【ニューバランスを履かない】New Balance以外のスニーカーを選ぶ

ニューバランスは皆んなに履かれている

New balance(ニューバランス)とは

出典:newbalance.jp

ニューバランスはアメリカはマサチューセッツに本拠を置くシューズメーカーで1906年、矯正靴やアーチサポートの製作メーカーとして始まり。1960年代からランニングスニーカーの製作に乗り出したのが始まり。

矯正靴としてのノウハウを活かした機能的なスポーツシューズは人気を博し現在までの評価に繋がっていく。

こういった経緯からも「履き心地」に定評があり機能的なブランドとしても有名。

機能面とベーシックなデザインで多くの人に履かれているのが人気の証拠。

【ニューバランスを履かない】New Balance以外のスニーカーを選ぶ

N文字の主張(これが嫌いな人も多いが)。

デザインに一貫性があり意味がある。

ニューバランスの種類

数ある品番の中でも576996あたりは知名度も高くベーシック。

大まかにに分類すると576は凸凹した道で使いやすいオフロード仕様でかたちは丸みを帯びており、一方の996は舗装された道を走るランニングシューズで細みのフォルム。

よく引き合いにだされる話でラルフローレンが「雲の上を歩いているようだ」と形容したのはこのモデルで他のブランドやショップから別注された数も非常に多いバランスの取れた優秀な型番。
 

 
決してコーディネートしやすいスニーカーではないが玄人好みというか洒落感がただよう。
 
 
コーディネートにはいささか苦労しそうだがニューバランスに関してはこれぐらい個性的なルックスの方良いのではないだろうか。
 
 

以上のように人気モデルも多いニューバランス。

年齢性別問わず街でよく見かけるようになった。何か仕掛けられたかのごとく。

ニューバランスを履きたくない

ニューバランスが支持されているのはそれ相応の理由があるから。

しかし、流行を含めあまりに同じモノを着用する人に溢れると「他人と違うものを」というあまのじゃく的思考が頭をよぎる。

もちろんニューバランスのスニーカーが素晴らしいのは前提のうえ。

量産型ファッションとニューバランス

街での足元に目をやると以前はコンバースオールスターが断トツに多かったのだが最近のニューバランス着用率はそれに肉迫する。(2017年現在)

廉価版でありながらNの文字をしっかり受け継ぐ574の存在も人気に拍車をかけているのだろう。

量産型ファッションについて

【量産型ファッション】皆と同じものを着ているのは格好悪い?
量産型ファッションとは? 2000年代後半からメンズファッションにおいては大学生ファッションの「かぶり」が大きく取り上...

一時、ショップがセレクトするスニーカーはニューバランスの品番違いで埋められていた。

やはりNew Balance(ニューバランス)は街に溢れている。

このようにして「ニューバランス以外で選びたい欲」が湧いてくるのであった。

ニューバランス以外で選ぶスニーカーの条件

ニューバランス以外で選ぶ条件
クラシックなデザインのランニング系→ レトロかつ雰囲気のあるスニーカーは簡単につくれない。歴史やバックボーンがあるから滲み出てくるものである。ローテクベースなのにランニング系特有の機能美を持つものが欲しい。

上品→ スニーカー自体はカジュアルなアイテムである。しかしキレイなコーディネートにも組み合わせて履けるもの。一見対局にある上品な雰囲気があるもの。

ボリューム→ 厚みの少ないスニーカーのワードローブはコンバースやアディダスに任せている。その対極となるボリューミーなスニーカーが欲しい。

厚みのないスニーカーならアディダスガゼルとコンバースワンスター

【アディダスガゼル(ガッツレー) 購入レビュー】adidas gazelle 定番の細身スニーカー
adidas gazelle(アディダスのガゼル/ガッツレー) ガゼルは英語、ガッツレーはドイツ語読みである。 この...
【コンバースワンスター購入レビュー】日本製 converse one star J 名品レザースニーカーについて
コンバースが誇る名品ワンスター 。 代表作のオールスター(チャックテイラー)やジャックパーセルの陰に隠れ少...

以上の条件から絞り込んでいく。

上品なランニング系を探す

このラインの選択肢だとナイキが筆頭になるだろうか。

コンバースはランニング系で選ぶには難しいし、アディダスやプーマでも選択肢はあるがボリュームスニーカーに関してナイキの種類の多さにはかなわない。

ではどの辺のモデルが良いだろう?

ニューバランス的ナイキ(NIKE)

手に入れやすい所でいえばインターナショナリストコルテッツ。復刻モデルもあり選択肢は豊富。

しかしこの辺りのナイキモデル、ランニング系だから当然ながら非常にスポーティな印象。ニューバランスが持つ上品な雰囲気からは少しだけ離れたものになる。

もちろんこれはこれで格好良いのだがストリート色がつよいというか少し異なった方向性。

上品なランニング系

「上品」このポイントが実に難しい。そうNew Balance(ニューバランス)のスニーカーは不思議なもので非常に小綺麗に映る。

本来は走るためのスニーカーに上品も何もあるわけがないはずなのだがニューバランスのベーシックモデルにはどこか品がある。

ミリタリースニーカー

さらに掘り下げて考えていくと行き着くのがミリタリーのトレーニングシューズ。

ニューバランスのベーシックモデルのそれに近い雰囲気をもつと考える。

スパルウォートについて

【スパルウォートマラソントレイル着用所感】SPALWARTこだわりのスロバキア製スニーカーの特徴
上品なランニングスニーカー レトロな雰囲気のランニングシューズ。 代表的なものとしてはニューバランス(newba...

ジャーマントレーナーについて

【ジャーマントレーナー】german trainer ハイブランドからも復刻されるミリタリースニーカー
ジャーマントレーナー(german trainer)とは 1970年代から1980年代に西ドイツ軍によって使用されてい...

自身でも愛用しているミリタリートレーニングシューズ。

国によって仕様は大きく異なるがフレンチトレーナー(フランス)とブリティッシュトレーナー(イギリス)はボリュームとシンプルのさじ加減が素晴らしい。

「機能美」ニューバランスと大きく共通している点はこれだろう。

以上、ニューバランス以外で考えるスニーカー。別の角度から見る事でわかるニューバランスの魅力とニューバランス以外のスニーカーの発見。

選ばない事で見えてくるもの。

追記:履かないと言っていたニューバランスで選んだのはこれ

【ニューバランス(New Balance)M1500購入レビュー】英国製定番モデルを選んだ理由
ニューバランスのスニーカーは持たないつもりでいた。 以前にこんな記事も書いているくらいだ。 まあ単にあま...

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!