【お洒落(おしゃれ)のきっかけ】デニムと出会う

自分がお洒落(おしゃれ)に目覚めたきっかけはデニムだった。   

お洒落のきっかけはデニムだった

デニムと出会う

それはまだ自分が学生の頃。お洒落をしてみたいけれど、どうして良いか分からず悩んでいた。

漠然とファッション誌を眺めていると、きれいに色落ちし、写真から生地の凹凸も感じられる程のデニムを目にした。

ん?なんだこのジーパン。格好良いな。

リーバイス501

これが、リーバイス501。おそらく記憶が定かでは無いのだが、ヴィンテージの66かビッグEだった。

リーバイス(LEVI’S)は1800年代後半のアメリカ。ブランド創設者リーバイ・ストラウスがテント用の厚手キャンバス地を用いてズボンを製造、販売した事に始まる。

ゴールドラッシュに沸くアメリカ西部、鉱夫の過酷な作業に適した丈夫な作業服が必要だった。これがジーンズの原点(今更自分が言うことでもないだろうが)。

ボタンフライ、銅リベット、5ポケット、レッドタブ、アーキュエイトステッチ。それぞれのディテールには必ず理由があって機能的に存在している。

◉ 作業服が元であるから非常に丈夫。

◉ 洗って縮んでねじれてもボタンフライなら留められる。

◉ ウォッチポケットにその名の通り時計を入れる。

その他挙げだすとキリがないくらい。

リーバイス501は原点

※こちらは所有の90年代に製造のリーバイス501。脇割、縦落ちしない等本当に普通のジーパン

デニムは薀蓄に事欠かない。行き過ぎるとうんざりする事もあるがお洒落に造詣は必要だ。

興味をかき立てるデニムの原点、リーバイス501。ただ、残念ながら当時の自分にはまるで知識がなく、かろうじて名前はどこかで聞いた事がある。その程度だった。

【リーバイス501 90年代 USA製の色落ち】淡いブルーデニムを目指す
デニムといえばリーバイス501 リーバイス501。 言わずと知れたデニムの基本、ジーンズの教科書そのものと言っても良...

無性に格好良い

「これは格好良い」ただただ無性に魅かれたのを覚えている。これが今のデニム好き、ファッション好きになるきっかけになった。

「とにかく格好良い」この感覚はお洒落をするにあたりとてつもなく大事になってくる。この感性に法則や知識をプラスし、自身を表現できるのならばお洒落は必ずキマる。

【アーペーセーとデニムの種類】良シルエットジーンズどれを選ぶ? a.p.c petit standerd denim
a.p.c(アーペーセー)プチスタンダード。 自分が現在メインで着用しているジーンズである。 a.p.c  ...

デニムとの出会いから色々な服を試し、ああでもないこうでもないとお洒落をしようとしてきた。

お洒落に見えない

しかし、デニムを穿いても選んだ服を着ても、なかなかお洒落にキマらない。その時の自分はまだ気付いていなかった。「お洒落の引き算」が出来ていない事に。

【シンプルなおしゃれとは?】シンプルコーディネートに必要な要素
シンプルなおしゃれとは? さりげなく無駄がなく洗練されており、服でシンプルを体現できている状態。 これが自分...

格好良い服を買って着ればお洒落になるのだろう。〇〇のブランドの服を着れば格好良くキマるのだろう。そう考えていた。

お洒落を楽しんでいくと同時に、お洒落に悩める日々も始まったのである。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!



『【お洒落(おしゃれ)のきっかけ】デニムと出会う』へのコメント

  1. 名前:埒之 投稿日:2017/09/05(火) 09:51:57 ID:59fd11523 返信

    はじめまして!ツイッターでフォローさせていただいており、記事を読ませていただきました。

    私のきっかけはURBANRESEARCH DOORSのカットソージャケットでした。
    ファッションに興味を持ったけれど自信がなかったとき、女の子とデートすることになり、女子ウケのいい服を買いに行こうと思いましたがお金がありませんでした。
    そこで、今持っているパンツとセットアップに見えるように色味と素材を合わせて買ったのが件のジャケットです。当時は「おしゃれな店で買ったからかっこよく見えるぞ」と思い胸を張ったのを覚えています。

    形や素材は普通ですが、初めて「会う相手のことを考えて買った」おしゃれのきっかけの品です。

    • 名前:kurono 投稿日:2017/09/05(火) 21:09:04 ID:359e4d872 返信

      埒之さん。
      コメント、Twitterのフォローまでいただきありがとうございます。
      人それぞれにお洒落に興味を持つきっかけがあるのだと嬉しく思いました。「会う相手のことを考えて買った」とのお話がとても素敵で、新しいジャケットを着てさぞワクワクされたのでしょうね。
      服や着こなしは自分の気持ちも高めてくれるもので、楽しいし、奥深いです。
      記事を通して少しでも参考になるものを書いていければと思っております。ぜひ、またお越しください。