sponsored link

【ジョンストンズカシミヤマフラーとストールのサイズ(大きさ)選び】Johnstons of Elginの幅はマフラーサイズにするか中判大判ストールが良いか?

マフラーやストールを選ぶ際、デザインや素材はもちろんアイテムの特性上サイズ、幅(大きさ)にこだわるべきだと考えている。

 

サイズによって印象は大きく変わり、用途そのものも変えていくだろう。

 

出典:johnstons

 

今回は英国に老舗ニットブランドジョンストンズ(Johnstons of Elgin)のカシミヤマフラーとストールについて。

 

カシミヤの特徴やメンテナスに触れながらサイズ選び(大きさ・幅)に関して確認していく事にする。

 

 

ジョンストンズ(Johnstons of Elgin)のカシミヤマフラーとストール

Johnstons of Elgin(ジョンストンズオブエルガン)について。

 

Johnstons of Elgin(ジョンストンズ)について

Johnstons of Elgin((ジョンストンズ)は、1797年スコットランドのエルガンにて創業。200年以上もの歴史を持ち、原毛に始まり紡績からニッティングまでを一貫して行う英国でも希少なメーカーである。

 

出典:johnstons

 

ジョンストンズはカシミアやメリノウール、キャメルヘアーやビキューナ等の素材を使った高級ニット製品を作り続けている老舗。

 

「最高の物のみが全て」の経営理念は現在まで受け継がれ エルガンとホーイック工場の熟練スタッフにより品質は守り続けられている。

 

歴史ある英国ブランドのかっちりした作りは実に魅力的である。

 

英国製ブランドバブアーのビデイル

【バブアーのビデイルSL購入レビュー】Barbourの定番オイルドジャケットを着る
秋冬通して使えるミドル丈のジャケットを探していた。 そんな中、常に候補にあがっていたのがバブアー(Barbour)のジャケット。 様々検討し、ようやく手にする事ができた。詳しく見ていく事にする。 バブアーのビデイルにつ...

 

英国製ブライドルレザーベルトのホワイトハウスコックス

【ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)のブライドルレザーベルト】ブランドが誇る英国製堅牢レザーベルトについて
Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)について ホワイトハウスコックスの歴史 Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)は1875年、英国はバーミンガムの北西のウォルソールにてホワイトハウス氏とサミュエルコッ...

 

英国の傘ブランドの老舗フォックスアンブレラ

【フォックスアンブレラ(FOX UMBRELLAS)長傘と種類】英国製老舗ブランド傘の特徴について
長傘。 折りたたみではない、長い形状をした傘の事。           この投稿をInstagramで見る                   ...

 

ジョンストンズ(Johnstons of Elgin)のカシミヤストール

ジョンストンズJ(ohnstons of Elgin)の代表作といえばカシミヤのストール。

女性を中心に非常に高い人気を誇る。地味になりがちな秋冬のコーディネートを伝統的なチェック柄で華やかに飾る事が可能な定番。

 

巻いたり羽織ったり、必要な時だけ取り出したりと室内外の寒暖の差が激しい場合でも使いやすい。サイズ選びによっては膝掛けなど広い用途で使う事もできる。

 

 

ジョンストンズのマフラー

続いてはマフラーについて。

 

出典:johnstons.jp

 

ジョンストンズのマフラー、ストールのタグ

ジョンストンズのマフラー、ストールは製造時期によってタグや仕様が変わるが、所有しているのは一世代前の旧タグのマフラータイプ。

 

【ジョンストンズカシミヤマフラーとストールのサイズ(大きさ)選び】Johnstons of Elginの幅はマフラーサイズにするか大判ストールが良いか?

 

高級品カシミアの質感がたまらない。

 

触れれば分かる高い質感はふわふわで滑らか、しかも軽い。毛足が長い為空気を多く含ませ暖かく使う事ができる。

 

カシミヤアイテムが人気があるの「希少だから」だけではなくこういった機能性も備えているからだと感じていた。

 

数年前に購入してから適度に手入れを行っており劣化も感じない。これは高級素材ゆえに無意識に大事に扱っているというのもあるだろう。

 

 

カシミヤマフラーとストールのメンテナンス

しかし、一方でジョンストンズに代表されるカシミヤ製品は高級かつデリケートな素材。

 

メンテナンスについても少し触れていく必要がある。

 

 

カシミヤは水に弱くシミになりやすい。天然の油分が含まれており水によってそれが抜けてしまう所にも注意。雨に濡れたら必ず拭き取る事で状態を維持していく必要がある。

 

普段は乾いた状態を確認し優しくブラッシングを行う事が大事。

 

細かくいうと、その際天然繊維のブラシを使うのが良い。何故なら合成繊維のブラシでは静電気が発生しホコリや汚れを引き起こすからである。

 

 

マフラーとストールの大きさ(幅)とサイズ選び

ではマフラーとストールの大きさ(幅)、サイズ選びについて確認していこう。

 

サイズ分けをするならば大きく分けて3種類。

 

出典:https://johnstons.jp/

 

幅30センチ前後を目安とするマフラーサイズ、幅45センチ前後を目安とするストールサイズ、そして幅70センチ以上の大判ストール。

 

いったいどの大きさ(サイズ)、幅がよいのか?3つに分けて確認していこう。

 

マフラーサイズ(幅30cm前後)

まずはコンパクトに使える長さ170センチ×幅30センチを基準にしたマフラーサイズについて。

 

 

出典:https://johnstons.jp/

長さ、幅ともに多少前後するものもあるが基本的なマフラーサイズがこちら。

 

大判やストールタイプとは違い、羽織って使うことは難しいが取り回しが効くという点でいえばこちら。折りたたんでバッグに忍ばせる事も可能。

 

マフラーサイズの魅力は防寒が必要な時にだけ取り出し使える所とボリュームを出しすぎない様に使える所だと考える。

 

重ね着に頼りがちな冬において着こなしの幅を手軽に広げてくれるのがこのマフラーサイズであろう。

 

出典:https://johnstons.jp/

 

コンパクトに巻きものとして使用し、ボリュームを求めないのであればマフラーサイズが良いと考える。

 

 

中判ストールサイズ(幅45cm前後)

そして、中間的なサイズの45センチ幅のストール。

 

出典:https://johnstons.jp/

 

用途としてはマフラーサイズと概ね変わらないものの首に巻いた際のボリューム感が違う。

 

質の良いカシミヤだけに、表面サイズが大きければそれだけ見た目も美しい。バランスが取れたサイズ感であろう。

 

出典:wear.jp

 

巻きものとして使いながらもボリュームや質感を楽しみたい方にはこのストールサイズがおすすめとなる。

 

 

大判ストールサイズ(幅70cm以上)

最後が幅70センチ以上の大判ストールサイズ。

 

出典:https://johnstons.jp

 

ジョンストンズのカシミヤの高い質感を存分に味わえる大判サイズ。首に巻くだけでなく、肩にかけたりしっかりと羽織ったり、寒い時には膝掛けにできたりもする。

 

 

出典:https://johnstons.jp/

 

難点は高価である事だが、非常に多用途で使えるためそれだけの価値はあると考える。

 

ボリュームある巻きものとしてはもちろん、羽織りなどさまざまな場面で使っていきたい方はこちらの大判サイズがよいだろう。

 

 

ジョンストンズカシミヤマフラーとストールのサイズ選びのまとめ

以上ジョンストンズの定番マフラーとストールについて。

 

サイズ選びに関してはその用途によって選択肢が変わってくると考える。

 

コンパクトに巻きものとして使用し、ボリュームを求めないのであればマフラーサイズ。

 

巻きものとして使いながらもボリュームや質感もしっかり楽しみたいのであればストールサイズ。

 

ボリュームを出しながら巻きもの、羽織り、膝掛けなど多用途で使いたいのであれば大判サイズ。

 

このように分けて選んでいくのが良いだろう。

 

例えば自分の場合はコートに軽く添わせて使用したい。ボリュームははそこまで必要としていない為マフラーサイズでセレクトした。

 

ジョンストンズのカシミヤマフラー

 

一枚で暖かいジョンストンズのカシミヤ。

 

自分にあった大きさ(幅)、サイズでセレクトし本当の上質を巻こう。

 

タイトルとURLをコピーしました