【一生モノが欲しい】ずっと使える服の条件

服の一生モノについて

一生モノとは?

一度手にしたらずっと(一生に渡り)使えるもの。

こういったものがあるならばぜひ欲しい。そう思っている。

しかし、本当にそんな服はあるのだろうか?

以前の記事で書いたが、服という服は必ず損耗し劣化していくもの。

服は消耗品なのか?

【服は消耗品なのか?】お洒落の消耗品問題について考える
「服は消耗品」 少し冷めて聞こえるかもしれない。しかし基本的にはそのように考えている。 いや、「一生モノの服...

一生使える服があるのならばぜひ使っていきたい。

一生モノの条件

一生モノの服とはどんなものを指すのだろう?

答えはいくつかに分かれる。

1. 経年変化しながら長期的に使える→長期的に使用した物がただ劣化していくのではなく風合いを出して魅力的に見える事がある。

わかりやすいものとしてはデニムの色落ちや革製品のエイジング。

ジーンズの色落ちについて

【ジーンズの良い色落ちとは?】550時間目 アーペーセープチスタンダードデニム( a.p.c petitstanderd denim)
a.p.c ジーンズの色落ち アーペーセーのジーンズは色落ちが良い。 これは今までに多くの記事や情報、ブログの穿きこ...

ワイルドスワンズの革財布について

【ワイルドスワンズのパーム購入レビュー】サドルプルアップの小さい財布
財布が欲しい。 カジュアルすぎず綺麗すぎず、サイズは大きすぎず小さすぎず。エイジングだって楽しみたい。 そんな財...

2. リピートできる定番品→定番のアイテムであれば使い続け劣化したとしても同じものを購入し再び使う事ができる。

物理的に一生使えるというわけでは無いが劣化したり壊れたりしても繰り返し手に入り愛用できるものもある。

例えばコンバースのオールスター。多少の仕様変更があったとしても定番的に手に入り、使う事ができる。

皆さまのまわりにもひょっとしたらいるのではないだろうか?

コンバースオールスターしか履かない人。

流行や時勢にあわせシルエットを変えながらも定番たるリーバイス501も「リピートできる定番」にあたるだろう。

【服は消耗品なのか?】お洒落の消耗品問題について考える
「服は消耗品」 少し冷めて聞こえるかもしれない。しかし基本的にはそのように考えている。 いや、「一生モノの服...

 

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!