sponsored link

【水沢ダウンマウンテニア購入レビュー】デサントオルテライン定番ダウンの機能とシルエット

寒い冬の主役アウターといえばダウン。高い防寒・保温性を誇るヘビーアウターの代表選手である。

 

そんな、ダウンであるが選択肢は多く、様々なブランドから展開されている為セレクトにに悩まされる。

 

そんななか絞り込み、ようやく理想のダウンジャケットを選ぶ事ができた。

 

水沢ダウンとは?

 

水沢ダウン(DESCENTE ALLTERRAIN)。さっそく紹介していく事にする。

水沢ダウンのマウンテニア

今回購入したのがこちら。

 

夏にダウンを購入

 

水沢ダウンのマウンテニアというモデル。

 

美麗なシルエットに加え防水・保温を含む高機能。デザインと機能の両立がここにあった。

 

水沢ダウン(MIZUSAWA DOWN)とは?

水沢ダウンは、スポーツウェアメーカーであるデサントの岩手県奥州市にある水沢工場で生産されるダウンの事。

 

出典:allterrain.descente.com

 

2008年の開始から、国内はもちろん海外からも非常に高い評価を受ける定番アイテム。

 

2010年、バンクーバーオリンピック日本選手団のオフィシャルスポーツウェアとして採用された事が人気のきっかけにもなっている。

 

デザントとデサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN)について

デサントは1935年に石本他家男氏により創業(当時は石本商店)、1961年に現在の社名であるデサントに改名して現在に至る。

 

デサントとデサントオルテラインとは?

 

社名のデサント(DESCENTE)とは滑降を意味し、ブランドのマークである3本の矢印は直滑降と斜滑降、横滑りを表したデザインとなっている。

 

今回購入した水沢ダウンは、同社のなかでもデサントオルテラインの製品に位置付けられており、オルテラインは2012年にはじまったデサントのコレクション。

 

ALL(全て)とTERRAIN(地形)を組み合わせた造語で「デザインは全て機能性に従事したものである」のコンセプトを元に流行にとらわれないものづくりを行っている。

 

ブランド名、コンセプトからも強い意志を感じ取っていた。

 

マウンテニア(MOUNTAINEER)

今回購入したのはそんなデサントオルテラインの水沢ダウンの中でも定番のマウンテニアというモデル。

 

 

【水沢ダウンマウンテニア購入レビュー】デサントオルテライン定番ダウンの機能とシルエット

 

ステッチを極力なくしノンキルト加工とシームテープ加工を採用したスリムボディ。立ち上がりの良いフードが目を引くハイネックなど、無駄を削ぎ落とした機能的なデザインが魅力的な一品。

 

 

デサントオルテラインが掲げる「デザインは全て機能性に従事したもの」のコンセプトに忠実なモデルがこのマウンテニアであるといえる。

 

他モデルのダウンジャケットとしてはでは、着脱可能なフード付きのベーシックモデルであるアンカー。

 

 

シンプルに羽織れる軽量モデルのシャトル。

 

といった種類も展開されている水沢ダウン。

 

では、今回購入したマウンテニアの特徴について掘り下げていく事にする。

 

マウンテニアの特徴

シンプルな外観ながら実に機能的な特徴にあふれたマウンテニア。

 

シルエット

まずはそのシルエット。

 

水沢ダウンマウンテニアのシルエット

 

全体的にはややタイトなスリムシルエットでフォルムも美しい。

 

ダウンジャケットといえば総じてモコモコと肉厚でどちらかといえばカジュアルなイメージがつよいアイテムである。

 

しかし、このマウンテニアはそのイメージを払拭する。

 

スリムシルエットのマウンテニア

 

シームレスかつノンキルト製法の採用により最小限におさえられたダウン。なんと位置ごとにダウンの量を加減しシルエットがきれいに出るよう調整している。

 

細やかなこだわり。実際、その徹底ぶりがシルエットの美しさに反映している。

 

特にアームホールや脇下の身幅は適度に絞りがかえられており実にスマートなつくり。

 

マウンテニアの保温性能とベンチレーション

ダウンに必要不可欠なものとしてあげられるのは、やはり保温・防寒に関する性能。

 

 

 

メインのヘビーアウターとして真冬の0度を下回る寒さのなかでも悠々と過ごせる暖かさが求められる。

 

必要とされる機能面に関して、確認していこう。

 

ダウンとフェザーの混紡率

ジャケットの中に入っている素材としてはダウン90%、フェザー10%の混紡率。

 

 

一般的なダウンとフェザーの混紡率はダウンが70%〜90%、フェザーが10%〜30%程度といわれており、こちらのマウンテニアもこの基準に合致している。

 

しかし、素材だけではなく、マウンテニアの保温性能の高さはその機能的な仕様からもよくわかる。

 

フロントジップと保温

フロント部にはふたつのジップ。

 

フロントジップとベンチレーション

 

外側のジップを閉めれば外からの空気をシャットアウトしジャケット内の暖かい空気を逃さない。

 

顔半分を覆う事ができるハイネック

 

顔の半分を覆えるほどのハイネックも相まってこの一枚で充分に暖かい。中にはTシャツの上に羽織るだけでも防寒できると言われるまでである。

 

少し飛躍しすぎな感はあるが、それほどに高機能。

 

加えて裾部内側にはスナップ調整が可能なカバーが付属。

 

裾部のカバー、下から冷たい空気が入るのも防いでくれる

 

下から冷たい空気が入るのも防いでくれる。暖気はうえに上がる特性があるため腰元から温めていくのは非常に有効。

なるほど、細部にも抜かりはない。

 

ベンチレーション

フロント部にあるふたつ目のジップについて。

 

こちらもうひとつのジッパーに関しては、閉めた際全面のメッシュ部から換気(ベンチレーション)できる用になっている。

 

 

非常に細やかな仕様。

 

フロント部のベンチレーション

 

フロント部にベンチレーションが設けてあるジャケットは通常あまり見ない。それだけ水沢ダウンが保温・密閉性にこだわりを持ち重要視しているかがよく分かる。

 

そしてその機能へのこだわりはまだまだ続く。

 

脇部のベンチレーション

脇部に配されたジップ。

こちらもベンチレーションとなっており各所のジップと組み合わせる事によりマウンテニア全体で温度調整が可能となっている訳だ。

 

冬の室内は暖房が効いておりむしろ暑いケースも多い。そんななか各調整により快適に着用する事ができる。

 

マウンテニアの防水性能

水沢ダウンの特徴のひとつとして止水テープ加工があげられる。

 

マウンテニアの止水ジップ

止水ジップ

ご存知のとおりダウンは水に弱い。水に濡れ、ダウンに浸透することによりその性能は損なわれる。

 

水沢ダウンの止水ジップ

 

そこで止水ジップの登場である。マウンテニアの顔であるフロント、ポケット部には止水ジップが使用され、しっかりと防水。見た目にもほどよいアクセントとなっているのが素晴らしい。

 

 

 

パラフード

マウンテニアのフードにはパラフードという大事な機能が備わっている。

 

 

簡単に説明するとフード部分が普段は閉じていてジップにより開閉できる仕組み。

 

開ける際はこのように取っ手をジップ側から反対に引っ張りはずし、

 

 

そのまま手でジップ部を開く事ができる。

 

これは着用したままフードを開く事ができるため便利。降雪時にフードに雪が溜まる事なく必要な場合にのみ開き使用する事ができる。

 

普段は閉じている事によりすっきりした襟元になりミニマルなルックスをさらにスマートに見せてくれる。

 

まとめ

以上、水沢ダウンのマウンテニアについて。

 

見た目からは想像できないほどの高機能、シンプルと高スペックの融合を感じる事ができる大定番。

 

確かに高価なアイテムではあるが、それを払拭するほどの実用性と魅力がここにある。

 

真冬が楽しみになる一品。じっくり使っていくことにしよう。

 

タイトルとURLをコピーしました