sponsored link

【福袋を買うべきか買わないべきか】福袋とは?購入するメリットと買った方が良い人買わない方が良い人

年の初め、初売りの目玉として並べられる福袋。

 

福袋といえば、中身は開けるまで分からないものが多い。しかし、最近は中身を一部公開した上で選べる様にしたり、決まったものが入っているもの等、多様に展開されている。

 

一見して非常にお得に見える福袋。

 

今回はそんな福袋について。本当にお得で買うべきなのか?どういう人に向いているのか?確認していく事にしよう。

 

 

福袋とは?購入するメリットについて

そもそも福袋とはどんなものを指していうのだろう?

 

福袋とは?

福袋とは、正月(年始)に行われる初売りで販売される様々な物を詰めた袋の事。

 

【福袋を買うべきか買わないべきか】福袋とは?購入するメリットと買った方が良い人買わない方が良い人

 

中身が伏せられた状態で販売されるのが一般的で、実際の金額以上のものが入れられることも多く、幸運(幸福)を引き当てるという意味から「福袋」と呼ばれている。

 

福袋を買うメリット

では、この福袋を買うという事にはどんなメリットがあるだろう?

いくつかの項目に分けて考える。

 

縁起が良い(福を呼ぶ)

まずは何よりも縁起が良いという事。

 

福袋はその年初めての買い物に該当する。

 

そこで幸運(福袋によるお得)を引き当てるのが福。その為福袋と呼ばれている。

 

 

出典:jp.puma.com

 

「始め良ければ終わりよし」のことわざがあるが、買い物も最初が肝心という事だろう。

 

福(幸福)を買って気分をあげる効果がある。

 

 

金額的にお得

そして見逃せないのがそのコスト。

実際に単品購入するよりも非常に割安で商品を手にいれる事ができる。

 

例えば3万円分の服が1万円の福袋に入っている事もあり、お手頃価格で商品を手にすることが可能。

 

通常購入ではありえない金額で入手できる為明らかにお得となっている。

 

選ぶ手間なくまとめて入手できる

そして、特定のブランドの福袋を選んだ場合、当然同じブランドの服が複数入っている。

※セレクトショップなどお店によっては多種混ぜてある場合もある

 

ファッションの福袋であれば、トップスやボトムスだけでなく小物やシューズまで入れてある事もあり、そのままコーディネートができるものまで存在している。

 

種類にもよるが提供側が必要なものを代わりに選んでいると言う事。

 

自分で選ぶ手間がなくまとめてそのブランドを楽しむ事が可能。

 

中身がわからない高揚感

そして福袋を購入するメリットの最後の項目は高揚感。

 

開けるまで何が入っているか分からない事によるものであり、これこそ福袋の醍醐味だと考える。

 

最近は中身がわかったり、割増商品券、クーポンをメインに打ち出した福袋も多い為いちがいに言えないが、もともと福袋は中身が見えないものをワクワク期待しながら購入していたもの。

 

だからその高揚感は他にはかえられない。

 

期待を込めて夢を買うといった所だろう。

 

以上が福袋を購入するメリットである。

 

縁起が良く金額的にお得な部分、自分が選んだお店やブランドのものをまとめて手にいれる事ができる所に加え、その高揚感は福袋ならでは。

 

 

福袋を買った方が良い人と買わない方が良い人

では、全ての人が福袋を購入した方が良いかというと、これには少し疑問が残る。

 

どうしても有効に使う事ができない場合も多いからである。

 

どういった人が福袋を買うべきでどんな人が買わない方がよいのか?

 

福袋を買った方が良い人

まずは福袋を買った方が良い人について。

 

次に当てはまる方は買った方が有益に使える為「良い」と考える。

 

高揚感を楽しみたい

まずは高揚感を楽しみたい方。

 

ワクワク、ドキドキの高揚感を買う。福袋といえばこれにつきると言っても良い。

 

何が入っているか分からないゆえの刺激は他に代えられないし、自分好みのものが入っている事を期待しての購入。

 

これが楽しめる方は福袋購入に向いている。

 

好みのお店やブランドが決まっている

続いては、特定のお店やブランドが好きでそこの福袋を買おうとしている方。

 

そのお店やブランドの服ならばどんなものでも使ってみたいと考えているならばその福袋はとても有用なものになる。

 

例えば、自分がいつも使用している定番ブランドの福袋であれば手に取りやすく中身にも期待できるだろう。

 

自分であれば英国ブランドの取り扱いが多いセレクトショップのもの

【バブアー(barbour)とは?】ビデイルSLスリムワックスジャケットとサイズ感について
秋冬通して使えるショートミドル丈のジャケットを探していた。 そんな中、常に候補にあがっていたのがバブアー(Barbour)のワックスジャケット、ビデイル。 今回はそんなバブアーの歴史とワックスジャケットについて。購入にいたっ...
【ハイランド2000のニット帽(ニットキャップ)と種類】HIGHLAND2000ウールキャップの定番を選ぶ
ニット帽(ニットキャップ)は暖かく冬を過ごし、カジュアルな装いを表現できる定番アイテム。 春夏や秋であれば他のキャップを使用している人も多いだろう。カジュアルスタイルならばベースボールキャップやワークキャップ、キレイな要素が必要であれ...

 

お得に安く手に入れたい

金額的にいえば非常にお得な福袋。中身が自由に選べない事を除けば破格のものも多い。

 

お安く数を揃えたい場合に適している。

 

高価なアウターも福袋ならお安く手に入るかもしれない

【アウターにお金をかけるべきか?】選び方と高価な(金額の高い)アウターを選ぶ意味について
服選びにおいてアウター決めは非常に重要なものである。 しかし同時に、アウターは服のなかでも高価格帯アイテムとなる。だから慎重にえらんでいく必要があるだろう。 今回はそんなアウター選びの際、お金をかけるべきか否かについて。 ...

 

好みでなくとも使える

福袋の中身は選べない。となればどうしても好みではないものが含まれる事も多々あるだろう。

 

そんな場合でもこだわらずに使えたり、使用方法を見いだせる人は福袋購入に向いている。

 

例えば服の福袋であれば、普段選ぶ好みのものと違っていたとしても「着てみよう」「着てみたい」と思える方であれば積極的に購入すべきと考える。

 

使わないものの処理が上手

最終的にどうしても使わないものが入っていたのであれば、誰かと交換したり、必要としている人に譲ったり、買い取りやフリマアプリに出すのもひとつの手になるだろう。

 

使わないものをタンスの肥やしにしない。これが出来る人であれば福袋購入に向いている。

 

以上が福袋を買った方が良い人。様々なものを新規に取り入れる事に抵抗がなくそれを楽しめる方には非常に良いものだとわかってくる。

 

 

福袋を買わない方が良い人

一方、福袋を買わない方が良い人について。どんな人が福袋購入に向いていないのだろうか?

 

好みがはっきりしている

まずは好みがはっきりしていて、使用用途が特に明確になっている人。

 

そんな人であれば、そもそも必要なものしか買わない為福袋の購入には不向き。

 

どうしても必要外のアイテムも入っている為、満足する可能性は低くなってしまうだろう。

 

安く手に入るとはいえ、注意が必要といえる。

 

「安いから」で買うものに注意

【使わない服を増やす注意すべき服の購入理由】「安いから」で服を買ってはいけない
服の購入理由 服を買う場合、そこには必ず購入理由が存在する。 様々な服の購入理由 シルエットが良い 〇〇が着ていて真似をしたい コレクト(収集)したい 持っているパンツに合わせたい 自分に似合いそう 新しいものに...

 

物がすでに揃っている

続いては、必要なものが既に揃っている人。

 

ファッションアイテムに例えると、トップスやボトムスは揃っており特定のスニーカーが必要だったとする。

 

そういった場合は欲しい物も限定されている為、福袋で入手するのは難しい。

 

使わないものの処理が苦手

そして、使わないものの処理が苦手な人。

 

使わないものが入っていたとして、誰かに譲ったり、交換、売却したりと処分の方法は様々だが、そういった処分が苦手な人は福袋購入に向いていないといえる。

 

使わない服は買わない

【着ない服は買わない】買い物のミニマル化とミニマリストファッションのメリット
着ない(使わない)服は買わないように心がけている。 それはこだわりのようなもので、いつの頃からかそうする様になった。 今回は着ない服は買わない。その理由と買い物のミニマル化について考察していく事にする。 着ない服は...

 

以上が福袋を買わない方が良い人について。どちらかというと福袋を買わずしても必要なものが定まっていて、限定的な場合はこちらに当たる。

 

福袋と買うべきか買わないべきかのまとめ

以上、福袋を買うべきか買わないべきかについて。買った方が良い人買わない方が良い人に関して、様々な項目に分けて確認を進めてきた。

 

結論、福袋はとても楽しく有益なものだと考えている。そしてワクワクドキドキの期待と夢、高揚感を買うものといえるだろう。

 

ここに価値を見出せる人は福袋を買うべきだと行き着いた。

皆様はどちらだっただろうか?

 

福袋を買うべき人の項目を確認し、年始の楽しみを増やすのも良いかと思う。

さあ、年初めの福(福袋)を見つけに行こう。

 

タイトルとURLをコピーしました