【ボトムスの必要数】パンツは何本(何着)必要か?

ボトムス(パンツ)の所有数

皆様はボトムスを何本お持ちだろうか?

何本(何着)も持っていて毎日穿いても回しきれない人。

数本しか持たず週に同じものを何度か着まわしている人。

様々いらっしゃるだろうしどちらが良いという話ではない。

パンツを多く持っている人はシルエットやデザイン、機能や色の違いだって楽しみたいと数を揃える。

着こなしのバリエーションを増やす為や色々なタイプのパンツをコレクションしていたいと考える人もいるだろう。

一方、数を少ししか持たない人はひとつひとつのパンツをしっかりと着まわしたいからであったり、こだわりがあって特定のパンツしか穿きたくない場合などがそれにあたる。

単純にコストを抑えたいという場合もあるだろう。

服の数を増やさない考え方について

【服の数を増やさない】自然な着まわしの方法
着まわしの考え方 着まわし : 服やパンツの組み合わせを変える事で装飾品を異なる状態に見せる事。近年の節約志向に押され...

どちらの場合も必ず何かしらの理由があってそうしているのだ。

パンツの必要数

ではパンツは何本あれば足りるのだろうか?

自分の周りでも所有本数に関しては極端で100本持っていてももっと欲しいという人もいれば、3本もあれば十分という人もおり非常にバラツキがあると感じている。

どれぐらいの本数のパンツが必要か?

それはその人のライフスタイルに大きく関係してくるのだろう。

具体的に本数ごとにどのようにライフスタイルに合わせローテーションするのか考察していこう。

3本所有しているケース→ 平日にスーツや制服などで行動し私服を利用しないのであれば休日用として2本のパンツが必要。

そこに予備(ローテーション用)としてプラスで1本。

これで十分と考える。

6本所有しているケース→ 毎日私服としてパンツを着まわすとする。

一週間でスタメンで5本。

予備(ローテーション用)でプラス1本。

ボトムス(パンツ)の必要数。パンツは何本必要か?

ちなみにデニムパンツ(ジーンズ)所有数のアンケートでは平均が4〜5本。

デニム以外のパンツを3・4本は持っていると仮定するとだいたい人は合計で8本パンツ(ボトムス)を所有している計算になる。

必要なボトムスの種類

では3本のパンツ(ボトムス)を揃えるとして種類についてはどのように揃えれば良いだろう。

コーディネートの要。最初に揃える3本のパンツ(ボトムス)。

1.  デニム(インディゴ・黒)(ストレート〜スキニー)

2.  チノパン(ベージュ・ネイビー・黒)(ストレート〜スリムテーパード)

3.  スラックス(グレー・ネイビー)(テーパード)

デニムとチノパンとスラックスがあれば十分

ベーシックかつ汎用性を重視した3種類。

これで十分着まわす事ができるだろう。

さらに追加し6本で着まわししていくのであれば加えてもう3種類。

4. デニム2本目(別色・別シルエット)

5. チノパン2本目(別色・別シルエット)

6. その他パンツ(ワイド・カーゴ・スウェットその他お好みで)

最低限この6種類を揃えれば幅広く着まわしていける。

デニム・チノパン・スラックスがあれば足りる

デニム・チノパン・スラックスの3種類はバリエーションも考えると必須。

残りの3種類はシルエットや好みのもので追加していく選び方。

デニムパンツについて

【アーペーセーとデニムの種類】良シルエットジーンズどれを選ぶ? a.p.c petit standerd denim
a.p.c(アーペーセー)プチスタンダード。 自分が現在メインで着用しているジーンズである。 a.p.c  ...

チノパンについて

【チノパンの着こなし】ベージュのチノのコーディネートが難しい理由
チノパンとは? チノ・パンツの略。チノクロスと呼ばれる綿やポリエステル等の生地で作られたズボン(パンツ)の事。 ...

スラックスについて

【カジュアルで穿くスラックス】着こなしが簡単な理由とコーディネート例
スラックスとは? スラックスのイメージ スラックスといえば。 ● スーツのズボン ● 折り目のあるパンツ ...

デニム・チノパン・スラックスのベーシック3種類で基本的な着まわしが可能。

足りない場合は+3種類で着こなしの幅を構築していく。

スキニーパンツについて

【スリムパンツ】スキニーが初心者におすすめされる理由
シルエットをつくる シンプルなお洒落をしたい。 その為にはアイテムの適切なサイジングを行い、シルエットを構築する...

よってボトムス(パンツ)の必要数は着こなしの幅も考え6本あれば足りる

ボトムスの着まわしに必要な事

もしこれ以上数を増やすとすると週に一度も穿かなくなるボトムスが出てきてしまう。

バリエーションも含め色々な種類を揃えたくなる所ではある。

しかしボトムスのひとつひとつを有効に使いこなしていきたい。

そう考えている。

実際同じパンツを使用していても他の服との組み合わせや穿き方によって見え方は大きく変わる。

例えばロールアップの仕方ひとつでも。

ロールアップはパンツの表情を変える

【ボトムス(パンツ)のロールアップについて】裾まくりによる見え方の違い
ロールアップとは? ロールアップ(roll up)→ シャツの袖やズボンの裾を巻き上げること。 捲る(ま...

パンツ(ボトムス)を厳選。

着こなしを厳選しとことん着まわしていこう。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!