【ヘインズビーフィー(Hanes BEEFY-T)の特徴と着こなし】肉厚ボックスシルエットの定番Tシャツについて

ヘインズ(Hanes)のTシャツ。

【ヘインズビーフィーT(Hanes Beefy-T)の特徴】肉厚ボックスシルエットを活かした着こなし

誰もが一度は触れた事があるであろうベーシックアイテム。

今回は数あるヘインズのTシャツの中でもヘビーウェイトの定番 BEEFY-Tについて見ていこう。

ヘビーウェイトの定番ビーフィーTの牛のデザイン

BEEFY(牛)の名の通りイカツイロゴのパックデザイン。

力強さを象徴する牛のロゴが施されている。

ヘインズの赤パックTについてはこちら

【Hanes(ヘインズ)赤ラベル】綿100%パックTの特徴と縮みについて
ヘインズの赤ラベル。 パックに入った白無地のTシャツといえば、これを思い浮かべる方も多いだろう。 それほどに有名、そ...

タフさに定評あるモデル。じっくりと見ていこう。

ヘインズビーフィーの特徴

このビーフィーT、いくつかの特徴がある。

ヘインズBEEFY-T(ビーフィーT )の特徴
ボックスシルエット→ 着丈は短く身幅がありスタンダードなボックスシルエット

太いリブ→ スポーティな太リブ仕様

肉厚→ 6.1オンスのがっしり肉厚の生地

分かりやすいポイントとしては以上の3点。

具体的に確認していく事にする。

ボックスシルエット

短丈、幅広のプレーンなボックスシルエット。

BEEFY-Tのボックスシルエット

ストンと落ちるフォルムはアメリカンで骨太。

丸胴(みごろ脇に縫い目が無いつくり)を採用し、負荷がかからず気心地も快適。

出典:hanesbrandsinc.jp

リラックス感のあるシルエットは一枚で着るのに適しており、存在感も十分。

タグレスでチクチクしない

ヘインズのパックTにおいては全て共通のタグレス仕様。おかげでチクチクとすることも無くすっきりと着ることができる。

このビーフィーT、サイズを細かくみていくと分かるのだがただのボックスシルエットではない。

下記はメーカー表記と洗濯前実寸。

サイズ表記と洗濯前実寸(Mサイズ)
着丈:表記68・実寸67

身幅(脇下):表記51・実寸49

袖丈:表記21・実寸20

肩幅:表記47・実寸45

1センチ程度誤差はあるが許容範囲だろう。

肩幅に比べ身幅は適度に絞られておりただのゆったりシルエットでは収まらない。

縮みきったサイズについては追って記事にしていくがベースのシルエットがしっかりとしており多少のヘタリは気にせず着用できそうだ。

太リブ

Tシャツの顔ともいえるリブ。ここが印象を大きく左右する。

ヘインズビーフィーは太リブ仕様

ビーフィーのリブは2.5センチ。

ビーフィーTのリブの太さ

縫い目、ステッチ部も加えると3センチとなり一般的なTシャツと比較すると明らかに太い。着込んでもヘタリなく長期的に着用できるのはこのリブのおかげでもある。

デザインとして考えた場合、スポーティでラフな印象を与える為好みは分かれる所だろう。

実際同じヘインズでもジャパンフィットや赤パックをはじめとする3-packシリーズであればさらに細いリブを採用している。

※ヘインズ赤ラベルのリブは約2センチ

このビーフィーTなら太リブがもたらす力強い印象で実にざっくりと羽織る事ができる。

一枚でもサマになるのにはこのリブがあるから。

肉厚生地

肉厚の6.1オンス。

オンス(oz)とは一平方ヤードあたりの質量でデニムなどでもよく使われる単位。

わかりやすく捉えるのであればオンスが高ければ厚い(重い)ということで良いだろう。

6.1オンスの肉厚生地

一般的なTシャツであれば3〜4オンス程度のものが多く、ビーフィーはTシャツとしては非常にがっしりした部類である。

他に高オンスの無地TであればGOODWEAR グッドウェアキャンバー CAMBER レッドキャップ(RED KAP)(ユナイテッドアスレ)UnitedAthleあたりも代表的。

一枚で着こなしやすい肉厚系Tシャツ。

 
 
 
 
 
 

ビーフィーTの着こなし

ではこのBEEFY-T、着こなしとしてはどんなものがあるだろう?

一枚で着る

「一枚で着る」

もっともビーフィーの特性を活かせるのがこの着こなし。

なぜなら上記であげたボックスシルエット、太リブ、肉厚生地こそが一枚で着る場合に使いやすい要素が複数あるからである。

出典:wear.jp

そして、通常Tシャツを一枚で着こなす場合「下着感」の有る無しもポイントとなるがビーフィーはその心配がない。

厚手の生地が下着感を感じさせずアウターとして自然に使う事ができる。

ゆったり身幅、短丈、丸胴といった所も一枚で着やすい要素。

ビーフィーの袖幅は広い

18センチと広い袖幅はビーフィーのわかりやすい特徴。

BEEFYのショート丈

短い着丈はアウター使いのしやすさに繋がっている。

やはりスペック的にも一枚で着こなしやすいBEEFY-T。

Tシャツを一枚で着るのは着こなしの基本。

デニムにTシャツ

【白Tシャツにデニム】無地Tシャツ一枚とジーンズでつくる着こなしについて
白色Tシャツとジーンズ(デニム)。 それは、究極のシンプルコーディネートであると考える。 白Tシ...

インナーとして使うビーフィー

もちろんインナーとして使うことも可能だが少し注意が必要。

● ゆとりがあるシルエット

● 短丈

この二点があるから。

組み合わせる為にはアウターにもゆとりあるもの、短丈を選ぶ。

そして裾からTシャツを見せないコーディネートを組む。

これによって違和感なく組み合わせることができる。

まとめ

以上ヘインズが誇る無地Tの定番ビーフィーの特徴と着こなしについて。

ヘビーウェイトが持つ特性がありながらファッションとして十分に通用するバランスの取れたシルエットが素晴らしい。

だから変わらない定番、安定した支持、安心して手に取る事ができる。

ビーフィーはこれからも愛用できる。

サマになる肉厚ボックスシルエットの定番を着よう。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!