sponsored link

【ニューバランス(New Balance)M1500レザー購入レビュー】英国製定番モデルを選んだ理由

ニューバランスのスニーカーは持たないつもりだった。

 

【ニューバランスを履かない】New Balance以外のスニーカーを選ぶ
ニューバランスは皆んなに履かれている New balance(ニューバランス)とは 出典:newbalance.jp ニューバランスはアメリカはマサチューセッツに本拠を置くシューズメーカーで1906年、矯正靴やアー...

「ニューバランスを履かない」以前にこんな記事も書いているほどである。

 

単に人気があるものを避けるあまのじゃく的な考えだった事と、他のブランドにこだわっていたという事でもある。

 

そんな中、急に湧き上がってきたニューバランス欲。やはり定番がもつ変えがたい魅力はそこにあった。

 

やっぱり良いよなニューバランス。そう思い、気づけばどのモデルにするのか悩む様になっていった訳である。

 

そして、数ある種類のニューバランスの型番から自分が選んだのはM1500。

 

 

ニューバランス(NEW BLANCE)M1500

英国製のニューバランス

M1500開封

 

メイドインイングランドM1500

知名度でいえば他の品番にかなわない所もある。少しだけ捻りの効いた品番。

 

さっそく開封していこう。

 

M1500の付属品

 

スニーカーらしからぬ重厚な雰囲気が漂う。

 

M1500の上質なレザー

 

「良いスニーカーを手に入れたのだな」と履く前から感じていた。

 

 

M1500の特徴

当然の事ながらニューバランスのスニーカーはその品番により機能やデザインが大きく変わる。

 

今回購入したM1500の特徴についても早速確認していこう。

 

【ニューバランス(new balance)M1500購入レビュー】英国製定番モデルを選んだ理由

 

 

ニューバランスM1500の特徴
ハイテクとローテクのバランス→ガチガチのハイテクかといえばそうでもない。機能的でありながら絶妙に主張を抑えてあるミドルテクデザイン。

細みのフォルム→ニューバランスらしいポッテリしたルックスも魅力的だがこのM1500に関してはごくスマートなフォルム。ボリュームがありながらも実にスリムなルックス。

MADE IN ENGLAND→ 他の型番においては米国製やアジアメイドのものも存在するがこちらは英国製のみ。幅狭のシュッとしたフォルムはこの影響もあるのだろう。

履き心地→ 包み込むような履きごごち。矯正靴メーカーとして始まったニューバランスの歴史がそうさせるのだろう。「ニューバランスの履きごごちは良い」よく言われていることだが間違いない事実である。

高級感→ 質感が素晴らしい。素材、デザイン、機能と高い次元で融合している。

 

以上のようにクラシックなイメージも強いニューバランススニーカーの中でこのM1500は少し変わった特徴を持っている。

 

細みのフォルム

ニューバランスのレザーモデル

 

ボリューム感がありながら幅狭のタイトなフォルム。

パッと見でも分かる上品な質感。

 

英国製のかっちりしたつくり。

 

小さめのNの文字

小さめのNの文字

 

小さめに刺繍されたNの文字もM1500ならでは。他のニューバランスとはどこか違う雰囲気を醸し出す。

 

数あるニューバランスの中でも、特にプレミアを感じる型番。

 

 

M1500を選んだ理由

今回M1500を選んだ理由はいくつかある。

 

ボリュームのあるかたち

今回はコンバースのオールスターに代表されるような平べったいスニーカーではなくボリュームを感じるデザインを選びたかった。

 

ボリュームのあるニューバランスのスニーカー

 

しかしただポッテリとしたフォルムを求めていた訳ではない。

M1500はニューバランスの中でも幅狭のSL-1という木型で有名なモデル。それゆえシルエットは実にスッキリとしている。

 

 

黒色アッパーに白ソール

ほどよい厚みの白ソールと艶ありレザーの対比が美しい。M1500の場合はソールにENCAP(エンキャップ)を採用している。

 

ENCAP(エンキャップ)

ENCAPとはポリウレタンにEVAを入れ込んだ構造でクッション性を保ちながらも安定感のあるバランスのとれたソール。

 

白ソール

スッキリしたデザインのENCAPソール。直線的なデザインも格好良い。

 

M1500のソール

 

白ソールの黒スニーカーについて

【白ソールの黒スニーカー】ホワイトソールの効果とスニーカーの種類について
黒スニーカーは使いやすい。 黒色がもつ特性によりコーディネート全体を引き締め、色の重厚感により下半身の印象が安定する。 黒スニーカーについて そんな黒スニーカーの中でも、さらに使い勝手が良いのが白ソールを配したもの。 ...

 

 

ソール交換が可能

しかも一部のモデル限定にはなるがスニーカーとしては非常に珍しい事にメーカーでオールソールおよびライニングの交換が可能でありこのM1500もこれに該当する。

 

オールソールとライニング交換が可能

 

使い捨てにならないスニーカーは理想的。じっくりと付き合っていこう。

 

 

上質なスムースレザー

英国製ニューバランスにおける本革アッパーはしっとりと美しい。

 

ニューバランスのレザー

 

スムースレザーは特に質感がわかりやすい。その為妥協せず選びたかった。

 

MADE IN ENGLANDのニューバランス

肉厚のシュータン。メイドインイングランドの刺繍が施されている。

 

丁寧なつくりの上質レザー。

履き込むことでエイジングも楽しめるだろう。

 

 

 

M1500のサイズ感

購入するのにあたりこれは迷った。

なぜなら「M1500はつくりが小さい」「ハーフからワンサイズアップで履くべき」という意見やレビューがほとんどだったから。

 

幸い試着する事もできピッタリのサイズで選ぶことができた。

 

Dウィズで幅狭のM1500

 

実際の感覚としては確かに小さめ。

しかし、ただ小さい訳ではなく幅が狭いという事。

 

ワイズの違い

靴のサイズについての表記は大きくわけてふたつある。

 

ひとつは足長、これはもじどおり足(靴)の長さの事。

もうひとつがワイズ(ウィズ)で足幅の事を表している。

つまりは同じ長さだとしても幅の広い靴や狭い靴が存在するということ。

 

Dウィズ

このM1500はDウィズ。つまりは足長に対して幅の狭い靴ということになる。

 

参考までに、マイサイズは下記。

 

スニーカーのマイサイズ

足長実寸:24.5センチ|甲の高さ:ふつう|足の幅:幅狭

コンバースオールスター(HI)US7→オールスターは幅狭スニーカーの代表格。基本少し大きめを紐でしばって履く方も多い。このサイズでわずかにゆとりがある適正サイズ。ハーフサイズ下げても履ける(許容)がかなりピッタリとしたサイジングになる。

 

アディダススタンスミス・ガゼル US7→アディダスのローテクスニーカーは幅がせまく似た形状のものが多い。これをジャスト履き。これより小さいサイズだとと羽根が開きすぎてしまう。逆に大きいとかかとが浮いてしまい履き心地がわるい。足長で合わせ紐で調整するイメージ。

 

M1500はUS7・25.0センチをセレクト。

 

サイズ感もピッタリでこれ以上サイズを下げれば指があたり窮屈、サイズを上げれば履くことは可能だが紐をきつめに縛らないとかかとが浮きフィットが弱い。

 

M1500は小さめサイズ

 

ジャストなサイズ感は履きごごちに大きく影響を及ぼす。

 

まとめ

以上が ニューバランスM1500の特徴と選んだ理由。

質感の高いこのスニーカーは長きに渡り愛用できるだろう。

 

ガンガン履き込み自身に馴染ませていきたい。

 

 

こだわりの英国製ニューバランス。

上質を履く。

 

靴からはじめるコーディネートについて

【靴からコーディネートするメリット】着こなしは靴から選ぶ
着こなしにおいて靴の存在は大きい。 「お洒落は足元から」とはよくいったものでコーディネートを語る上で頻繁に取り上げられる部分。 自分の場合、その日の着こなしを靴から選ぶ事も多い。 今日は白スニーカーの気分。であれば...

 

 

タイトルとURLをコピーしました