【フォックスアンブレラ(FOX UMBRELLAS)】高級傘を使う 傘は消耗品ではない

傘は消耗品なのか?

傘は消耗品。

そう考える人も多いだろう。

実際、実用性で考えるならばビニール傘で十分という考えもある。

傘はなにしろ置きっ放しで忘れものになりやすい。

失くしやすい。

おまけに壊れやすい。

良いものを使おうとした場合にここまでデメリットが見えてくるものも珍しい。

しかし、

ブランド傘をはじめとする「良い傘」を使うのにはそれ相応の意味がある。

今回は自身が使用している傘について、高級傘を使うメリットと同時に考えていく。

フォックスアンブレラ(FOX UMBRELLAS)の長傘

自分が使っている傘はこちら。

【フォックスアンブレラ(FOX UMBRELLAS)】ブランド傘を使うメリット

フォックスアンブレラの長傘。

英国製らしくステッキを彷彿とさせるルックス。細巻きから生まれるフォルムは畳んだ時こそ綺麗に映る。

正直かなり背伸びをして購入した。普段使いというよりは少しかしこまった場面でも使えるようなシックでドレッシーな傘を求めていたからである。

フォックスアンブレラとは

フォックス・アンブレラ(fox ambrella):1968年ロンドンにてトーマスフォックス氏により創業。

元はパラシュート制作をしていたがその素材世界で初めて化学繊維の傘を開発する。後にU字断面のスチールフレームを採用し機能と伝統を両立したブランドとしての地位を確立する。

長い歴史をもち英国王室御用達でもある由緒正しいブランド。

出典:foxumbrellas.com

特徴

 

存在感のある刻印。

その特徴について見ていこう。

フォックスアンブレラ(FOX AMBRELLAS)長傘の特徴
クラシックなデザイン→ 伝統のベーシックデザイン、これぞコウモリ傘

柄(え)の素材→ マラッカ(藤)やチェスナット(くるみ)、オークやメイプルなど種類も豊富で上質な素材の採用が傘の印象を格上げしている。

手作り→ 職人がすべての工程で手作りしており大量生産では得られない細かい仕上がりが見て取れる。

細巻き→ 傘はただ雨をしのぐ道具では無い。雨が降っていない(降る前やあと)時にも持ち歩くものだから畳んで持っている際に最も美しく見えるのがこの細巻きの仕様。

デザインと機能バランスのとれたメタル製8本骨。

メタルフレームの八本骨仕様

最低限の強度を保つ為の本数で開いた時の美しさはここからくる。

開いた傘も美しい

雨が自然に落ちるよう設計されたカーブ。曲線が美しい。

温かみのある木製ハンドル

ぬくもりを感じさせるダークグレインの木製ハンドル。職人の熟練した腕が感じ取れる。

傘の石突

石突(いしづき)。傘の先端部分の事。歴史あるブランドならではの上質なディテール。装飾的に価格差がでやすい部分であろう。

以上のようにクラス感をしっかりと体感できる上質な傘。

消耗品で切り捨てられるわけが無い。

高級傘(ブランド傘)を使うメリット

ではなぜビニール傘で済ませないのだろう?

それにはいくつかの理由がある。

傘は非常に目立つ→ 一番の理由はこれ。思っているよりも傘の面積は大きい。傘をさす事で目線も集中どんなに全身を上手に着こなしても傘がそこにマッチしていなければコーディネートのバランスはくずれていく。だから傘にこだわる。

雨は気分があがらない→ だからモノにこだわる。雨の日も楽しみたいから。

傘の登場回数は少ない→ その為コストをかけないというのも一理ある。しかし登場頻度が少ないのであれば消耗もしない。だから上質なものを選ぶという考え。

差別化→ 傘にまでこだわるには余裕が必要である。普段の服や靴、バッグや時計などに比べ選択肢自体が少ないし登場回数も多く無い。逆をかえせば他の人がそこまで気にしていない箇所を押さえる事ができるという事。

以上、ブランド傘(高級傘)を使うメリットはこのように存在する。

こだわりの傘を選ぼう。

傘は消耗品ではない。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!