしまうのも怖いため適度な頻度で洗いをかけ、生地をリフレッシュさせるのは重要だろう。

現状はなかなかきれいに進んでいる。

膝部

期待をかけている膝の色落ち。

洗濯前。

膝の色落ち

放射線状のしわがはっきりと。洗いをかける事でさらに進むだろうか。

セカンドウォッシュ後はこちら。

2回目の洗濯後の膝の色落ち

膝がしら(膝小僧)の部分はもちろん裏のハチノスにかけて出るシワがよく落ちている。ジャストサイジングで穿き込んできた成果が嬉しい。

裾部

続いては裾部分の状況。

セカンドウォッシュ前。

洗濯前の裾

ほとんど色落ちしていない。

セカンドウォッシュ後。

セカンドウォッシュ後の裾部

やはりというか、当然濃いまま。

ほとんどロールアップで着用している事もあり、擦れることが少なく、色落ちはしない。

まとめ

以上、アーペーセーのプチスタンダードにおけるセカンドウォッシュ前後。2300時間目の色落ちの進捗について。

2度目の洗濯を終えた事もありシワの定着も進み、洗いをかけたとしても同じ箇所にクセは戻る。

ここからの穿き込みについては、ジーンズの穿き込みとしては後半戦と考えて良いだろう。

あとは再度穿き込みを進め、適度に汚れたら洗濯。これを繰り返していくだけ。この地道な穿き込みもまた楽しい。

濃色のブルーと落ちた白色のコントラストがたまらない。

プチスタンダードの穿き込みはまだまだ続いていく。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!