sponsored link

【リーバイスファースト(1st)のジージャン】506xxデニムジャケットの特徴と復刻版について

デニムといえばリーバイス。

 

ジーンズの原点、そして起源であり、言わずと知れた歴史的ブランドである。

 

リーバイスと501について

【リーバイス501 90年代 メイドインUSAの色落ち】淡いブルーデニムを目指す
リーバイス(Levi's)の501。 言わずと知れたデニムの基本、ジーンズの教科書そのものと言っても良いだろう。 自分はデニム好きがきっかけでお洒落(ファッション)に興味を持った。 だから501のおかげで今ここにいるよ...

 

そしてジージャンといえば、これもリーバイス。

 

そんなリーバイスのジージャンであるが、非常に多くの種類が存在しており製造時期や仕様変遷により呼び名が分けられている。

 

なかでも有名なのはファースト(1st)と呼ばれる506xx、セカンド(2nd)と呼ばれる507xx。そしてサード(3rd)と呼ばれる557xxの3種類。

 

 

この3型が、現代のジージャンの基本形として今も様々なブランドのデザインソースとなっている。

 

デニムジャケットの原点はやはりリーバイスにあると言えるだろう。

 

そんな中でも、ひときわ魅力を感じているのが1st(ファースト)タイプ。

 

今回は、リーバイスファーストのジージャン(デニムジャケット)について。

 

その特徴について復刻版に触れながら確認していく事にする。

 

リーバイスのファースト(1st)ジージャン

デニムジャケットにおける初期型、リーバイスのファースト(1st)タイプ。

 

今日、皆に愛されている「ジージャン」はここからはじまったといっても良い。

 

出典:pinterest.jp

 

では、このファーストタイプの魅力について確認していこう。

 

ファーストタイプ(1st)506xxとは?

リーバイスのファーストとは、1917年より前から造られていたデニムジャケットに506xxとロットナンバーが付けられたのがその始まりで、ジージャンにおける原点。

 

戦後1957年頃に507xx、通称セカンド(2nd)が製造されるまでのものをファーストと呼んでいる。

 

最初に触れておくと、リーバイスのジージャンはこのファーストに限らずつくられた時期やその背景に応じて仕様が大きく変わる。

 

その為、同時期に製造されたものでももデザインやディテール違いが混在しており、完全一致しない場合も多い。

 

特に仕様変更の過渡期にはディテールが混じり合い中期?後期?どれ?となる訳である。

 

同じファーストタイプなのにボタンの形が違ったりバックルの仕様が複数あったり、はたまたポケットにフラップの有無がみられたりするのはこの為。

 

変化自体がリーバイスのジージャンを体現している。なんともワクワクする話である。

 

これらを踏まえた上で、リーバイスのファーストの特徴について確認していこう。

 

リーバイスファースト506xxの特徴

リーバイスファーストの特徴について。

 

仕様が様々ある為、特徴にも幅がある。わかりやすくする為独断で基準を設ける事にした。

 

リーバイスファースト506xxの特徴

● ボックスシルエット

● フロントの片側ポケット

● シンチバック(バックルバック)

 

以上の三点。

これらにファーストの魅力と特徴が凝縮されていると考えている。

 

出典:levi.jp

 

ワーク然とした無骨なデニムジャケット。

 

前述したように仕様は年代や環境によって細かく変わる。所有の復刻版を参考にしながらディテールについても掘り下げていこう。

 

 

 

リーバイスファーストのディテールと仕様

リーバイスファーストのジージャンとそのディテールについて。

 

ボックスシルエット

こちらは所有しているリーバイスファーストの復刻版。71506という少し特殊なモデルで90年代日本製。

 

【リーバイスファースト(1st)のジージャン】506xxデニムジャケットの特徴と復刻版について

 

色々な意味で特徴的なこのモデルから仕様をを確認していこう。

 

まず目を引くのがワークテイスト溢れるボックスシルエット。

 

アームホールはゆったりのショート丈でジャストサイズでもかなりの短丈モデルとなっている。

 

現代的な着こなしをしたいのであれば、少し丈の長いインナーを使用してのぞかせたり、ジャケットそのものをやや着丈の長いモデルで選んであげる必要があるだろう。

 

しかし、オリジナルを踏襲した、このワーク然としたシルエットがたまらない。

 

片側ポケット(フラップ有無)

次はファーストの顔、フロント部の片側ポケット。

 

リーバイスファーストの片側ポケット(フラップなし)

 

506xx(セカンド)以降は両側に以降してしまう為、ファーストにだけ見られる代表ディテール。

 

しかもこちらの復刻版は大戦モデルベースのためフラップが無い。打ち込まれたリベットが剥き出しになるのが格好良い。

 

フラップ部は正面にある為、見た目にもわかりやすいディテール。

 

ファースト片ポケットのフラップ有り

 

大戦前のモデルはフラップ有りとなっており、所有のLVCの復刻506xxもフラップ有り。

ポケットの仕様だけでも印象が変わるのがよくわかる。

 

通常の復刻版やリモデルされた現行ブランドのデニムジャケットではフラップ有りが多いと感じる。

 

着こなしだけで考えればフラップが有った方がコーディネートに馴染みやすいのかもしれない。

 

フロントボタンの形状と数

続いてはフロントボタンについて。

 

ボタンの形状も変遷はあるが、基本型がこちら。リーバイスの通常ボタン。

 

リーバイスファーストのボタン

 

ロゴが刻印されたシルバーの亜鉛ボタンで大戦モデルより前の仕様はこちらとなる。

 

そして、これが大戦モデルがベースとなるとドーナツ型のボタンへ変更されていく。

 

リーバイスファーストのドーナツボタンは大戦仕様

 

戦時中の物資不足により採用されたもので、当時はロゴがない月桂樹刻印された仕様も多かった。

 

物資統制によるディテールの変化。これもファーストの歴史。

 

 

そしてフロントボタンの数も時代によって変化が見受けられる。

 

ジージャンのボタン数の基本は5つ以上。ファーストのジージャンもこれに倣っており所有の復刻版も5ボタン。

 

 

しかし、本来のオリジナルの大戦モデルの場合は4つボタン。物資統制の影響を受けブランド側でもこのように仕様を変えたという事になる。

 

リーバイスのジージャンは多様性があり本当に面白い。

 

デザイン的な観点で見ればボタンは5つあった方がの方がバランスが取りやすいのかもしれない。

 

実際、現代のリモデルされたデニムジャケットでは着丈の長さに伴い5ボタン以上のものが多く展開されている。

 

シンチバック(バックストラップ)と針の有無

そして、リーバイスファーストの象徴といえばシンチバック。

 

シンチバックとは? 

 

シンチバックとは?

 

ジャケット後ろ部の付けられた尾錠の事で、バックストラップとも呼ばれる。

 

ワークジャケットらしい無骨なディテールでこれはリーバイスもジージャンの中でも1stのみに許された仕様。

 

なんとも荒々しくワークテイストを感じる事ができる好ディテール。

 

オリジナルのファースト、とりわけ初期型にはシンチバックのバックル部分に針が採用されている。

 

生地部に針を刺し込み調整する用途だったが、家具や椅子を傷つける心配から省略されていった。

 

シンチバックの針の有無

 

 

現代のモデルやほとんどのモデルでも針は使用されていない。

 

前述したボックスシルエットに無骨なバックストラップが非常に映える。ファーストのワークウェアらしさはここにもあった。

 

 

プリーツとボックスステッチ

ディテール確認の最後はフロント部の装飾部について。

 

目立つボタン脇に配されたボックス型のステッチ。

 

年代的にバナナイエローのステッチが施されており全面にあるプリーツ(縦に入るヒダ)を留める為に縫い付けられている。

 

細かくみていくとこのボックスステッチ、オリジナルの初期型であれば小さく縫われており、年代により糸のピッチも異なる。

 

プリーツとボックスステッチ

 

ステッチの色についても時代変化が見て取れる。

 

ジーンズ(501xx)でもそうだがリーバイスは初期→中期と年代が進むにしたがいイエローからオレンジにステッチ色変わっていった。

 

過渡期では両方混在するようなモデルもあり非常の奥が深い。

 

ステッチからも歴史が感じられるとは、おそれいるばかりである。

 

 

リーバイスのファースト(1st)の復刻版とまとめ

以上リーバイスのファースト(1st)について確認をすすめてきた。

 

そんなファーストモデルも様々な復刻版が展開され、デニムブランド以外からもデザインソースを使用したファーストモチーフのジージャンが提供されている。

 

リーバイスの復刻版

本家リーバイスの復刻版ファーストについて。

LVC

現代におけるリーバイスのヴィンテージ復刻ラインといえばLVC(リーバイスヴィンテージクロージング)。

 

以前購入したこの506xxは非常に価値がある。理由はリーバイス自らが復刻しているから。

 

くわしくは以前の記事でふれているが、赤タブのBIGEやブランドロゴは当然本家でしか使えない。

 

LVCの506xxについて

【リーバイスヴィンテージクロージングのジージャン】LVCと米国製コーンデニムの506XXデニムジャケットについて
リーバイスのデニムジャケット(ジージャン)。 出典: 言わずと知れた名品である。 その歴史は非常に長く、現在着用されているジージャン(デニムジャケット)のほとんどはリーバイスを元にしているといって差し支えないだろう...

 

リーバイスはオリジナルであり永遠に憧れの存在。

 

日本製復刻版71506

ファーストの特徴とディテールの紹介時に参考で使用していたのは90年代に本企画の71506というモデル。

 

71506

 

ベースは一見すると大戦モデル。しかし最初期型ファーストモデルの廉価版(低オンス・染めの濃度が低い)の213をモチーフにしているとも考えられる。

 

特徴は下記。

 

70506xxのディテール

フラップなし片ポケット

ドーナツボタン(リーバイスロゴ)

針無しシンチバック

5つボタン

ボタン脇のボックスステッチ(標準サイズ・イエロー)

 
 
ファーストの大戦モチーフながらかなり特殊な事がわかる。
しかし面白い。

 

ファーストレプリカのタグ。製造年が分かる

 

タグの表記から製造年を確認する事ができる。末尾の数字から94年製と判断。

 

以上のようにファーストの復刻版といえどオリジナルそのままのレプリカモデルばかりいうわけではない(90年代当時に情報が少なかった為再現性が低かった可能性もある)。

 

【希少】levi’s(リーバイス)1940年復刻モデル BIG E ヴィンテージ 1stデニムジャケット 71506-XXud メンズ,Gジャン,ジャケット,アウトレット,1940年代モデル,ブランド,インディゴ,レア

その他ブランドの復刻版

リーバイス以外はからもたくさんのファースト復刻モデルが展開されている。

 

 

忠実に生地、ディテールを再現したものや、あくまで現代的にリモデルし実用的の落とし込んだものなど様々。

 

 

アメカジやワークテイストだけでなくストリートにおとしこんだオーバーサイズシルエットや洗練されたモードテイストのものなど実に多様。

 

好みに合わせて選んでいきたい。

 

まとめ

以上、リーバイスファーストのジージャン(デニムジャケット)について。

 

述べた特徴に加えて仕様変遷とディテールが非常に奥深い。

 

改めてであるが、純粋にデザインが優れているとも感じている。

 

オリジナルを実際に購入して着用するのには希少価値が上がりすぎて難しいが、本家の復刻版や他ブランドの忠実なレプリカ、独創性をもたせたファーストモチーフものを選ぶのも楽しい。

 

リーバイスファーストのジージャン。ジージャンの原点。その特徴と歴史デザインを楽しんでいこう。

 

 

3rd(サード)タイプ557xxのジージャンについて

【リーバイス3rd(サード)デニムジャケット】バレンシア製復刻版からみる557XX考察
リーバイスの557xx。 通称3rd(サード)。 出典: ファーストと呼ばれる506XX、セカンドと呼ばれる507XX。 歴史とともに変化していったこれら名品に続くリーバイスの3型目のジージャ...
タイトルとURLをコピーしました