【ジージャンの色落ち】アーペーセーデニムジャケット250時間目(a.p.c denim jacket)

ジージャン(デニムジャケット)が好きだ。

アーペーセーデニムジャケット(ジージャン)の色落ち

短い丈と生地がもたらすザラ感、無骨なデザイン、意味付けられたディテール。つくらた時代背景や歴史も深く、実に魅力的。

今回はそんなジージャンの色落ちについて。所有のa.p.cデニムジャケットの進捗をふまえながら考察を進めていく事にする。

ジージャンの歴史とその魅力

しかし、ジージャンは機能面だけで考えると決して良いものだとは思わない。

ゴワゴワしたデニム地は使用環境を限定し。夏は暑く、保温性も低い為、防寒の工夫をしなければ初冬には着られない。

デニムジャケットを着れる時期 デニムジャケット(ジージャン)はどの時期に着る服だろうか? 春や秋によく着られてい...

ほとんどのジージャンは洗えば縮むし、色落ちするため取り扱いもやや特殊。

つまり、実用面から考えればとても扱いにくいジャケットといえるだろう。

しかし、短い丈と無骨なデザインは問答無用に格好良い。

機能的に取り付けられたボタンや頑丈なステッチ、長い歴史と背景。それに伴う様々な薀蓄。

どっぷりハマる材料に事欠かない。

ジージャンは不思議な魅力で溢れている。

デニムジャケットのデザインソース

ジージャンといえばリーバイス(LEVI’S)

出典:levi.jp

通称1stから3rdまでの3種類(実際は4thもある)が代表作。

もちろんLEE(リー)Wrangler(ラングラー)も素晴らしいが誰もが知る定番としてはやはりリーバイスのジージャン。

リーバイスのジージャン
【506xx】1st(ファーストタイプ)→ 1937年以前から1953年頃まで

ディテールは年代により異なる。ショート丈のボックスシルエットでバックに取り付けられたストラップが特徴的。フロントポケットはシングルでフラップは有無が両方存在する。

【507xx】2nd(セカンドタイプ)→ 1952頃から1962年頃まで

1stを継承したボックスシルエットでさらに短くなった着丈。前立て部のプリーツとステッチ。大きな変更点はフロントポケットがダブルのフラップ付きになっている事とバックはアジャスターのボタン留めになった事。

【557】3nd(サードタイプ)→ 外観上のデザインが2ndまでのそれとは大幅に変更となった。ボディ前部のV字のステッチ、デザイン。埋め込み型のポケット。大きくなったアームホールも特徴。(4thは3rdタイプよりも着丈が長い)

現在売られているジージャンをデザイン的に分類する場合、この3つのタイプとLEEおよびラングラーのいずれかをベースにデザインされる事がほとんど。

リーバイスの1ST(ファースト)タイプについて

リーバイスの1st(ファースト)デニムジャケット デニムといえばリーバイス。 ジーンズ(501)についてはこちら...

リーバイスの3rd(サード)タイプについて

リーバイスの557xx 通称3rd(サード)。 出典: ファーストこと506XX、セカンドこと...

現在までこれらの型がジージャンのデザインを形づくっていることに感動を覚える。

デニムジャケットのソース。

今回考察をすすめていくa.p.cのジージャンはリーバイスの2ndモチーフ

a.p.c(アーペーセー)のデニムジャケットについて

A.P.C(アーペーセー):フランスのパリにて発表されたブランド。生産と創造の工房(Atelier de Production)を意味し1987年にジャン・トゥイトゥが設立。

ミニマルかつフレンチベーシックを基調としたデザインが特徴でなかでも定評あるのがデニム。

アーペーセーのジージャンの種類についてはこちら

アーペーセーのブランドとジーンズについては以前の記事で触れている。 a.p.cとジーンズの種類について ...

デニムジャケット(ジージャン)についても例に漏れず秀逸である。

特徴としてはジーンズと同じ14.5oz(オンス)のデニム地。定番のリーバイスともひと味違う黒み(緑み)がかった色落ち。

所有しているのはveste jean work

出典:apcjp

ワークという名が入りながらも洗練されたデザインとシルエット。a.p.cの上品さと無骨なジージャンのテイストが見事に融合されている。

着丈は長めで身幅はタイト。通常ならばあるフロントポケットのフラップボタンは無し。デザインも現代的にブラッシュアップされており実にシンプルである。

思わず袖を通したくなるデニムジャケット。色落ちに関しても期待は高まるばかり。

早速見ていこう。

アーペーセーのジージャン色落ち考察

可能な限り着用するとして1日10時間。1週間のうち4・5日は着用。

そうこうしているうち部分的にアタリがついてきている。

記録も兼ねて見ていきたい。

知る限りジージャンの色落ち考察のブログや記事はジーンズのそれに比べると非常に少ない。

a.p.cのデニムジャケット購入の際にも参考記事を探した経緯があるが見つけられなかった。(着用レビューはいくつかあったが色落ちの記事は特に少ない)

ジーンズに比べ「着用する人の絶対数が少ない事」「色落ちの経過が遅い事」が影響して情報が少ないのではと考える。

この記事がa.p.c(アーペーセー)のデニムジャケットを購入検討している方の参考になれば幸いだ。

a.p.cデニムジャケットの色落ち250時間目

現状と着用環境

ブランド:a.p.c

着用時間:250時間

洗濯:未洗い(ノンウォッシュ)

着用環境:室内外半々・前ボタン開け締め半々・袖ボタン閉め2割・袖まくり8割

リジットのジージャン

こういった所。全体的にはリジットからわずかに青みが出てきた程度。

どうしてもジーンズ(デニムパンツ)に比べるとデニムジャケットの色落ちは進まない

何しろまず擦れない。腕の動きで擦れる箇所ばかり落ちていく。アタリが出る箇所がすごく偏るのだ。

デニムジャケット部位ごとの色落ち

【襟】

ジージャン(デニムジャケット)の襟の色落ち

ヴィンテージの個体を見るとまずここが破れている。

当然常に擦れる箇所のため色落ちもかなりのスピードで進む。

おそらく難しいが自分としてはできれば破れないように進めていきたい。

白くなってきている。

ここは色落ちというよりはダメージに細心の注意を。

【袖】

デニムジャケット(ジージャン)の袖口の色落ち

ここもとにかく擦れる箇所。古着では大概破れてボロボロになっている。

自然に破れる程度ならば良いがボロボロになるのは避けたい所。

自分の場合は二度ほど折り返し、捲って着用することが多い。

a.p.c(アーペーセー)のデニムジャケットは袖も従来のものに比べ長い。

その為キレイな着こなしに合わせる際にも使いやすいジャケットだと言える。

【腕】

ジージャン(デニムジャケット)の袖のハチノス

デニムジャケットにおけるハチノス育成ポイント。

ノンウォッシュでシワが固定するまで着続けないと綺麗に出ない。

古着のデニムジャケットを見てもはっきりしたハチノスができているものはほとんどない。

ファーストウォッシユが早いことと洗濯頻度が大きく影響しているのであろう。

リジットデニムでノンウォッシュ時の糊の力に頼らなければ難しい箇所だと言える。

シワがついてもすぐ消えてしまうからだ。

アームホールが腕にタイトフィットであれば存分にこのハチノスは出てくれるであろう。

自分の場合はほどほどのフィット感。

同ブランドのプチスタンダードを愛用しているがあそこまで(ヒゲ・ハチノス)にはならないと予測できる。

【背中】

ジージャン(デニムジャケット)背中の色落ちとハチノス

デニムジャケットは前面より後ろの方がアタるし色落ちする。

座り仕事、車移動などの多い人はなおさら。

よく背中の中央だけ色落ちしたデニムのバックスタイルを見るがそんな所。

今回感じたのは背中にもハチノスができること。

しっかりとシワができている。引き続きしっかり着込み育てていく。

a.p.c(アーペーセー)のデニムジャケット。

愉しみは始まったばかり。

色落ちの続きはこちら→
アーペーセーのジージャン(デニムジャケット)。 梅雨のジメジメする季節は着れず、夏の暑い日も着れずと歯がゆい時期は...

ジーンズの色落ちに関してはこちら

a.p.c ジーンズの色落ち アーペーセーのジーンズは色落ちが良い。 これは今までに多くの記事や情報、ブログの穿...

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!