【ダウンジャケットいつからいつまで着る?】気温は何度から何度まで着れるか

真冬の代表アウターであるダウンジャケット。

冬の着こなし

冬。保温性のあるアウターや重ね着が求められる季節。 このように寒い冬においてはどのような着こなし(コーディネート)が必...

ダウン素材がもつ保温力は他のアウターに比べて非常に高く、寒い冬におけるつよい味方となる。

では、そんなダウンジャケット。いつからいつまで着ることができるのだろう?

着用に適切な時期を、気温ごとの着用感もふまえ確認していく事にする。

ダウンジャケットが着れる気温

ダウンジャケットの最大の特徴は、そのあたたかさにある。

【ダウンジャケットいつからいつまで着る?】気温は何度から何度まで着れるか

しかし、同時にあたたかすぎる所が注意すべき点でもあり、防寒の為に着てみたものの、必要以上に「暑い」といった事にもなりかねない。

そのため、適切な気温、適切な時期を把握したうえで使用していきたい。

気温は何度から何度まで着れるか?

では、ダウンジャケットにおける気温別の着用感をみていこう。

15度以上

15℃以上。ダウンジャケットを使用するのにはまだまだ暖かすぎる気温。

アウターとしてもデニムジャケットや軽いブルゾンなどがメインとして着用され、基本的にはダウンを使用する必要はないと考える。

しかし、朝晩の冷え込み時にのみの使用であったり、野外(アウトドア)など風がつよく体感温度が下がる場面に限り、ダウンベストや薄手のものを取り入れるのであれば着用可能。

かといって無理にダウンを使用するかどうかについては難しい所で、他アウターで代用したり、後述する季節感に注意しての限定使用が求められる気温帯だろう。

10度〜15度

10℃から15℃は薄手のトップスのみでは過ごしづらく、アウター必須となる気温帯。

しかし、中程度の厚みをもったジャケットやコート、ブルゾンの活用がメインとなる為、ダウンジャケットの使用は状況に応じて限定的に使用されると考える。

薄手のダウンジャケットの使用や、朝晩の冷え込みのつよい時間帯限定での着用、ショート丈ダウンの採用などが主になってくるだろう。

着用可能だが、あくまで薄手、限定的な使用がベターだと考える。

5度〜10度

5℃から10℃、ダウンをはじめとした冬アウターが活躍するメインの気温帯。

ライナーなしのバブアービデイルでも十分な気温帯

秋冬通して使えるミドル丈のジャケットを探していた。 そんな中、常に候補にあがっていたのがバブアー(Barbour)のジ...

一般的なウールコートや厚手の中綿ジャケット、その他ヘビーアウターを活用する場面が多くなる気温。

当然ダウンジャケットの高い防寒、保温性能が発揮される気温はここからとなる。それでも、他アウターであればインナーを着込み十分に防寒に配慮すべき所をダウンであれば「羽織るだけ」で乗り切れる場合も多い。

created by Rinker
NANGA ナンガ 別注モデル 焚火 ダウンジャケット TAKIBI DOWN JACKET
¥38,900 (2020/03/30 16:49:54時点 Amazon調べ-詳細)

−5度〜5度

−5℃から5℃、こちらからがダウンの本領が発揮できる気温帯であると考える。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rm+ SHÜN(@hira.shun)がシェアした投稿

ウールコートや中綿ブルゾンなど他アウターでも対応可能ではあるが、インナーを厚手なもので組み合わせたり、マフラーなどの小物類での防寒など併用が必要となる。

やはりここはダウンの出番。特にハイネックのものやフード付のものであれば一枚羽織るだけで快適に過ごす事ができる。

ダウンの保温力が試されるのがこの気温帯から。一枚でもあたたかいのが最大の特徴であり、メリットである。

−5度以下

地域によっては体感できない厳しい寒さ。一部の肉厚な中綿アウターや高機能素材のコートなどのヘビーアウターを除き一般的なものでは対応が難しくなってくる気温。

重ね着や冬小物を併用し駆使することで乗り切れる気温帯となるが、ダウンジャケットであれば比較的に薄手のインナー使い、組み合わせに迷うことなく一枚で着用することができる。

ナンガ オーロラダウンジャケット nanga AURORA DOWN JACKET ジャケット ダウン メンズ アウター (ブラック, M)
Nanga(ナンガ)

高機能水沢ダウンのマウンテニアについて

寒い冬の主役アウターといえばダウン。高い防寒・保温性能を誇りヘビーアウターの代表選手。 そんな、ダウンであるが選択...

ハイスペックなダウンが活躍するのはこの気温帯。

他アウターでは寒くてたまらない厳しい環境でも、ダウンジャケットであればしっかりと耐えることができる。

ダウンジャケットいつからいつまで着れる?

上記のように、ダウンジャケットは気温だけでみれば10度から−5度以下まで、時期でいう所の11月から3月までの広い気温帯で着用可能と考える。

ダウンジャケットいつからいつまで着れる?

その他の気温帯でも特殊な環境(極端に冷え込む朝晩や野外の限定使用)時は使用可能であると考える。

ダウンが着れる時期(季節)

もちろん地域であったり薄手、厚手などダウンの仕様にもよるが季節でいう所の秋から冬、春先まで使用可能といえるだろう。

そして、気をつけるべき点があるとすれば、それは季節感。

気温だけで計れない季節感

例えば、4月にもなれば平均気温が15度を越す場合も多い。

※もちろん地域によって異なる

そんな中、日によっては10度を下回るようなタイミングがないとも限らない。

その際には、ダウン使用しても差し支えないような気温であるにもかかわらず、見るからにあたたかそうなダウンを着用すれば「暑そう」や「厚着している」と見えてしまう事もある。

これは実際には適性気温での着用だったとしても起こりうる事。

ダウンが季節はずれに感じる理由

その理由としては、他の人は既に軽アウターを準備しており、まわりから見て新しい季節が到来しているのにそれに合わせず「季節感」をそこなっているように感じるから。

春の着こなし

春。 寒い冬が終わり毎日のように頼っていた厚手アウターをようやく脱ぐ事ができる。 冬の着こなしについてはこち...

秋らしい素材とカラー

秋らしい着こなし アイテム数が少なく着こなしも限定される夏。 そんな暑い夏は終わりを迎え、秋がやってくる...

もちろん、そういった時期にダウンを着てはいけないという事ではないが、「いつまで着れる?」を総合的に考えるうえで、季節感のキーワードは大いに関係している。

まとめ

以上、ダウンジャケットはいつからいつまで着れるか?

気温や時期(季節)にしばられる事なく着用してもかまわない。しかし、あたたかい、寒い、気候の変化がある以上、ある程度適性かつ自然に着こなしやすい目安はあるだろう。

高い防寒性能をほこるダウンだからこそ、快適、機能的に着用し楽しんでいきたい。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!