sponsored link

【UNIQLOとUniqlo U スーピマコットンTの比較】購入レビューとそれぞれの違いについて

UNIQLOとUniqlo UのスーピマコットンTの違い

ユニクロユー。2018年春夏モデルでも、Tシャツがラインナップされている。

 

【UNIQLOとUniqlo Uの違い】スーピマコットンTシャツ購入レビューと比較

 

思うに、Tシャツというアイテムはシンプルでありながら、とにかく奥が深い。

 

微差が大きな差を生み、見え方は変わっていく。

 

自分の場合、前記事で書いたようにUNIQLO通常ラインのスーピマコットンTシャツを愛用している。

 

【スーピマTの特徴】ユニクロ(UNIQLO)のスーピマコットンクルーネックTシャツについて
スーピマコットンクルーネックTシャツ。 皆さんご存知UNIQLO(ユニクロ)のTシャツで、毎年マイナーチェンジをされながらも繰り返し売られている大定番。 このスーピマコットンクルーネックTシャツ(スーピマT)今回、改めて...

 

手に入りやすく、価格に対して品質も良い。体型にも合う。

 

以上の理由からリピートしながら着用中。

 

 

同じブランドのTシャツなのに毎年違う

しかし、同じTシャツをリピートして使うのにあたり、注意すべき点がある。

 

コットン100パーセントの素材

 

それは、いつも(毎年)同じ仕様ではないという事。

 

同じモデル名でも、購入した年や製造時期により微妙に幅や丈、リブの仕様やかたち縫製も異なる。色みが大幅に違う事すらもある。

 

同じつくりのものが欲しいのに買えない状況。

※もちろん定番品の中には仕様をほとんど変える事なく売られているものもあるが

 

時勢が変わりゆくように、服もマイナーチェンジを繰り返している。

 

 

個体差

しかし、仮に全く同じ製品だったとしても、「個体差」がある為、完全に同じものをリピートする事はもともと難しい。

 

実際、自分が着ている通常ラインのスーピマコットンTシャツでも個体差はある。

 

購入直後で1センチ。洗いや乾燥を進めていくと2センチ程度の差がついている事も。

 

まあ、完璧なものもつまらない。縮んで伸びてよじれながらも自分色に馴染んでくる所も楽しもう。

 

同様に、時期による違いやインラインとコラボの違いも楽しみながら選んでいくのも良い。

 

Uniqlo UのスーピマTの特徴

では、購入したUniqlo UのスーピマコットンTシャツの特徴や通常ラインとの違いについて。

確認していこう。

 

 

大きな特徴はふたつ。

 

細いリブ

1センチ強のかなり細いタイプ。ドレッシーに寄せる事が出来、もともとラフなアイテムのTシャツをキレイに見せる事ができる。

 

Tシャツの細いリブは1センチ強

 

光沢

通常ラインのスーピマコットンTも艶があり特徴的だったのだがそれ以上。本当にツヤツヤ。細リブと同様キレイな印象にシフトできる。

 

ツヤのあるUNIQLO UのスーピマコットンTシャツ

 

以上のようにTシャツながら非常に上品な印象に仕上がっている。

 

 

標準ラインとの違いについて

ではUNIQLOとUniqlo Uはどのように違うのだろう。

 

出典:uniqlo

 

出典:uniqlo

 

上がUniqlo U。下が通常ラインのUNIQLO。

 

価格

まずは金額。500円ほどUniqlo Uの方が高い。しかしそれでも十分に安価。もはや好みで選んでしまって良いだろう。

 

リブ

標準ラインが2センチ強。Uniqlo Uが1センチ強。とUNIQLOの方も標準的なTシャツから比べると細い。Uがかなり細いと認識していただけるとわかりやすい。

 

着丈

 同じMサイズでUniqlo Uの方が1センチ長い。以前の記事でも書いたが標準ラインでも着丈はきもち長め。Uniqlo Uが着丈が長いと判断できる。

 

着丈も違う

 

質感

 素材は両方綿100パーセント。良い悪いではなくUniqlo UのスーピマコットンTの方が艶がつよい。光沢がありドレッシーに振って使う事ができる。

 

Uniqlo Uは真っ白。ピュアホワイトに近い。対するUNIQLOはオフホワイト。生成りのように黄みがかっている感じ。この辺は好みになるだろう。個人的にはUの方が色は好み。ピュアホワイトの方が上品に映る。

 

着画。

Uniqlo Uはこちら

 

 

UNIQLOとUNIQLO UのTシャツ比較

標準ラインはこちら

 

どう見えるだろうか?

 

着用しての大きな違いは襟の開き。もちろん両方クルーネックにはなるのだがUniqlo Uの方がネックの開きが大きい。

 

特に横に広がっており首が詰まったタイプのTシャツが苦手な方であれば好みのつくりになるだろう。

 

襟の開きが大きいタイプのTシャツ

 

全体的な身幅もUniqlo Uの方がゆったりとしている。

 

丸胴ではないタイプ

丸胴ではなく通常どおり縫い目が入る。

 

 

それぞれの良い所とわるい所

以上のように同じスーピマコットンTシャツという名で出してはいるが違いは多分に存在する。

 

UNIQLOの良い所:自然な素材感。バランスがよく価格も安い。

わるい所:薄手のため冬場のインナーには適さない。装飾度合いは低い為一枚で着づらい。

 

Uniqlo Uの良い所:艶と光沢。全体的に上品に使える。

わるい所:ネックの開きが大きいため似合う人が限られる。光沢とリブの細さにより肌着感に注意。

 

 

違いを知って選ぶ。同じTシャツは存在しない。

 

UNIQLOのフルジップスウェットパーカについてはこちら

【UNIQLOフルジップアップパーカ】ユニクロのパーカだけでお洒落に見えるのか?
ジップアップパーカとは パーカ(parka):首の根元に帽子(フード)が付いている上着。もともと普及していたクルーネックのスウェットシャツの応用として広まっていったのがはじまり。 ジップアップパーカはそんなパーカのボディにジップ...

 

Uniqlo Uのスウェットシャツについてはこちら

【Uniqlo U(ユニクロユー) スウェットシャツ】普通に見えてクセがある良デザインについて
Uniqlo U について Uniqlo U(ユニクロユー)とは? UNIQLO(ユニクロ)の様々ああるラインのなか、デザイナーであるクリストフ・ルメールのチームによるコレクション。これがUniqlo U(ユニクロユー)。 「...

 

本当は初心者向きではないUNIQLO服について

【UNIQLOだけでお洒落に見えるのか?】本当は初心者向けでないユニクロについて
UNIQLO(ユニクロ)。皆さまご存知じ、日本のカジュアルウェアを代表するブランド。 UNIQLO(ユニクロ)について 1949年柳井正氏が山口県宇部市にて創業。90年代前半から急成長を遂げ今となっては日本のみならず世界的なブランドとな...

 

 

タイトルとURLをコピーしました