【なぜ服が似合わない】お洒落な服を着ても似合わない理由を本気で考える

「服が似合わない」

お洒落をして格好良くありたいと思っている人にとってこれは非常に由々しき問題である。

服が似合わない

しかし、これは珍しい事でもなくよくある事。

残念ながら以前の自分はそう感じる事が多かった。(今でもあるがおかげさまで少なくなっている)

どんな服も似合う人

逆にどんな服もそつなく着こなし、似合う服選びを自然に心得ている人もいる。

「センスが良い」というやつなのだろう。ファッションフィジカルが強い人。

そういう人は着こなしのバランス感覚が備わっているのでどんなものでも上手に組み合わせてしまう。

だから着ている服が似合う。

しかし、すべての人が感覚的にお洒落をし、似合う状態をつくれる訳ではない。

お洒落は曖昧。

ひとつひとつどう見える?何に合う?と噛み砕かないと理解できない。

ファッションがわからない人へ

【ファッションがわからない人へ】おしゃれ初心者が最初にすべき事
ファッションがわからない それはそうだろう。教科書があるわけではない。 誰かが教えてくれるわけでもない。 ...

似合わない理由

服が似合わないという状況。一体何が起きているのだろう?

こういったお洒落の話はじつに曖昧で「雰囲気どう」とか「ニュアンス」で語られる事も多くわかりづらい。

曖昧さを回避しつつ、できるだけ具体的にみていこう。

服が似合わないを分解する

一目でわかりやすい状況もあれば、非常に細かい理由で「似合わない」がつくられる事もある。

↑ わかりづらいかもしれないが一般的には違和感がある組み合わせ。

似合わないとは「何」が似合わないのだろうか?

  • デザインが合わない
  • サイズが合わない
  • 色が合わない
  • 柄が合わない
  • 顔に合わない
  • 体型に合わない
  • 服の組み合わせが合わない

以上の分類。

これらひとつひとつを分析していけば似合わないを無くせるはず。

しかし分解していくほどに項目が多い。お洒落はとにかく複雑で不確定要素に溢れている。

「似合わない」の種類

さまざまな似合わないの種類について、具体的に見ていこう。

サイズが合わない

サイジングが甘い。

別記事でも書いたがサイジングの精度が最も大事でここを欠いている場合大抵「似合わない」になりやすい。

【サイジングとシルエット】サイジングがキマればお洒落(おしゃれ)は完成する
おしゃれとサイジング よくファッションの記事やサイトで「サイズ選びが大事」などと目にすることがある。 アイテムを選ぶ...

色が合わない

色は他人が見て判断しやすい部分。

よくモノトーン+1色や3色コーデというものあるが、これを守る事で「一定のバランス」は保たれる。

基本を押さえたうえでのプラスアルファは有効だろう。

カラーコーディネートについて

【カラーコーディネート】おしゃれに見える色使いとは?
カラーコーディネートの重要性 色の着こなし、使い方はサイジングに並び非常に重要な項目。 サイジングについての考察...

尚、人は肌や髪、目などにそれぞれに特徴や個性があり似合う色が違う。

なんとなくではなく理論的に判断できる(パーソナルカラー)。それぞれに似合う色を調べ向き合う事も似合わないをなくすひとつの手段。

パーソナルカラー(似合う色)について

【パーソナルカラーと自己診断(セルフチェック)】男性にも知って欲しい似合う色
お洒落(おしゃれ)における色の話。 お洒落を効果的に表現していくには色(カラー)の要素は絶対に外せない。 そ...

柄が合わない

柄を使いすぎたり2点以上の柄物を重ねる着こなし難易度が高い。

顔に近い部分に置く柄物は特に注意。柄のデザインに自分が負けやすい。インナーのチラ見せや靴下の柄物が取り入れやすいのはその為。

柄物の定番ボーダーの着こなし

【ボーダーの着こなし】縞(しま)柄カットソーのコーディネートについて
ボーダーのカットソー ボーダー:縁を意味する。上着であればラインや帯状に縁を強調した柄のことを指す。 そんなボー...

顔に合わない

顔の雰囲気に似合っていないというのはイケメンであるとは別の話。顔の形や年齢、髪型や性別など顔には印象を左右する要素がとにかく多い為その特徴に合っているかいないかの話である。

髪型も似合う似合わないを大きく左右する

【おしゃれはヘアスタイルから】髪型がキマらないとお洒落もキマらない
シンプルなお洒落とヘアスタイル シンプルなお洒落(おしゃれ)がしたい。そう考えている。 シンプルなお洒落とは? ...

例えが極端かもしれないが小学生がクラシックなスーツを着ている感じ。当然似合わない。これがだんだんと大人っぽい顔になっていくとしてどの時点(年や歳月)で似合うか。

10代半ばで似合ってくるかもしれないし20代になりやっと似合ってくるかも知れない。このように人により違うため不確定。

だから「無地を着よう」というファッション理論が多くなってしまうわけだ。

体型に合わない

人は細身であったりがっちり体型であったり骨格も違う。同じ服を着たとしても同じように見えるわけがない。だからそのまま着ると「似合わない」のだ。

体に沿わせた方が良いのかごまかした方が良いのか判断しながら服を選ぶ必要がある。丈はどのくらい短くても良いのか、はたまた今より少しだけ長い方が良いのか。これまた細かい要素が多い。

なで肩といかり肩でも似合い方は違う

【いかり肩となで肩に似合う服】肩とお洒落(おしゃれ)の関係性
ファッションにおける肩と服の関係について見ていきたい。 ここでいう肩とは「いかり肩となで肩」の事で以前の自分はこれ...

組み合わせが合わない

服どうしのデザインや雰囲気が合う合わないの話。ここでようやく着こなしの問題となる。着こなしの話であるのだから今後記事にしていく。

モデルが着ている服を着ても似合わない理由

【どこが違う?】 モデルが着ている服と同じに見えない理由
ファッションは曖昧である。 いや、本当は違うのだろう。ファッションの見え方にはしっかりと理由がある。しかし、数値化...

似合わないをなくす為には

このように「服が似合わない」という問題は複雑で状況も多岐にわたる。

前述した基本のサイジングやカラーを押さえた上で自身を見つめパーソナライズする事で似合わないを避ける。

あとは好きなものを着るだけだ。

自らが目指すお洒落に近づいていきたい。

似合わないはもうやめよう。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!