sponsored link

【サンダースのブーツ】SANDERS ミリタリーダービーブーツについて

英国製のブーツが欲しい。

 

【イギリス(英国製)のブーツブランドと種類】メイドインイングランドの定番ブーツを選ぶ
イギリス(英国製)のブーツが欲しい。 愛用中の英国ブランド、バブアーのジャケットとテンダーのデニムに合わせる為、このように思っていた。 バブアービデイルSL購入レビュー tender co.のデニムについて ...

 

このように考え、条件に合うものを探していた。

 

バブアー(Babour)やテンダー(tender co.)、ヤーモ(yarmo)など所有の英国アイテムはもちろん、その他ベーシックな定番品に組み合わせる事ができるブーツ。

 

【バブアーのビデイルSL購入レビュー】Barbourの定番オイルドジャケットを着る
秋冬通して使えるミドル丈のジャケットを探していた。 そんな中、常に候補にあがっていたのがバブアー(Barbour)のジャケット。 様々検討し、ようやく手にする事ができた。詳しく見ていく事にする。 バブアーのビデイルにつ...
【テンダー130購入レビュー】こだわり抜いたディテールTENDER Co.のデニムと特徴について
スタンダードなリーバイスの501、細みのa.p.cプチスタンダード。 次の一本は、今まで選んできたデニムと違ったもので選びたい。 そう思っていた。 候補としては、しっかりとした生地による風合いのある色落ちが前提...
【ヤーモ(yarmo) のダスターコート】ダスターコートとは?CC41 英国製ワークコートの特徴と着こなし
スプリングコートを探していた。 春コートについて ロング丈でコットン素材、かっちりしすぎずカジュアルに羽織れる春コートを。 そんな中、見つけることができたのがヤーモ(yarmo)のダスターコート。 ヤーモ...

 

色々と検討し、今回手に入れたのがこちら。

 

【サンダースのブーツ】SANDERS ミリタリーダービーブーツについて

 

サンダース(sanders)のミリタリーダービーブーツ。

 

サンダース(sanders)のブーツ

サンダースに(sanders)ついて。

 

サンダースはイギリス国防総省(MOD)に向けてレザーシューズを供給する等、創業100年以上の歴史と技術を兼ね備えたノーザンプトンの老舗メーカー。

 

出典:https://sanders.jp/

 

サービスシューズ(オフィサーシューズ)を元につくられた「ミリタリーダービー」はブランドが誇る定番である。

 

サンダースのミリタリーダービーシューズ(短靴)

【サンダースミリタリーダービーと着こなし】ポリッシュドレザーとコマンドソールが特徴の英国製革靴
サンダースの靴と歴史 Sanders(サンダース)→サンダースは1873年にウィリアムサンダースとトーマスサンダースの兄弟によりラシュデンにて設立。 イギリス国防総省(MOD)向けに供給されるレザーシューズ(UK製)のほとんどがサン...

 

その他にも名品が存在し、数多くのブーツも展開されている。

 

 

英国ブランドのブーツといえばチェルシーブーツ。上品でドレッシーなフォルムが美しい。利便性もありながらカッチリとした雰囲気も十分。

 

 

エプロンダービー。エプロンはUチップの事、ダービーは外羽根を表している。カジュアルスタイルで使われる事が多いデザインだが、ほどよくスマートでドレス感もかんじさせる応用範囲の広い一足。

 

 

ブリットチャッカ。デニムにチノにスラックスにと、万能的に使えるスウェード素材のチャッカ。すっきりしたアッパーのフォルムと厚手のクレープソールとのコントラストが特徴的で、スティーブマックイーンが愛用したことでもよく知られている。

 

数ある種類のサンダースのブーツの中、今回セレクトしたのはミリタリーダービー(ミリタリー コレクション)のブーツタイプ。

 

 

 

必ずしも短靴とブランドを揃えるつもりは無かったのだが、様々好みから選んでいくうちに候補が絞られていったのが正直な所。

 

 

付属の紐。ブラックに加え、カーキ(オリーブ)も付いている。気分で付け替えるのも良い。

 

ミリタリーダービーブーツ

では、ミリタリーダービーブーツの特徴とディテールについても確認していこう。

 

フォルム

まずは非常に綺麗な外観とフォルム。

 

ミリタリダービーブーツのきれいなフォルム

 

ブーツといえばワークブーツやマウンテンブーツなど、タフで骨太なモデルやデザインが多い。

 

そんな中このサンダースのミリタリーダービー ブーツは実に流麗、無骨ながら上品さが保たれており、非常にバランスが良い。

 

 

サイドから確認するも実にシンプル。最低限のミニマルデザイン。無駄はきっちりと削ぎ落とされている。

 

 

バックからの眺め。すっきりと細みのシルエットが実に美しい。

ジーンズにもよく合うのは美麗なフォルムがあってこそのものであろう。

 

 

サンダースのレースアップ

 

フックも廃したシンプルなレースアップ。同色のハトメがシック。

 

ミリタリーアイテムらしい機能美が体現されている一品。

 

 

 

ポリッシュドレザー

素材としては、カーフレザーに樹脂加工を施したポリッシュドレザーが採用されている。

 

ポリッシュドレザー

 

もともとはコードバンに近づける為に採用されたポリッシュドレザー。実際にコードバンの素材感に似ている。もちろん、コードバン特有の深みや艶に比べれば違いはあるのだが、大きなアドバンテージとしては、その耐水性がある。

 

 

雨や水、雪にも強く気兼ねなくガシガシと履き込むことができるのが最大の特徴。気負わず適当に使用できるのはやはり頼もしい。

 

 

ご覧のとおりの光沢と艶。

 

経年変化に関しては一般的にはあまり期待できないと思われているポリッシュドレザー。しかし、しっかりとメンテナンスを施す事により、もともと携えた光沢をたもち、シワ、ヤレとの対比を楽しむこともできる。

 

経年変化についてはじっくりと履き込み、進捗も追った上で書いていきたい。

 

 

プレーントゥ

ブロードアローをモチーフにした3本線

サンダースのミリタリーダービーといえば、こちらのようにイギリス軍のブロードアローをイメージした3本ラインのステッチングが特徴。

 

しかし、今回購入したモデルはまっさらなプレーントゥ。

 

サンダースのプレーントゥブーツ

ご覧のとおり、すっきりとしたトゥ。

 

それもそのはず、こちら実はUK5 1/2サイズのレディース仕様。

 

 

UK6以上のメンズサイズではステッチあり、UK5 1/2サイズ以下のレディースサイズではステッチなしとデザインそのものが変えてある。

 

きっちりしたフィッティングかつマイサイズで探していたところレディースのサイズになってしまった訳である。

 

サンダースミリタリーブーツのサイズ

 

UK5 1/2 を購入。足入れは現状ややきついが、履き込み、馴染ませていこう。

 

 

履き口には綾織のストラップが付く。

 

履き口に綾織のストラップ

 

タイトなフィッティングでも足入れをサポートしてくれる。

 

 

 

結果的に完全なトゥにステッチの無いプレーンデザインを選ぶ事ができた為、非常に満足している。

 

 

ソール

ソールは英国はITSHIDE社製のコマンドソール。

 

コマンドソール

 

耐水性に富み、頑丈で磨耗につよいのが特徴。

 

 

長期間の使用にも耐え、仮にすり減ってしまった場合でもグッドイヤーウェルト製法の為、交換することが可能となっている。

 

クラウン

ヒール外側のクラウン。

 

ヒール外側のクラウン

 

長い歴史を感じさせるディテール。刻印がさりげなく光る。

 

控えめながらほどよい主張が特徴的。これぞサンダースのブーツ。

 

 

まとめ

以上、サンダースののミリタリーブーツ。

 

ポリッシュドレザーの艶はそのままにじっくり履き込みアジを出していきたい。

 

着こなしとしてはジーンズにチノ、ミリタリーパンツにスラックスと、幅広く組み合わせ、積極的に使っていきたい。

 

気軽に使えて高い汎用性。無骨ながらドレス感もそこなわない。

 

サンダースのブーツ。じっくり履き込んでいこう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました