【HIGHLAND 2000(ハイランド2000) ニットキャップ着用所感】肉厚ブリティッシュウールの魅力

ウールのニット帽(ニットキャップ)は冬の定番

ウールのニット帽(ニットキャップ)。それは暖かく冬を過ごすため、そして適度なカジュアルを表現できる定番アイテム。

自分に似合うニット帽(キャップ)と着こなしについて

【ニットキャップの着こなし】自分に似合う形と色
ニット帽(ニットキャップ)。 HIGHLAND2000 のウールニットキャップ 1年通して見かけるメジャ...

今回は数あるニットキャップの中で自分が選んだhighland2000(ハイランド2000)のニットキャップについてまとめていく。

HIGHLAND 2000(ハイランド2000) BOB CAPについて

HIGHLAND 2000(ハイランド2000)→ 創業100年以上の歴史と伝統を誇るイギリスのニットメーカー。伝統的なハンドフレーム手法でデザインから生産までを一貫して行い優れた英国ウールを扱う代表的なブランド。

ハイランド2000のウールニットキャップ

その中でもニット帽(ニットキャップ)はブランドの定番品。拘りのブリティッシュウールを使用しざっくり肉厚な質感と暖かさが最大の魅力。

自分が選んだのはリブ編みのタイプ。

ハイランド2000のニットキャップは肉厚なものが多いがリブ編みタイプはケーブル編みに比べると厚みはあってもシンプルに映る。

ケーブル編みを選べばカジュアルで雰囲気のある着こなしに合わせやすい。ウールの質感に加え編みの凸凹した表情も楽しみたいならばこちら。

 
 

HIGHLAND 2000(ハイランド2000)のニットキャップを選んだ理由

ハイランド2000のウールキャップを選んだ理由について。

厚みのある質感→ ボリュームがあるニットキャップを探していた。薄手のキャップの方がすっきりキレイに使うには汎用性が高いかと思う。しかしそのように見せたい場合はメガネを使う為差別化しカジュアルに使えるウールキャップを選んだ。

メガネは着こなしの印象を変える

【印象を変える眼鏡の選び方】本当はつよいメガネの主張について
眼鏡をする理由 眼鏡を使用する理由は大きく分けてふたつ。 1. 視力矯正→ より便利に・より見えるように 2....

真冬の寒さでも使用できる→ 素材は肉厚のブリティッシュウール。ザクザクとした質感で見た目にも暖かい。マフラー記事でも書いたが冬の小物は重ね着の枚数を減らす事ができ着こなしの幅を広げる役割を持つ。ひとつの「アイテムで十分に暖かいのは寒い冬において非常に重要。

highland2000(ハイランド2000)のニットキャップ

置いてもしっかりと立つ厚みのあるウール素材

カシミヤマフラーを選ぶ理由について

【英国老舗ブランドJohnstons(ジョンストンズ)マフラー】カシミアマフラーの特徴とメリットについて
マフラーを使う時期とメリット 冬。期間としては12月から3月の初旬ぐらいまでを指すだろうか。最高気温で言うと10度を切...

シルエット→ ニットキャップらしい丸型でシャープな雰囲気はない。その為男女年齢問わずベーシックに使うことができる。女性がかぶるとかわいらしさを強調し男性がかぶれば優しげな印象を与えるだろう。ざっくりウールと緩やかなシルエットがもたらす恩恵。

コスト→ ¥5000以内でおさまるものとしては品質としても申し分ない。サイズもフリー。男女年齢問わず使う事ができ色の種類も多く選ぶ楽しみも十分。

ウール素材のニットキャップ

色はネイビーをセレクト

以上からハイランド2000のニットキャップをセレクト。

ニットキャップはベーシックで選ぶ

ハイランド2000のウールキャップはニットキャップは「らしい」ベタなアイテムではないだろうか。だから良い。あれこれ付け加えたりせず素材の良さをまんま表現している。

キャップに奇抜なものは合わせにくい。色や素材、シルエット十分主張ができる。ただでさえ顔まわりで目立つ部位だから。シンプルに合わていきたい。

冬のベーシック。ブリティッシュウールの暖かさをかぶる。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!