【ジャーマントレーナー】german trainer ハイブランドからも復刻されるミリタリースニーカー

ジャーマントレーナー(german trainer)とは

1970年代から1980年代に西ドイツ軍によって使用されていた訓練靴。

だから呼び名もジャーマントレーナー

ジャーマントレーナー(German trainer)はミリタリースニーカー

このジャーマントレーナー(german trainer)。

レプリカはもちろんの事、様々なブランドによりリリースされている。元々が軍の支給品である為にデザイン使用を認められているからである。

当時はアディダス(adidas)やプーマ(PUMA)が現物を支給していた。

その為だろう、確かに形や雰囲気がこのあたりのスニーカーと似ている。

アディダスとガゼルについてはこちら

【アディダスガゼル(ガッツレー) 購入レビュー】adidas gazelle 定番の細身スニーカー
adidas gazelle(アディダスのガゼル/ガッツレー) ガゼルは英語。ガッツレーはドイツ語読みである。 この...

ハイブランドでも復刻されるジャーマントレーナー

現在ではハイブランドや各種メーカーでも取扱があるこのジャーマントレーナー。

代表的なブランドではMaison Margiela (メゾン・マルジェラ)。

感度の高い方たちにも履かれているこのスニーカー。

それだけ洗練されたデザインである事は間違いない。

リプロダクションオブファウンド(REPRODUCTION OF FOUND)のジャーマントレーナー。

リプロダクションオブファウンドは「再現」「見つけ出す」をコンセプトにフランスやイギリスなどジャーマントレーナー以外の軍用トレーニングシューズも展開する拘りのブランド。

こちらのジャーマントレーナーはライニングもレザー。オリジナルを再現しながらも上質にアップデートされている。

ジャーマントレーナー は硬派なミリタリースニーカーとしても華やかなデザインスニーカーとしても両立できる希少な存在だといえる。

ジャーマントレーナーのデザイン

ジャーマントレーナーはとにかくシンプルなルックス。

もともとが軍モノ(ミリタリー)である為余計なデザインやロゴも無い。

軍モノ(ミリタリー)と機能美について

【軍モノが格好良い理由】本当の機能美はミリタリーにあり
軍モノとは? 軍モノ。つまる所のミリタリーもの。 ミリタリー(military) ミリタリールック...

かといって地味かというとそんな事は無い。

スウェードの切り返しやガムソールの茶色が組み合わせられた程よい装飾。

黒のジャーマントレーナー

実際に履くと分かる控えめながらしっかりとした存在感。

「普通に見えて普通じゃない」を体現する数少ないスニーカーだと考えている。

ジャーマントレーナーとしては白が代表的だろう。

ラフになりやすいスニーカーの中でもキレイな印象に振れる貴重なモデル。

ホワイトが持つ清潔感がその長所を押し上げている。

出典:wear

しかし、今回自分は黒のジャーマントレーナーをセレクト。

これには理由がある。

このジャーマントレーナー。アディダスのサンバ(samba)というモデルにとても似ている。

元々はこのスニーカーを購入しようと検討していたのだがマイサイズが見つからずこのジャーマントレーナーが目に止まったのが購入のきっかけ。

この時代のadidas(アディダス)が持つ雰囲気がそうさせるのだろう。細身のフォルムと茶色ガムソールの程よいアクセントが共通点。

スニーカーでありながらどこか品を感じさせる。これが黒のジャーマントレーナーを選んだ理由。

レプリカと素材について

自分が現在使用しているのは国内の卸メーカーであるタナカユニバーサルが取り扱っているタイプ(スロバキア製 )。

本革アッパーは履きこむうち経年変化スウェード部の退色とともに絶妙のコントラストを見せる。

革とスウェードが織り成すエイジングに期待しつつ履き続ける。

本革のジャーマントレーナー

ちなみに合皮のモデルも存在するがここでは紹介しない。どうしても質感とエイジングの面で物足りないから。(合皮のメリットはもちろんあるのだが別の話)

スニーカー(靴)は全体のコーディネートの中で非常に目立つ部分。

お洒落は足元からとよく言われるがそれは本当だ。

シンプルを追求する中でも特にスニーカーには拘っていきたい。

ジャーマントレーナーのサイズ感

サイズ40をセレクト。

ジャーマントレーナーのサイズ感

ジャーマントレーナーのサイズ感について見ていくとやはりアディダスに近いサイズ感で甲が低い。

自分のサイズ目安を以下に記載するので参考にしていただけると嬉しい。

スニーカーのマイサイズ

マイサイズ:足長実寸25.0・甲ふつう・幅狭

コンバースオールスター US7 1/2→オールスターは幅狭スニーカーの代表格。基本少し大きめを紐でしばって履く方も多い。このサイズてわずかにゆとりがある適正サイズ。ハーフサイズ下げても履ける(許容)がかなりピッタリのサイジングとなる。

アディダススタンスミス・ガゼル US7 1/2(25.5)→ジャスト履き。これより小さいとキツくて履けない。かといって大きいとかかとが浮いてしまうだろう。よってジャストサイズ。

両方ともジャスト履きで使っている為これ以上サイズ落とすとキツい。

ここからハーフサイズアップなら多少のゆとりを持って履ける選び方である。

こちらを参考にしながらアディダスのガゼルやスタンスミスあたりでサイズ感をチェックしていただければほぼ同じサイズで履けるだろう。

ハーフサイズアップで紐を縛るようにして履くのも格好良い。

ジャーマントレーナー

程よいデザイン、機能美、汎用性と実に万能。

是非押さえておきたいスニーカー。

ジャーマントレーナー。マイベーシックスニーカーである。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!