【男性へのプレゼント】あげて喜ばれる贈り物の条件とは?

記念日に。

感謝を伝える為。

心躍らせるイベントで。

このような特定のタイミングに贈り物をする習慣がある。

今回はそんな贈り物(プレゼント)の話。中でも男性へのプレゼントにフォーカスし考察を進めていく。

男性へのプレゼント

贈り物をする日

プレゼントはどんな日に贈るものだろう?

誕生日クリスマス。お世話になった方の送別や記念日。男性への贈り物と考えればバレンタインデーなどもその日にあたる。

男性へのプレゼントは何を贈る

その他、贈り物(プレゼント)をする機会は何気に多い。

何を贈れば喜ばれるのか?

このように機会の多い贈り物をする場面。そこに付随する悩みがある。

「何を贈れば良い?」

「相手は何をもらったら嬉しい?」

これである。

本来の模範解答は「気持ちがこもっていれば嬉しい」なのだろう。

実際自分の事を想い選んでくれたものであれば何でも嬉しい。

普段は買わないようなものでもわざわ選んでくれたとすれば大切に使おうと思うだろうし、心がこもっていれば本来十分なのである。

しかし、贈り物(プレゼント)を渡す側としてはそうも言っていられない。

何故なら、

少しでも喜んでもらいたい。

実際に使ってくれるものをあげたい。

こういった想いがあるからである。だから悩ましいプレゼント選び。

次は男性に対して贈る事を前提に見ていこう。

男性である自分が「男性に贈るもの」について書くのは気が引ける所だが、少しでも参考になればと思い書き進めている。

掘り下げて見ていこう。

男女の贈り物(プレゼント)に対する考え方の違い

男性へ渡す贈り物(プレゼント)について。

これは女性から渡す場合だけでなく、同性から日頃の感謝を込め贈る場合も含まれる。

男性にはどういったものが喜ばれるのだろうか?

男女間では脳のつくりが違う。だから贈り物に対しての考えや感じ方も違うというのはよくいわれている事。

男性と女性の贈り物に対する感じ方の違い

男性→ 機能性が大事。実用的で使えるものか。

女性→ ストーリーが大事。自分の為に下調べをしたり選んだりに時間や労力をさいてくれているか。

上記は端的にまとめたもの。

もちろん全ての人に当てはまると言えず逆の場合もあるが、傾向として男性は「機能的で使えるもの」を好む事がわかる。

男性への贈り物(プレゼント)

男性に喜ばれる贈り物の条件とは?

男性が喜ぶプレゼント

もちろん年代や好みによって幅がある事は承知の上。

それでもフラットかつシンプルに貰って嬉しい贈り物の条件について考えていこう。

趣味に則したもの

普段の好みや趣向を観察できていれば間違いないセレクトになるだろう。

そもそも贈る相手の趣味や好みがわかれば悩んでいないというツッコミが入ってきそうだがクラシックなアイテムが好きな人に派手な流行アイテムを贈っても扱いに困るとかそういう当たり前の話。

やはりリサーチはできる限りしたい所。大まかでも良いからスポーティなのかトラッドなのか。国産好きなのかUSAなのかUKなのか。

メイドインUSAのリーバイス501

【リーバイス501  90年代 メイドインUSAの色落ち】淡いブルーデニムを目指す
リーバイス(Levi's)の501。 言わずと知れたデニムの基本であり、ジーンズの教科書そのものと言っても良いだろう。...

英国製のホワイトハウスコックスブライドルレザーベルト

【ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)のブライドルレザーベルト】ブランドが誇る英国製堅牢レザーベルトについて
Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)について ホワイトハウスコックスの歴史 Whitehouse ...

好みの収集は些細な面からでもできるはず。

自分では買わないもの

案外大事な部分かと思っている。

自分では買わないものなのにすごくツボなもの。これをセレクトできるとすれば非常に喜ばれるだろう。

自分では買わないもの。つまりあれば欲しいのだが自分で買うには少し冒険になる様なもの。小物が贈り物として選ばれやすいのはこの理由もあるのではないだろうか。

サイズの概念がないもの

 贈る相手のサイズがわかっていれば問題ないのだろう。

しかしそこまで把握できているのであれば贈るものにも悩まないだろうし難しい所。

仮にサイズがわかっていたとしてその選んだ服のMサイズが相手にとってジャストなサイズ感なのかはわからない(Lの方があっているかもしれない)。

サイズがないものを選べばその問題は解決する。

プレゼントにマフラーが選ばれやすいのはサイズを考えなくとも良いから。

無地のもの

定番的でベーシックな無地のものは「使いやすさ」という大きな利がある。

オールブラックのG-SHOCK

【オールブラックのGショック】DW-D5600P-1FJについて
Gショックの選び方 Gショックには様々なモデルがある。 ここまで数があると選ぶのも一苦労。ある程度条件を絞り決めてい...

自分が所有していない定番の無地アイテムがあったとすれば、普段使いしやすいのは間違いない。

季節感のあるもの

贈り物に季節感は大事。

冬にTシャツを贈れば使うのは春を飛び越して夏になってしまう。

逆に夏の暑い時期にマフラーを贈れば使うのは当分先。貰った直後の着用イメージもつきづらいだろう。

あえて季節外れのものを選ぶのもアリではあるが、必要性や相手の趣味を熟知したうえでの事になるだろう。

クリスマスプレゼントに暖かいマフラーやニット製品を貰うのはやはり嬉しい。季節感も考慮にいれていきたい。

ジョンストンズのマフラーについて

【ジョンストンズのカシミヤマフラー】英国老舗ブランドJohnstonsとストールについて
マフラーやストールを選ぶ際、デザインはもちろんアイテムの特性上「品質」にも注力して見ていきたい。 なぜならマフラー...

まとめ

以上男性への贈り物(プレゼント)について。

まとめると

実用的定番・フリーサイズ・季節のもの・自分では買わないもの

このあたりは喜ばれやすい条件。

ニットキャップやマフラー、手袋が冬のプレゼントの定番になりやすいのは以上の条件からもよくわかる。

ハイランド2000のニットキャップ

【ハイランド2000のニット帽と種類】ウールキャップの定番を選ぶ
ニット帽(ニットキャップ)は暖かく冬を過ごし、カジュアルな装いを表現できる定番アイテム。 春夏や秋であれば他のキャ...

ネクタイやハンカチが選ばれやすいのも納得。

考えるに、男性は無難なものを選んでも喜ぶ傾向にある。女性ほどストーリーに厳しくはない為あらかじめ欲しいものを聞いたりしても受け入れやすい。

しかし、せっかくあげるなら無難ではなく驚きと感動(サプライズ)を与えたいのもよくわかる。 

だからこそ実用的なモノに加え必要なのは贈り手からのストーリー。素敵な贈り物を。

贈った人も贈られた人も感動は大きなものになる。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!