sponsored link

【夏なのにショートパンツを穿かない】夏のロングパンツコーディネートについて

ショートパンツを穿かない

この記事を書いているのは7月下旬。

暑さも増しまさに夏本番。

 

街行く人は半袖シャツにショートパンツやサンダルを合わせ、なんとも涼しげな装いである。

 

出典:wear.jp

 

 

しかし自分はショートパンツを穿いていない。

別に嫌いなわけでもないしもちろん穿いたこともある。

 

どちらかというと現在たまたま持っていないというのもある。

ただし、

 

ショートパンツがなくても夏のお洒落はできるのでは?

 

【夏なのにショートパンツを穿かない】夏のロングパンツコーディネートについて

 

このように考えていた。

 

この暑い中何を言ってるんだ?

そう思われるかもしれない。既に持っているロングパンツをできるだけ活かしたいのもある。

 

そこで今回はショートパンツを穿かないおしゃれについて考えていく。

 

 

 

ショートパンツを使わない着こなし

もちろんショートパンツをお洒落に着こなす方法はたくさんある。

 

 

 

穿かない理由

ショートパンツをなぜ穿かないのか?その具体的な理由とメリットについて。

 

夏しか穿けない

コストや着まわしの観点から。

 

文字通りの短パンなわけだから肌は露出し防寒できない。つまりメインで使うには夏しか穿けない。

 

もちろん他の季節でも穿くことはできるが重ね着が必要になったり季節感が削がれたりとスムーズにはいかない。

 

対するロングパンツなら夏以外の季節にも安心して着まわす事が可能。

 

足が出る

体型カバーが難しい。自分の場合などは筋肉質でもないし細みで見栄えがわるい。足に沿うように細身で丈長のショートパンツであればある程度のカバーはできるが注意が必要。

 

逆にがっしりしすぎている方であればそれもストレートにみえてしまうだろう。

 

このように足が露出する為シルエットを上手に見せる工夫が必要である。限定的であり着こなし自体は難しいアイテムだと考える。

 

ロングパンツ(スリムパンツ)によるシルエット構築について

【お洒落とスリムパンツ】スキニーが初心者におすすめされる理由
シンプルなお洒落をしたい。そう考えている。 その為には適切なサイジングを行い、全体のシルエット構築をしていくのが近道。 そして、パンツはそのコーディネートにおいて重要な位置を占めている。 おしゃれとシルエット 3つのシル...

 

室内が寒い

空調が効いていて涼しい室内。

 

しかし、一部、冷房が効きすぎていてとても半袖ではいられない場所もある。ショートパンツを着用しようものなら寒くて外へ出たくなるだろう。

 

外は猛暑のため半袖にショートパンツで涼しく着こなしを決めてきたのに室内はとても寒い。そんな困った状態。

 

外は暑く中は寒い環境。ショートパンツは温度調整に向かない。

 

 

少年のようになる

ショートパンツつまり短パンはラフなアイテムである。

 

どんなにデザインや素材感を変えても、一定以上のキレイな雰囲気まで寄せる事はできない。

 

夏はアイテム数も少なくラフな着こなしになりやすいためその難易度は上がる。ショートパンツはこどもっぽくなる要素に溢れている。

 

おじさんっぽいとこどもっぽいは紙一重

【おじさんくさい格好に見える原因】おじさんっぽい服に年齢は関係ない
お洒落やファッションにおける「おじさんくさい」や「おじさんっぽい」とはどういう状態を指すのだろう? 正直、褒め言葉には感じないしネガティブなイメージを連想させる。 反対の言葉としては「若々しい」「年齢より若く見える」 これらは...

 

すね毛問題

男性なら誰しもが抱える問題。

一般的に大事と言われている「清潔感」を邪魔してくれるのがこのすね毛。

処理するなどの対策はあるがロングパンツを穿き、見えなくすれば悩む必要すらない。

 

以上のように、ショートパンツを穿く際に留意すべき点はいくつか存在する。

 

 

 

コーディネートのポイント

夏に突入した今、自分のようにショートパンツを購入するには少し乗り遅れてしまった方、穿かない夏があっても良いのかもしれない。

 

ハーフパンツを使わずにコーディネートを組んでいくに少し工夫が必要になるだろう。どんなものがあるのか具体的に見ていこう。

 

ロールアップ

季節を問わず着こなしにアクセントやこなれ感を出したりと幅広い表現に役立つパンツの見せ方である。他のきせつより大胆に捲りすねを適量みせるのもひとつ。

 

出典:pinterest.jp

 

自由が効く為好みや着こなしに合った量だけ肌見せする事も可能。

 

 

Tシャツ

トップスにざっくりしたTシャツを着用する場合ボトムスがショートパンツではスタイルがラフになりすぎる。

Tシャツにデニム

【白Tシャツにデニム】無地Tシャツ一枚とジーンズでつくる着こなしについて
白色Tシャツとジーンズ(デニム)。 それは、究極のシンプルコーディネートであると考える。 白Tシャツとジーンズ(デニム) 白Tにデニム。このシンプル極まりない組み合わせで「格好良い」をつくっていきたい。 シン...

 

Tシャツの程よいカジュアルテイストを活かす為にロングパンツを利用する。

 

 

裸足に見えるソックス

フットカバーやベリーショートソックスなどの呼び名で知られる裸足に見える靴下。

 

くるぶしを出して涼しげに見せるのは夏の常套手段。くるぶし見えするソックスを使用すれば手軽に季節感を表現できる。

そのためにはこういったソックスを使うだけ。

 

まとめ

以上のようにショートパンツを穿かない事で見えてくる着こなしはある。

 

ショートパンツを使う事で逆に装飾や着こなしに工夫がいる点も多く「限定的なおしゃれ」をしたいのであればもちろんおすすめである。

 

しかしショートパンツを穿かずにおしゃれすることはもちろん可能。

夏はそれでも着こなせる。

 

 

タイトルとURLをコピーしました