【カラーコーディネート】おしゃれに見える色使いとは?

カラーコーディネートの重要性

色の着こなし、使い方はサイジングに並び非常に重要な項目。

サイジングについての考察はこちら

【サイジングとシルエット】サイジングがキマればお洒落(おしゃれ)は完成する
おしゃれとサイジング よくファッションの記事やサイトで「サイズ選びが大事」などと目にすることがある。 アイテムを選ぶ...

色の着こなしにもセオリーはあるはず。ここから押さえていく。

もちろん複雑に色を取り入れ、一般的には「派手」といわれるようなおしゃれを楽しんでいるファッション上級者もいるだろう。

柄物の分量や柄の色のバランスを取りながらパンツや靴で拾う。サイジングで見せるなど非常に格好良い。

しかし実際のそれは簡単でない。

そうではなく、もっとシンプルかつお洒落に進んで行きたいわけである。

「あの人はおしゃれ」「あの人は格好良いと表現される場合まず間違いなく色合わせもキマっている。

シンプルなカラーコーディネートには何が必要なのだろう?

考察を進めていく。

お洒落にみえる色使いとは?

格好良くお洒落に見える色合わせとはどういうものだろう?

シンプルな色合わせであればいくつかある。

1. モノトーン

2. 3色コーディネート

3. 同じ色相・トーンを使う

モノトーンに関してはわかりやい。黒白グレーだけを使うという事。

非常にシンプルで間違いようがない。ただモノトーンしか使わないという事は「色で見せる」事ができない。

だからよりシルエットであったりアイテムの選択に依存するという事になる。

黒の着こなしについてはこちら

【本当は皆んな黒色が似合わない?】苦手な黒を着こなす方法
黒。ブラック。 あなたは黒色がお好きだろうか? 個人的な考えではあるが黒色を嫌いだという人は少ないのでは...

色を無視して他で見せると言う事。

3色コーディネートについて

よく言われている色の合わせ方に「3色コーディネート」という考え方がある。全身のコーディネートを3色までに抑える着こなし。

正直、この3色コーデを紹介している記事やサイト、まとめは数多くある。

しかし当ブログでも取り上げるのは簡単かつ基本だから

3色までに抑えることで全体のバランスを取りその他の主役服やクセを上手に見せる事ができる。

出典:pinterest

例えばモノトーンで1色。青で1色。緑で1色。これで3色のコーディネート。

仮にもう1色足したとすると色が散らかる。それでもまとめ上手な方もいるのだがそこは削ぎ落とした着こなしでいきたいと考えている。

要素(色数)が増えるほど難易度は上がるから。

同じ色相・トーンを使う

色相とワンカラーコーデ

色相(しきそう、: hue[1])は、といったの様相の相違である。特定の波長が際立っていることによる変化であり、際立った波長の範囲によって、定性的に記述できる。

出典:wikipedia

言葉にするとなにやらとても難しい。赤・青・黄・緑など色の区別の事。赤紫も色相だし黄緑も色相のひとつ。

実際に使うとなればシンプルな解釈でかまわない。同じ色相のものを使えばコーディネートがまとまりやすいという話になる。

例えば、ひとつの色相だけを使った着こなしがワンカラーコーディネート。

下記は青のワンカラーコーデ。

出典:pinterest

このワンカラーコーデだがワントーンコーデとして紹介される事がある。しかし、厳密にいえばこれは「ワントーン」ではない。

トーンとカラー(色相)は全く違うものだから。

色のトーンとワントーンコーデ

トーン:赤でも青でも同じくらいの明度・彩度をもつものを同じトーンという。

本当はこれら同トーンのものだけを組み合わせるのがワントーンコーデ。

ワントーンコーデならばこのように。

出典:wear

青や茶を同時に使っても良いので同じ明るさや鮮やかさのものを使うと統一感が生まれる。

このようにワンカラーもしくはワントーンで組み合わせすればまとめやすい。

要素を絞る事でリスクを減らしすっきり見せている。

以上のような色づかいでお洒落に見せていく。

他にも似合う色(パーソナルカラー)についても参考になるだろう。

パーソナルカラー(似合う色)についての考察

【パーソナルカラーと自己診断(セルフチェック)】男性にも知って欲しい似合う色
お洒落(おしゃれ)における色の話。 お洒落を効果的に表現していくには色(カラー)の要素は絶対に外せない。 そ...

色に関しては本当に奥が深い。突き詰めるとキリがなくなるぐらい。

しかし、前述した「モノトーン」「3色コーディネート」「同じ色相・トーン」

を使った着こなしを行えばまとまりのあるお洒落はつくりやすい。

アレンジはいくらでもできるのだ。

色の引き算を。コーディネートは洗練されていく。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!