【サブトラクション】お洒落(おしゃれ)の引き算について

お洒落(おしゃれ)は引き算である

誰かが言っていた。「お洒落(おしゃれ)は引き算」である。

サブトラクションとは?お洒落の引き算について考える

サブトラクション (subtraction)

サブトラクションとは、減法、すなわち一方から他方を取り去る事。

計算として使われる「引き算」の事である。

3−2=1

そう、小学校で習うあれの事。

お洒落で引き算をするとはどういう事だろうか?

最近まで何の事だかさっぱりわからなかった。むしろ、今でも完全には理解できていない。普通の引き算は小学校で習得したのに、お洒落の引き算となるとまるで難しい。

お洒落をするのは奥が深い。ブランドの服を着れば格好良くなるわけじゃないし、流行を取り入れ、店のマネキンを真似てもしっくりこない。

そして、よっぽどの事でなければ誰も教えてくれない。もちろん学校でも教えてはくれない。そもそもマニュアルなど無いのである。

しかし、お洒落な人はこう思っている。

マニュアルがないから面白いんだよ。

お洒落(おしゃれ)にはマニュアルがない

マニュアルが無いからこそ皆表現が違うし自分の好みを反映させることができる。

ではどうやったらお洒落に見えるのだろうか?

自分の場合はそもそもお洒落が何なのか全くわからなかった。

思うがままに服を選んでいった。するとどうなっただろう。

雑誌のモデルが良いと言っていた定番の〇〇を買った。やっぱりお洒落な人が推めるモノは間違いない。そう思っていた。しかし、さっそく着てみるもしっくりこない。よく見てみると色も派手。サイズは緩い気がする。

困ったことに、そもそもサイズが合っているかすら分からない。本当はサイズが合っていたとしてもその事にも気づかない。

このように、お洒落の服選びは非常に複雑。なんとなく服を選び、感覚で選んだモノを着てもしっくりこない。

もちろんファッションは自由だ。みんな違って良いし正解もない。でも、どうせ着るならお洒落で格好良く見られたい。お金や労力をかけるかどうかは別にして、ダサいと思われるよりはお洒落な方良い。そう思っていた。

本当のお洒落とは

自分が思う本当にお洒落な人とは、服の価格やブランドなどは関係ない(もちろん有利だから使えるものは使うべきだが)。

この上なくシンプルで要らないものを削ぎ落とした美しさ。さりげない華やかさ。一見わかりづらいような。そんな所に憧れを感じる。

【シンプルなおしゃれとは?】シンプルコーディネートに必要な要素
シンプルなおしゃれとは? さりげなく無駄がなく洗練されており、服でシンプルを体現できている状態。 これが自分...

これを具体的に伝えたり表現するのは簡単じゃない。もしかすると「足し算」の方が分かりやすいだろう。奇抜なデザインを重ね、とてもお洒落に着こなしを決めている人もいる。「お洒落な着こなしで華やかだな」そう思う。

でも、自分は引き算の方が好きだ。

最小限で最大限の魅力を引き出したい。少ない分量でキレイに見せたい。だから誰かも同じように考え、思ったのだろう。

「お洒落は引き算である」

引き算が効いているモノや服、お洒落、考え方、様々なこと。じっくりと考えていこう。

お洒落をしないという考え

【お洒落をしない】人がお洒落(おしゃれ)をしなくなる理由
世の中にはお洒落(おしゃれ)をする人とお洒落をしない人がいる。 そもそもお洒落とは? 洒落(しゃれ):垢抜け...

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!