【リプロダクションオブファウンド(REPRODUCTION OF FOUND)のジャーマントレーナー】シンプルデザインの極み german trainer購入レビュー

ジャーマントレーナー。

西ドイツで使用されていた軍用トレーニングシューズ。

ジャーマントレーナーについて

【ジャーマントレーナー】german trainer ハイブランドからも復刻されるミリタリースニーカー
ジャーマントレーナー(german trainer)とは 1970年代から1980年代に西ドイツ軍によって使用されてい...

削ぎ落とされた美しさ。シンプルスニーカーの極みはここにあった。

今回は以前より気になっていたREPRODUCTION OF FOUND リプロダクションオブファウンド ジャーマントレーナーについて。

ようやく手にする事ができた為レビューしていきたい。

REPRODUCTION OF FOUND(リプロダクション オブ ファウンド)のジャーマントレーナー

REPRODUCTION OF FOUND

出典:eye-found.com

見つけ出す(FOUND)、再現する(REPRODUCTION)をコンセプトとし、2016年に開始した日本のブランド。

1950年代から1990年代に軍のトレーニングシューズを生産していたスロバキアやルーマニアなどのファクトリーを中心にハンドメイドにこだわった製品を扱っている。

開封

そんなリプロダクションオブファウンドにおける代表作といえばジャーマントレーナー

常々マイサイズで希望のブラックがあれば手に入れようと考えていたが、タイミングが合い購入に至った。

リプロダクションオブファウンドジャーマントレーナーの購入レビュー

ただの白い箱。飾り気のない所がむしろ格好良い。

スロバキア製のジャーマントレーナー

箱のステッカーには製品情報。スロバキア製、型、色、サイズなどの記載が見て取れる。

早速開封していこう。

ジャーマントレーナーを象徴するガムソールと艶やかなレザーアッパーがのぞく。

その特徴とデザインについて掘り下げて見ていこう。

ジャーマントレーナーの特徴

デザイン

ごくシンプル。パッと見で目立つようなデザインは施されていないしロゴもない。

それゆえ素材の良さとフォルムは引き立つ。

これがジャーマントレーナーの最大の特徴であり魅力。軍用であるから過度な装飾は不要なのだ。

しかし、ただの地味なスニーカー等では決してない。

スウェードの切り替え

スウェードのトゥにレザーの切り替え、すっきりと流麗なフォルム、主張のつよいガムソール。

【リプロダクションオブファウンド(REPRODUCTION OF FOUND)のジャーマントレーナー】シンプルデザインの極み german trainer購入レビュー

軍モノらしく、抑えたなかにも意味のあるデザインが使われている。

素材

アッパーと側面、背面の切り替えは牛革のスムースレザーにトゥはピックスウェード

経年変化にも期待できるだろう。

アッパーはシボ革を採用

レザーの切り替えも同色で適度な主張。

シボ革

厚めのレザーを使用したシュータン。足入れも柔らかい。

フォルム

削ぎ落とされた細みのフォルム。

ジャーマントレーナー のフォルム

流麗で実に上品。ミリタリースニーカーにはこのようにシンプルで美しいデザインのものが多い。

機能美とミリタリー

【軍モノが格好良い理由】本当の機能美はミリタリーウェアにあり
軍モノ。 つまりはミリタリーもの。具体的にはどのようなものを指すのだろう。 ファッションを考えるうえでこの軍ものは避...

ジャーマントレーナーはadidas(アディダス)のベーシックなモデルをも連想させる。

それもそのはずで、同じドイツメーカーのアディダスとプーマは当時の製造に関係していたと言われており、かたちが似ているのもうなずける。

アディダスの美フォルムスニーカー、ガゼルについて

【アディダスガゼル(ガッツレー) 購入レビュー】adidas gazelle 定番の細身スニーカー
adidas gazelle(アディダスのガゼル/ガッツレー) ガゼルは英語、ガッツレーはドイツ語読みである。 この...

レザーインソール

リプロダクションオブファウンドのインソール(ライニング)はレザー仕様。

インソールはピッグレザー

しっとりと柔らかな質感で履き心地も良い。

デザインソースである品名や製造国、年代がプリントされた軍モノらしい控えめな主張。

レザーのインソール

コットンやポリエステル(化繊)を採用したライニングが多い中こちらのジャーマントレーナーは非常に贅沢な本革製のつくり。

ジャーマントレーナーのシュータン

シュータンの裏部、高い質感がよくわかる。サイズと仕様の記載。

細部にも抜かりは無い。

ジャーマントレーナーのガムソール

ジャーマントレーナーに採用されているガムソールはBWのガムソールを採用。

BWソールとは

BWソールとは?

BW SPORT(BWスポーツ) 255の刻印。

ブンデスヴェーア(Bundeswehr)。ドイツ連邦国を意味しクッションと耐久性を兼ね備えたミリタリーアイテムらしい機能をもったソール。

ジャーマントレーナーのガムソール

ガムソールはジャーマントレーナーらしいディテールのひとつ。レザーとのコントラストが美しい。

程よい主張と機能性が共存している。

サイズ感

以前の記事でタナカユニバーサル企画のレプリカのジャーマントレーナーのサイズ感を紹介しているが基本的に同じ。

下記はマイサイズ。

スニーカーのマイサイズ

マイサイズ:足長実寸25.0・甲ふつう・幅狭

コンバースオールスター US7 1/2→オールスターは幅狭スニーカーの代表格。基本少し大きめを紐でしばって履く方も多い。このサイズでわずかにゆとりがあるジャストサイズ。ハーフサイズ下げても履ける(許容)がタイトめのサイジングとなる。

アディダススタンスミス・ガゼル US7 1/2(25.5)→ジャスト履き。これより小さいと甲がキツくて履けない。逆に大きいとかかとが浮いてしまう。

スタンスミスやガゼルとほぼ同じサイズ感。参考にしていただければ幸いである。

まとめ

リプロダクションオブファウンドのジャーマントレーナーは、ただシンプルなだけに収まらず高い質感とスタイル問わずカバーの効くデザインが特徴。

靴からのコーディネート考察

【靴からコーディネート】着こなしを靴からはじめるメリットについて
着こなしにおいて靴の存在は大きい。 「お洒落は足元から」とはよくいったものでコーディネートを語る上で頻繁に取り上げ...

組み合わせに困った時に適当に合わせたとしても十分にコーディネートをまとめる事ができる。

リプロダクションオブファウンドのジャーマントレーナー。

シンプルの極み。上質を履こう。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!